« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008.01.30

人生いろいろ

ka0009私は経験から答えを
教えられる事が多いです。
悟っているなどとも
思っていません。
自分の感性を信じ
その時々に頭に迷い無く
浮かんでくるものをいただきます。

それは私をバックアップしてくれている
方々から頂くと言う事です。
それを常に可能にする為に出来る事は
欠かさずにさせていただくのです。
すぐに結果の出る事も多いですが
時には時間のかかる事もございます。
今見えているものだけで
良い悪いを感じるのは簡単ですが
今見ている物が全てではないと言う事を
お会いする方に必ずお話しますし
それをしっかり理解して欲しいからです
今自分が立っている位置から
見える全てのものは、
確かにその通りでありそのままですが
一歩引いた位置でも広く見渡すと、
まったく違った景色がそこにあるのです。
捕らえ方の違いは
生き方をも変える事がありますし
それまでの負を一掃する
きっかけにもなる事があります、本当に。

空に見える沢山の星
そちらから見れば地球もその中の一つ。


さて、ある時お会いした男女の話。
このカップルさんはとても面白いお二方で
特に彼女さんはとても不思議な感性の持ち主。
とにかく子供なのか大人なのか(笑)
話しているとこちらも調子が狂ってしまうような
愉快な方でして^^
本来は解決しなければならない事が
いくつかあったのですが
そう言う方なので案外どうにかなってしまっている所が
らしいと言えばらしいのですが。

それもある意味では怖さの裏返し
その人なりの対処法なのですね。
 

| | コメント (0)

2008.01.27

6979fee0.JPG

雑記ついでにもう一つ

大工さんが四苦八苦しながら
ここ2,3日家の工事を
しておりました。
灯油も根があがり
タンク二つある我が家では
現在一度の給油で5万円にも
なってしまう事から
薪ストーブを購入し
その煙突工事をしていたのです。
我が家は基礎が高いので壁も屋根まで高く、
煙突を立てるにも足場が必要で・・・
何だか大工事となってしまったようで。
火入れも問題なく順調に燃えて行ったのですが
突然ストーブ全体から煙が舞い上がり
室内あっという間に曇る。
ストーブの外面の塗料が焼けて煙が出たようです。
小さなストーブなのでそれほど暖房効果は
期待していませんでしたが
それでも心地よい暖かさです。

面白いのは、初火入れの際、
急にストーブの周りにご霊さまが
集まりはじめ、何だかにぎやかだった事。
不思議なもので、はじめて何かをする時には
それをサポートしていると言いますか
関係している方や関わるエネルギーの
ようなものが現れるものです。
心穏やかになるのはそう言う事もあるのです。

| | コメント (0)

2008.01.24

雑記

10928c59.JPG

昨日からの雪も
ひと段落したようで
雪に反射する青空が眩しい。
急に雪かきなど
一生懸命したものだから
少し前に痛めた背中の筋?を
さらに痛めてしまい
動き方一つで激痛が走るため、
変な角度で歩いております(苦笑)

mu

猫も雪は苦手のようで

外に出ようとせず

日向で目を閉じたまま。




雪で一つ。
実は私は長野県に生まれながら、
いまだに一度もスキーをした事がございません。
スキー場に入った事もございません。
さらに言えばスキーをしたいと思った事もございません。
二十歳の頃でしょうか、一度誘われて
その気になりかけた事はございますが
結局行かずに今に至るわけです。
小学校の頃から授業でスケートは必須でしたが、
スキーはありませんでしたし
まあ自然な流れだと私は思っていますが・・・。
決してスキーを悪く思っている訳ではありませんので誤解なく。
その代わりスケートは得意です
小学校で競技スケートのクラブがあり
6年生までやっていましたので、
今でもスピードスケートは結構行ける
はずです、おそらくたぶんきっと
長野県は冬、学校の近くの田んぼに
水をまいてスケートリンクを作ります。
早朝と授業で毎日スケートをしていました、
が、現在は温暖化の影響で
人が乗れるほどの氷らなくなり、
平成10年頃(おそらく)にスケートもしなく
なったように記憶しています。
こんな所でも環境問題の影響が影響しているのですね。

ちょっと雑談でした。

| | コメント (0)

2008.01.22

神の手?

ghost1004土地の宿るものにも
色々とございます。
神仏さまであったり
神的な力を持った
存在であったり
その地から発する
霊的な源であったりと。

日本はその昔自然を
神として手を合わせてきた。
各地の山麓等に社を建て
後に天台宗や真言宗の
山岳仏教の流れから山岳宗教が盛んとなり修験道となる。
日本中の山々にはそれぞれに昔からの言い伝えがあるものです。
多くの人が山に入り、時には命を落とす事もあるでしょう。
神仏さまを信じていてもいなくても、山に入る時は必ず手を合わせ
そこへ立ち入らせていただくと言う心が大切だと私は感じます。
それは山でなくとも同じ事で、
その気持ちが全てに繋がるのだと実感しています。

さて、ちょっと変な話をします・・・
私の妻の携帯に神の手なる写真が送られて来たようで
すごい写真が来たと興奮気味で私に見せてくれました。
何でも沖縄の空に何年かに一度現れる雲だそうで・・・。
空一面に手の形をしたくもが現れており両手の間から
光が差し込もうとしているような感じの写真なのです。
そして、その写真を幸せになって欲しい
7人に送って欲しいと言うのです。
7人限定と言う辺りがすでに作られた話である事は
容易に察しがつきますが・・・^^;
神の手で検索してみてください、
すぐにそれが何か分かります。
海外ではすでにチェーンメールとして流行が終わり、
今日本で回っていると言う事のようです。
本当に神の手であれば、限定はないですよね^^)

とは言え幸せになって欲しいと思って送ってくださった方の
気持ちはありがたい事です。

| | コメント (0)

2008.01.16

灯火ひとつ

22aec25c.JPG

急に冷え込みが一段と
キツくなったここ数日
ご近所の生垣もご覧の通り。
我が家の庭も例年通り
降った雪が解けて
そのまま凍りまして・・・
スケート場状態となっております。
歩く度に横すべりに気を使う日々・・・
こうなると春まで
このままだったりするのです。

冬は好きな季節なのですが、困るのは
あまりの寒さにお祓いする時
手がかじかみうまく動かなかったりする寒冷地。
基本的に伺う先では正座で
あまり暖房にあたる事がございませんので・・・
いや自らご辞退申し上げるので
行く先々の方に対しての話ではありませんよもちろん^^。
良い修行と思っております。
でも寒いのは気が引き締まりますね
毎朝5時過ぎに水をかぶりますが
今の季節は本当に気持ちよいものです。
水をかぶるで予断になりますが
もし水をかぶる事がありましたら
(無いと思いすけど^^;
心臓麻痺だけは気をつけてくださいませ。
最近お風呂で心筋梗塞や脳梗塞で
倒れられる方が増えているようで
その激しい温度差が良くないようですので。

暖とはありがたいもので
たとえローソク1本でも
暖かく感じるものです。
夜明けの数本のローソクは
部屋を温めるほどの暖かさを感じます。
日の出の暖かさもそう
そう言う事を実感する時間をぜひ。

| | コメント (0)

2008.01.15

意味

ghost1001さて、しっかりご祈祷
してある護符もお守りも
数があれば良いという
ものでもありません。
あちらこちらから
お札をいただき
どこにどうはれば
良いかわからないまま
あいているスペースに貼り付け、
さらには並んで雑誌の付録のお札や
ネットの参考的なお札を
印刷して貼り付けていたりしているお宅もございます。
気持ちは分かりますがそれによる逆効果と言う事を
少し考えたほうが良い気がします。

例えば護符が必要な時・場所に
それに応じて除災等する事は必要でしょう
ですが、あくまでそれに応じたもので
なければ意味がなくなります。
まして古くなり重なり色あせ変形して
しまっているお札はしっかりと供養しましょう。

すっきりと全て一掃し
必要であればあらたにいただく。
ピッと気の通ったお札を祀らせていただく事で
気持ちも新たにすっきりします。
少しシンプルに考えましょう
そう言う気持ちが大切なのですよ。
心にも積もる引っかかりや
わだかまりがスッと消えるものです。

そもそも、根本的な部分に目を向けなければ
何をしても意味がない訳です。

~~~~~~~~

話は変わりますが
先日とある交差点を通った時のこと。
そこは事故の多い所で有名ですが、
実はその角にあるとある施設も
霊が出る話を多く耳にします。
その交差点を通過する時、交差点中央の上空、
といっても路面から数メートルあたりですが
黒い霧が渦を巻くように現れ、
立ち上ったと思ったらそこに静止し、
それが男性である事が分かりましたが、
事故の多い原因の一つはそれなのでしょうね。

| | コメント (0)

2008.01.10

覗く顔

1352b503.JPG

どんなに気持ちを
しっかり持っていても
挫ける時があります。
人の心とは強いようで
実は脆いものです。

私だってそうなのです
苦しい事も多いです
面倒だな・・・と
思う事もたくさんあります。

そう言う時人は猫背になっています。
だから苦しいのです^^)ホント。
下向き加減の時、目に映る範囲も狭くなります。
気持ちも沈みます。
背筋を伸ばし深呼吸し、今のしかかる困難を
目線を変えてみるだけで、
フッと捕らえ方が変わる事があります。

さて、画像は以前も出したかな・・・?記憶が最近^^;
何年か前に行った、とある心霊のプロジェクト(講演会)の時の
スタッフ打ち合わせの中に窓から覗きこんだ霊
この時、全国から集まった集まった100枚以上の心霊写真の
お焚き上げ供養をしました。
さすがにそれだけ写真が集まると色々起こるもので。
ちょっとデータの整理をしていたら思い出したのでとりあえず1枚。。

| | コメント (0)

2008.01.05

afe9115a.JPG

毎日のように
人が亡くなる事件が
起こっています
あまりにひどい
非道な事件ばかり。

正月で大勢が歩く中
向こうから一台の車が
やってきました。
遠目にも
ものすごいスピードだと
言う事が分かるほどの勢いで
近づいてくる車
多数の子供に大勢の大人が注意を呼びかける。
同時にまだ100メートル以上手前から
クラクションを鳴らす車。

どちらかが止まらなければ
車同士すれ違いもままならない道幅
クラクション押しっぱなしのまま
スピードを落とさず距離が縮まる。
数十名の人が道ぎりぎりまで寄って
止まっているにも関わらず
クラクション押しっぱなしで目の前まで来て、
車の中からものすごい形相で
とても書けない言葉を叫びながら
駆け抜けて行った。
もう良い年のおじさんでしたが
まさに鬼の形相。
30キロ制限の田舎の道をね。
どこでもらってきたか
正月からとり憑かれちゃってホントにもう・・・。

魔に憑かれるなどと書くといかにもですが、
年末年始は多いのですよ実は。

写真は供養の護摩焚きの時のものです。

 

| | コメント (0)

2008.01.03

山車

c5f6799c.JPG

年末年始は
公私ともに忙しいのです。
特に地区の風習は、
私が子供の頃から
今も変わらず
受け継がれて
続いています。
12月に入ると、獅子舞の歌を子供たちが習います。
大人は舞と太鼓。
30日に旗を地区にたて歩き、新年2日に獅子舞。
約300戸を獅子でまわるのですが
・・・疲れますね^^。

昨日の疲れが今じわじわとね
(笑→年ですので2,3日後からガクっとね^^)
この地区の獅子舞には、本舞と御祓いがあり
本舞は地区内の飯綱神社・中央交差点・
道祖神(2ヶ所)・お寺さまの4ヶ所で
オス獅子とメス獅子双方の本舞をし、
各家へスタートとなります。
全ての家に獅子と後持ち、
鈴を持つ子の3人が上がり、
御祓いをしてまわります。
獅子が家に上がると同時に
「おさんご隊」が2,3人大袋をもって
おさんごどっさりぎっしり~と掛け声をあげ、
お米やお酒、お包みを頂くのです。
それらでカレーライスを子供たち
約80名と大人数十名のお昼にします。
私が幼い頃は朝7時から夜までかかっていましたが、
近年は明るい内に終了するようになりました。

家々でいただいたお菓子の山は、
子供たちに全て配られます
その量たるや、当分
お菓子買わずに済むでしょう^^

デジタル時代のローカルな慣わし
それでも子供たちが元気に走り回る姿は今も昔も変わりないのです。
変わったのは、子供と大人の距離感かもしれませんね。
大人な子供が増えた事と、その逆も否めない今。

hinode毎年2日が過ぎると
やっとお休みできる
気持ちになりますが・・・
私のお休みは
3日までですので、
今日が休日気分




そうそう初日の出
とても綺麗でした







遅ればせながら



あけましておめでとうございます。

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »