« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.30

廃寺にて

a902cfcf.JPG

某県のとある廃寺での事。
事情があってとある寺後を
訪ねていて立ち寄った廃寺
だったのですが、建物自体
は抜いてありますので
何も感じる事は無かったの
ですが、広い土地内に
点在する石仏や石碑は
そうではないようで・・・
特に気になる子安地蔵の
石仏がひとつ。
そこで手を合わせた瞬間から
空気が一気に変わった。
それまで風もない穏やかな天気であったが
突然私の頭上をつむじ風が駆け抜け、
突然空中でパチパチと音が鳴り出した。
昼間の何も無い空中でのラップ音は珍しい
御神木的な存在だったであろう気高い老木が
その風で一瞬大きく揺れる
音はさらに数を増し、まるで襲いかかってくるかの
ごとく勢いを鎮める為に、持参した沈香をお供え
させていただいた。
たかが香と侮る無かれ、、
日々本尊不動尊の祭壇脇にて浄化している香、
煙立つと同時に陣が引くようにスッと静寂が戻る。

そして晴れた日差しの温かさが戻った時、
遠慮深くとでも言いましょうか
女性の霊が姿を視せた。
その昔幼くして亡くなった童女の母なのでしょう
そしてその地蔵さまは小さな御霊の
供養として建てられたのでしょう
隣には南無阿弥陀如来の石碑がありましたので
「西方極楽教主南無阿弥陀如来に導かれ、
私の献ずる香がご供養となりますように
(※)」せつに
お祈りさせて頂きその地を後にしました。
(※ そう言う意味合いのお唱えをしたと言う説明です)

| | コメント (0)

2007.10.23

千日回峰行

延暦寺大乗院住職の星野円道さんの
千日回峰行の中で最難関と言われる
「堂入り」を終えたニュースが全国を駆け巡った。
不動明王を修するは命がけと言いますが
まさに命がけの9日間ですね。
9日間で15キロ減はバランスが
完全に崩れますので回復も大変かと。


6154d9df.JPG
話は変わりますが私も
以前半年で36㎏体重を
落とした事があります。
きついのは風呂上りの
貧血ですね、
何度倒れた事か・・・。

ですが細胞が減少した状態を覚えるとともに
精神的なキレとでも言いましょうか
五感が冴えてきます。
その頃登った山の山頂で見た景色は
本当に心に染み入るようでした。
見渡す限り人工物の無いその景色に
思わず時間を忘れてしまうほど。

森羅万象全てに仏性を見出す事が
修行であるとすると、
人は誰でも
その中にいながら一番大切な物を
忘れてしまっているのかもしれません。
嫌いなもの、苦手なものにも同じく
内なるものが存在するはずだから。
yama2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.17

心霊プロジェクトスタッフ再集結

751bd6d5.JPG

霊能者宗優子・浄霊師神島剣二郎
両氏がFMさくだいらで収録しました。
11月1日のPM5:00~の番組内
で放送となります。
心霊プロジェクトの講演の際
お世話になった地元ローカル局です。

ssk2
夜は佐久市にある
イタリアンレストラン「イオ」で
プロジェクトスタッフが集まり
両氏と3時間のコース夕食、
創作イタリアンを美味しく頂きました。
心霊の話、仏教の話、除霊浄霊の話からwebサイトの話、
神島剣二郎氏の舞踊まで^^)
そうそう、収録前に佐久の草笛でお昼を食べたのですが、
実は何年か前に日本テレビの取材の時にも行った所です。
お店から色紙を頼まれ、両氏さらっと菩薩画を描きましたので
店内にあると思います。
ちゃたまやと言うお店でシュークリームを食べましたが、
大きくて大きくて(笑
・・・ダメだ・・・、6キロ体重を落とした所ですので
どうしても食べ物の話ばかり^^;

ssk3さて、帰り際「鼻面稲荷神社」
(伏見稲荷大社より御分霊を
いただいて祭られた神社)へ
立ち寄りました。
本来なら赤い鳥居を紅葉が包む
赤や黄の絶景なはずが、
まだまだ青々した葉が
茂っておりました。
まあそれはそれですがすがしい朝の涼しさの中
数名でゆっくりと歩いていると、鴨の大群が川を右に左に、
宗さんとしゃがみこんでしばし眺めていました。
雨上がりの神社境内も良いものです、
特に山の斜面にある神社ですので
紅葉直前のしっとりと色あせ始めた
深緑と赤い鳥居は何とも言えない空間です。
数名で歩いていたのですが、
私としてはゆっくりゆっくり歩いているつもりなのですが
気が付くと私と宗さんの二人で先に先に歩いており、
振り向くとまだ誰も付いてきていない・・・

s71


それでものんびりとした


      秋の1日

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.14

生霊

fcf3761c.jpg

さて15日から霊能者宗優子さんと
浄霊師神島剣二郎さんが長野に来ます
午後3時から「FMさくだいら」でゲスト出演と
言う事で収録予定(放送は後日)です。
~~~~~~~~~~
先日とある家に浄霊に行った帰り道
深夜と言う時間帯もあり、
前も後ろも長距離トラック。
そこから枝道へ入り、しばらくするとちょっとした山間部。
ちょっと細めの道だったが私はのんびり走っていると
先のコーナーに対向車のライト、
丁度コーナーですれ違いになったのだが
その勢いたるや半ドリフト状態の
対向車が駆け抜けて行った。
すれ違い際のその勢いとは別な
寒気がした瞬間に道を横切る霊。
丁度出くわしでもしたら、あの勢いの
対向車の運転手だったら
入り込んでいる状態なので
おそらく視る事もあるだろうに・・・。

車と言えば、生霊が車に乗っていた相談を受けた事がある
生霊はいろいろと厄介なのですが、生み出している本人は
気が付いていないと言うことが多いのです。
中には存じている方もいらっしゃいますが、
頻繁に生霊を飛ばしてしまう方は生気が薄いです、
まるで空っぽのような方にもお会いした事がありますが
生霊を出さない体質(魂)になるとまるで
性格が変わったように活力が出ます。
物静かな方だった方がおしゃべりになるなど^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.09

雑記)~秋をおひとつ~

2b4c4808.jpg

それでも秋は来ているようで
気忙しいからこそちょっと
家の周りを古いデジカメ一つ持ち
田舎のおじさんがしゃがみ込む。

いつもそうですが、ミリ単位の
小さな花が沢山咲いているのに
気が付くとその世界に引き込まれます。
接写の場合、ちょっとした風の揺れが
レンズの前では大きくゆれるので
気長にその時を待つのですが、
ほんの一瞬しかチャンスは現れません。
それを逃すとその瞬間は
もう二度とめぐってはきません。
そんな後に立ち上がると、それまでの
小さな気から森や空、地の
大きな自然の気が一気に降りかかるような
大きなエネルギーに包まれます。
自然の一部だと実感します。
全てを忘れて心地よい秋のつかの間。

さて昨日浄霊で大阪にいたのですが、
その後伺ったお宅でお茶を頂きながら
そこに会した大勢様との会話で、
やっぱり関西のパワーは凄いものだと改めて^^。
1年分笑った気がしました
笑う角には福来るですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.02

水晶と霊感のつながり

358af0c3.jpg

彫り物って不思議で
今彫ったものが一番
良く思えるものなのです。
どんなに気に入った彫りでも
次を彫るとそれが良くなる。
以前彫った台座を
彫り直したのですが
硬いけやきから幾重までいけるかと
がんばったが三重が限界でした。

ちょっと水晶の話
私は水晶のブレスをしています
自分で作りますが、時折人様にもお作りします。
作った後浄化しご祈祷封印し、
身に付ける方本人が封印を解きます。
殆どの方がつけた瞬間から様々な
感覚を経験します。
水晶は規則正しい波動を刻む石でもあり、
今でも時計には薄い水晶板が使われています。
身に付ける人の波動を覚える水晶は、
その人の体調を整える役目もします。
浄化作用もありますが、一番は霊的な
感覚に強く作用する事ですね。
ですので中には逆効果となる事もあるのです。
それまでなかった霊感が出てしまうとか、
体調を崩すとか。
ところが捉え方とは面白いもので、
実は逆効果の方のほうが後に
水晶が強い効果を表す事もあるのです。
どこで購入しても良いのです。
気に入ったものがあり買ったとして
自分の波動と合わないと感じたとします。
それでも水晶が好きだと感じる人は
まだ気が整っていないと捉え、
時間をかけて自分の石にしてください。

さて、書こうか迷いましたが
取材も入りますのでちょっとだけ触れておきます。
霊能者宗優子・浄霊師神島剣二郎両氏が
今月半ばに長野へ来ます。
と言っても収録以外はプライベートですので
佐久市に来るとだけしか今は言えません。あしからずm(_ _;
FM系の取材で私も同行します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »