« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007.08.29

蜘蛛の糸

a3fefe59.jpg

勤行を終え一人本堂に
残り座禅をする
ふと目をあけると目の前に
蜘蛛がぶら下がっていた。
といっても4,50cmほど
距離があるのだが。
天井も高い本堂の上から
一本の糸で下りてきている
のだが、蜘蛛も動かなければ
私も動かない。

おりるでもあがるでもない蜘蛛は、揺れもせず、私も揺れない。

神話蜘蛛の糸を思い出した
火付け強盗殺人の大泥棒が、
一匹の蜘蛛を殺さずに助けた事があった。
お釈迦様はそんな極悪人にも一片の慈悲心が
あったのかと、地獄で苦しむ大泥棒に
蜘蛛の糸をたらした話。

そんな話もあったな~・・・などと思っていたら
蜘蛛が上がりはじめた。
戻るのか、と思い静かに見ていると
ゆっくりゆっくり上っていく。
もっと早く上れるだろうに・・・と思いつつ、
なにやら蜘蛛の足元に白い点が?
あがるにつれ、わずかだが徐々に
白い点が大きくなっているように見える。
5分ほどで30センチほどあがったが、
それにしてもゆっくりだな~^^と思ったら
前足で上がりながら、後ろ足2本で
垂れていた糸を丸めているのですよ。
ほ~! なるほどっ^^)
自分で出した糸は自分で巻き取りながら帰るんだ、と
ちょっとびっくり。

自分で出したゴミも自分でしっかり片付ければ
富士山のような事はない簡単な教訓を
目の前の小さな蜘蛛に言われた気がした日の出頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.25

霊障?

ec0f9b13.JPG 

お盆も過ぎて人の世も
霊界も落ち着きを
取り戻したように静かに
なってきたこの頃。
まだまだ残暑厳しい8月も
もうすぐ終わりますね。

常日頃片方の肩の痛みや背中の部分的な痛みのある方
ちょっと仏間のお掃除などゆっくりしてみてはどうでしょうか?
当然御仏壇や神棚も覗いてみてください。
余計なもの入ってませんか?^^
時々仏壇内のぎぼし(柱)等に色あせた
お守りやお数珠、どこかのお土産と
思われるものまでずらりと引っ掛けてある事があります。
別にいけないとは言いませんが、光があるから影があります。
表には当然裏があります、全て同じ事です。
良い効果のあるものでも、
いつまでもそのままな訳ではありません。
ご祈祷したお札やお守りも長くて
1年を目安にすると良いと思います。
1年間お守りいただいたとして感謝の気持ちで
お返しする事が一つのけじめとなります。
良い気や流れを滞らせない為には
ひとつひとつ区切りをしっかりなさると良いと思います。
お寺でも神社でもお返しできるのであればしてみてください
気持ちが一つ楽になります。
「これで安心」と言うたったそれだけの心持が実は大切です。
近くに無ければ、年に一度どんど焼き等それぞれの
地区で行っているはずですので
そう言う時に白い紙に包みお焚き上げすれば大丈夫です。

さて神棚に余計なもの乗ってませんか?
個人的な資料やちょっと置いたつもりで埃と
一緒に長年鎮座している物体など。
お仏壇もそう、よーく近づいて覗き込むと
左右になんだか分からないものがあったり。
「ちょっとお掃除させて頂きます」と
心の中で言いながら
一度全部出してしまいましょう、この際本尊様まで。
注:念入れ・開眼してあるものは床に置かないように!
本来開眼してるものはあまり動かさないほうが
良いのですが気持ち一新の為に
すみません失礼しますとね。

お位牌から棚壁飾り彫りも含め全て
一度硬くしぼった綺麗なタオルでふきあげましょう。
この際お位牌の裏を見るとどなたが
いつと書かれています(無いものもありますが)
そうしてあらためて知る事で故人をしのぶ時間にもなります。
その後香を焚くと心穏やかに満ちた気持ちで
手を合わせている事でしょう。
出かける時、帰宅した時
自然に意識がそちらに向くようになるものです。

するとね、それまでの肩こりや不調な部分が
案外無くなったりするものです。
まさかと思う方もいるでしょうが、
生まれてから今に至るまでを一度ゆっくり回想
してみてください、あの時もしかしたら
大怪我していたかもしれない、そう言えば
その時危なかったな、命の危険もあった
などと言う出来事がいくつも思い出されます。
運が良かっただけで終わっていませんか?
人に何かしてもらったら御礼をしますよねだれでも。
同じ事なのですが、見返り求められた事ございますか?
見えない世界で守ってくれている方に
お礼をした事ございますか?

まず最初に出来る事が感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.20

in兵庫

226ad76e.JPG関西での心霊のお仕事
あさま→のぞみ→何とか線・
何とかエクスプローラーで
宝塚通過中。



やっぱり関西は良いですね。
タンゴエクスプローラーと言うちょっと
変わった特急?に乗ったのですが
とってもゆっくりの特急でして・・・^^;(それは良いとして)
お隣の席にご家族連れ(お母さんと娘とその娘さんの子様2人?)
4人がおりました。
お子様は
4,5歳でしょうか
やはり田舎の変なおじさんが気になるようで(苦笑)
ジッ
見つめられまして

(怖い顔しているのでがんばって笑顔作ってみたものの惨敗)
しかもこの暑い最中スーツなど着込んでいるものだから脱ぐ機会さえ失いまして
(男は黙って我慢^^)
恒例のおにぎりをここで食べたのですが・・・子供の視線がね・・・^^。
大人の視線は気にならないのですが、純真な子供視線と言うのは何か返さければいけない
と言う気持ちがいっぱいになってくる訳ですよ、いつも。
で、一瞬変な顔してみたりもするのですが、
往々にしてお子様は見つめ返すだけで終わる事が多い
(惨敗
しかしおにぎり食べている状態なので気持ちはお子様に向いているのですが

「ごめんね食べ終わったらね・・・」などと勝手に心の中で会話しつつお茶を一口
すると「・・・おにぎり・・食べたいな~・・・」と子供たち。
「あ~^^ おにぎり食べたくなっちゃったか~」と母親
あ~は明らかに私が食べているからの略だ^^
思わず笑いが起きてしまったが、そのご家族もおにぎりを持っていたようで
袋から出してもらった子供たちはおいしそうに頬張りながら食べ終わると一気に寝てしまった。

か1
なんだかおにぎりの話ばかりだ
そろそろ心霊の話も書かないと。。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.14

盂蘭盆

74a9efc2.JPG

土地により風習の
違いはありますが
玄関先や門口で
迎え火を焚き
お墓参りの帰りに
提灯に火を灯し
ご先祖様を家へ迎える
きゅうりの馬で早く来て
なすの牛でゆっくり帰る。
この時期のお祭りや盆踊りも
同じ流れの中なのです。


毎年の事ですが
お盆は毎年緊急依頼が入ります。
出来ればお盆中はあまり
したくはないのですが
こればかりはどうにもならないですね(苦笑

さて霊的な影響と共に多いのが、念の影響。
時には生霊となっている事もありますが
その殆どが強い念である事が多い。
除霊依頼で行くと、別に霊的な影響を受けている
訳ではなく、明確な意思の念による影響である事が
多くなっていると感じます。
前にも書きましたが念は負の流れの
エネルギー方が出やすいです。
なぜかと言うと、本気で説明すると
とっても長くなりますので
端折りますが、人の世の中は
よい事より悪い事のほうがしやすくなっているのです。
金銭、損得、欲、男女もそう、より良いほう・
簡単な事・楽な方というように
いつでも何事にも選択肢があるのですが
自分にとって徳で楽でと流されて行きますよね。
つまり同じ事で意思も考えも全てそうなるように
作られています、意味があっての事ですが。

羨ましい気持ちや自分と他人の比較は
別に良いのですが、それが妬みや嫉妬になり
憎しみになり、蹴落とそうとしたり
不幸を願ったり、そんな念はちょっと厄介なのですよ。
正直言いますね、それらの念を祓うのは
それほど大変ではありません。
邪気払いで完全に抜く事が出来ます。
何が厄介かと言うと、往々にして
受けている方も飛ばしている事が多いのです。
つまり互いにやりあってる時・・・
どちらも自分は悪くない、
自分に非は無いと思っているものですが
人ぞれぞれ考えや環境がございます、
売り言葉に買い言葉
結局どちらも同じライン上にいるのです。
私も散々経験してきましたので、良くわかるのです。
因果は正確に廻ってきます、
人の世は行いに応じた結果が出るものなのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.08

日本の車窓から

ちょっと時事ネタを一つ。



a2081a07.JPG心霊のお仕事で
関西入りしたのですが
片道5時間以上ですので
菩提寺お勤め後、
そのまま駅直行と言う事で
おにぎりを持って行ったのです。
東京でのぞみに乗り換え
さて朝食でもと袋をあけると・・・










onigiri
おいおい・・・
四十路の男が
スヌーピーの
銀紙は無いだろう。
それで無くとも

怪しい男に見えるだろう田舎の変な
おじさんが大きな荷物からスヌーピーの
おにぎりって・・・苦笑。
とは言え早朝からおにぎりを握ってくれた妻に感謝感謝。


さて、関西の人は親切だと聞いていましたがそれ本当。
複数回の乗り換えで迷う事が多々あるのですが
若いカップルさんに聞いたら
そのホームまで案内してくださいました。
さらに別の駅でもやはり案内してくれたのです。
関西弁も心地よく聞こえるものです
良い所だな~とつくづく。

さておにぎりだが
車中から「スヌーピーはないだろう」とメールしたら
「ピカチュウの方が良かった?」と返事が・・・
そう言う問題ではなくて・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.04

こぼれ話をひとつ。

42e63f1a.JPG

東北にお住まいの
相談者さまから
こんな話を聞きました。
法要に際し、お願いをした
寺院の僧侶に事前打ち合わ
せをしたそうです。
全て寺院側で用意するので
何も持ち込みしないようにとの事だったそうです。
「お団子はどうしましょうか?」との問いにも

全てのものをこちらで用意するので
一切持ち込みしないでくださいと。
当日全員がそろった所で住職が
「お団子は?」と聞いたので
一切持ち込まないようにと
言われたので・・・と言うと
「愚か者っ!」と怒鳴られたとのこと。
実は最近ここのお寺様を菩提寺とする方からの
相談が続いているのです。
もちろん偶然ですけど
ある意味必然なのでしょう。

私はいくつかのお寺さまへ、
時々お参りに行く事があります。
その土地土地のお寺様ですので、
大きな寺院もれば、山間にある
小さなお寺さまもございます、
そして住職さまとお話させて頂く事があります。
良いも悪いも感慨深いものがあります。
先日、10代の頃ご縁のあったお寺様の
近くを通ったので参拝しました。
と言っても良い行いではないご縁でしたので、
いつか行かなければと思いつつ
行きづらかったと言うのが正直な所^^;
日没直後の薄暗いなか、
周りの雰囲気はだいぶ変わっていましたが
合掌・三宝礼、つかの間のお話でしたが
静かに迎えていただきました。
明るい時、今一度行かせていただこうと
思っている梅雨明け。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »