« きつね? | トップページ | 水晶と霊感のつながり »

2007.09.22

塩やお札の効果

111これはそのままですね。
おんぶするような
女性の霊。
外国の方のようです
どちらかと言うと
死霊に近いといいますか
後ろから守ろうと
している方もいます。
ご近所にこの霊に関係している方が
住まわれていると思います。
すでに対処済みです。
写真使用は了承いただいております。

建物と言うのは、人が人の都合で
勝手に建てていると言う事をちょっと考えると
代々受け継いでいる家土地もそうなのですね。
神棚があって、日々手を合わせる時、
ちょっとその事にも感謝すると良いと私は思っています。
この地に住まわせていただいている事に感謝します、とね。
そう言う気持ちでいると、ほんのわずかでも
自分の土地にしてしまおうと境界線を
少しずつ広げるなどと思う事もそれほど執着しなくなります。
そうすると、御仏壇で手を合わせる時も
自然にどうすれば良いか分かるものです。

さて話はここから。
人の都合で建てたものは、
その地や空間に対しての「流れ」と言うものを
まったく無視しています。
よく霊道と言う事を聞きますが、
例えば通り道と言えば分かりやすいですが
何か集まりやすい場があるとして、
そこへ向かうのが流れです。
そこに建物が建っても例えば霊なら
関係なく建物を通過していきます。
時にはとどまる魂もあるでしょう。
するとそこでは色々と起こってくるものです。
以前とある店舗をお祓いした時、
あまりの霊の数の多さから入れないようにしました。
その後、伝えた事を守っているその店舗は
それまでリストラ続きだったのが
現在全国で上位を記録し続けているそうです。
例えばどこそこに、こう言うふうにして
塩を置いてくださいとか
ここにこの紙をこうしてくださいと言う時は
ちゃんと意味があってお伝えするのですが
良くなると、それをおろそかにしてしまう事が多いです。
結果、ずっと良かったのに最近また・・・となるのです。

|

« きつね? | トップページ | 水晶と霊感のつながり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164440/16534439

この記事へのトラックバック一覧です: 塩やお札の効果:

« きつね? | トップページ | 水晶と霊感のつながり »