« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008.04.29

時の流れ

bd71c154.jpg

昨日霊能者の宗優子さんと
打ち合わせを兼ねて
食事をしながら
色々とお話をしました。
いつもわりと大勢で
お会いしていたので

2人でゆっくり話をする事があまりなかったのですが
佐久市内の和食屋さんのお座敷でおうどんを頂きながら
ゆっくりと。

佐久平駅周辺の変わりようは
この地で生まれた私にとっては
それはそれは激的なほどですが、神奈川育ちの宗さんでも
ここは何でもあるわねといつも話します。
ですがそうは言っても田舎、ちょっと離れると土地も安く
先日知人が購入した土地は、綺麗に整地された100坪で
200万だったとか   ...    
そんな事はさておき

夕方の新幹線に間に合う時間で動いていたのですが
ちょっと近隣のお寺さんでも巡ってきますか?と言う事で
過去に何度か行かせて頂いた事のあるお寺さまに
行ったのですよ。
片道20分ほどなのですが、予定の新幹線の発車まで
30分くらいしかなかったのですが、
私は まあ乗り遅れても次がすぐにあるし
などと勝手に思いながら^^;

住職さんもおられまして、
本堂や護摩堂等案内していただき
ゆっくりとお参りさせていただきました。
いつも穏やかな笑顔が印象の
とても良い住職さんなのです。

そんなこんなで時間も忘れていたのですが、
色々と話しながら,
車で駅まで来て時間を見たら、
予定の新幹線の発車5分前!
お、間に合った!と凄いタイミングで
スムーズに流れて行ったのです。
不思議なものですね
ちゃんと間に合うようにしていただいたのかもしれませんね^^

合掌

 

| | コメント (0)

2008.04.22

花とじゃがいも

9e48eaac.JPG

先日ちょっとデートをしました
娘とね。
缶ジュースを1本ずつ買いまして
飲みながら桜でもみようと
近所をあちこちと
見て周っただけですが。



002
久々に花の写真を
撮りましたが
やっぱり良いですね、花は。
どれにもそれぞれ
表情があって




時に主張している花もあれば
知らん顔しているものもあったりで

003










004







家は毎日数名の子供たちが遊びに来ます
気を使う子供もいれば、我が家か?と思うほど
好き勝手に行動する子もいます。
年下は年上に負けまいと強気で臨み
年上は年下に格上を見せつけ
面白いですね、そこにはそこの一つの
世界が出来上がっている訳で
いつでも誰かが泣いていて
いつも笑いがそこにあって。


そうそう薪のくずを集めて
庭のすみで燃していた時
あまりに大勢が集まったので、
ジャガイモをアルミで巻いて
じゃがいもの焼き芋をした事があった。
焼き上がり取り出して食べるどこの家の
子かしらない子供たち^^

おいしいか?と聞くと
美味しいけど、塩欲しいね」 ときたもんだ!
「素材を味わえ^^」 と言うと
「ジャガイモには塩だねやっぱ」

・・・・・

終いには 「バターでもいいよ」



やかましい!っ ^^

 

| | コメント (0)

hana

| | コメント (0)

2008.04.15

どこにでもいます

ghost34信仰のあった所と言うのは
霊がいるものです。
霊=怖いものや悪いものと
言う感覚で捕らえる人は
そう言う場所は良くないと
思うかもしれませんが
霊も生きている私たちも
基本的に同じなのです。
それを心で感ずると自然に
そう言う所での行動が分かります。



例えば知らずに倒れていたものを起こしたり
ちょっと折れおちた木の枝をどかしたりなど。
その帰り道で、とても綺麗な景色や
目の前に虹が現れたり
しばらく見とれている時間は心身ともに癒されたり。
ですが何でもかんでもとなると、
逆の影響を受ける事もあります。
それはその時の自分の心に従えば良いと思います。
これは触れないほうが、
近寄らないほうが良いと思う場所も
あるでしょうし。

例えば落ちていたものを広い上げて乗せてみたとして
その後不調や悪い事に見舞われたとします。
それが影響しているかどうかは別として、
必要な事として巡っていると
感じれば、落ち込む必要もなくなります。

| | コメント (0)

2008.04.11

護摩供養

cdeeb178.jpg

本日より
宗優子さんと
神島剣二郎さんの
webサイトでも
告知が始まりました。
遠くは北海道からの
お申し込みも頂いております。

現在多数のロケに追われているお二方ですが
先日のDVD撮影の中の一こま頂いておりますので
近くここで出します。


5月18日に行う
護摩供大祭不動火祭り
当日は見学も可能です、皆様に振舞酒と
お焚き上げした浄塩をお配りいたします。
この塩は無病息災・厄除けとしてお持ちいただけます。
また祭壇での参拝も来られた方にはして頂く予定です。
参拝される方はその場にて邪気祓いもさせていただきます。
お持ちになられている物で浄化を希望する方は当日受付がございますので
申し出てくだされば全て無料にて浄化させていただきます。
12時~1時までにお申し出ください。

(雨天決行ですが大雨や強風の場合中止になる事もございます。)

| | コメント (0)

2008.04.10

妖怪・・・?

f119522d.JPG

以前とあるお宅に
行った帰り道に
遭遇した日本カモシカ。
山間部を車で通ると
時折立派な鹿と
遭遇する事は
長野県では珍しい事では
ありませんが、鹿は
わりと逃げません。
人がいようが車が来ようが
お構いなしに自分のペースを守ります。

長野県上田市から松代へ抜ける地蔵峠では
鹿との交通事故が結構あるとか。
私も昔地蔵峠は良く通りましたが
何度も心臓踊る経験をしております。
暗闇に目が^^;
動かないのですよ、車の前に立ったままいつまでも。
立派な角がそびえ立たせてね。
車が負ける訳はありませんが
巨大動物の角には少々トラウマがありまして・・・。

動物がいるのは良い事ですが
近年は市街地まで出てくる鹿やさるが多くなってきてます。
1メートルほどの猿は、子供なら危ないですから
目撃情報があると集団登下校になります。
それだけ食べるものが山になくなっているのでしょうね。

さてここからどうにか心霊の話に結び付けなければ
〆られない気がしてきましたので無理に関連つけると・・・
山間部では摩訶不思議なものを見る事があります。
タコ足のようで巨大なクモのようにうごめくモノとかね。
あれはなんでしょう^^)妖怪の類なのでしょうか・・・
1メートルもあるのですから(笑
過去2度ほど見たことがありますが、ちょっとアレとは
やり合いたくありませんね。

というのも・・・実は最近見た時、
自殺された霊の足元にいたものですから。

霊ではなく妖怪の話になってしまった。

| | コメント (0)

2008.04.08

林の中・・・

2ca05cd4.JPG

海風を防ぐ松林
ある意味では
さまよう霊もまた。





最近すさまじい霊気のお写真を拝見しました。
別に霊が写っている訳ではありません。
とある広場の写真ですが、その陰に満ちた波動が
写真を介してストレートに感じました。
写真には時々不思議なものが写る事がありますが
時々、手にした瞬間に鳥肌が立つ事もあります。
まだ視てもいない段階でです。

まあ、森の中と言うのは気持ちよいものですが
時には・・・ね。
荒れ果てた山林より、案外手の入っている所に
ぽつんと立っているものです。

| | コメント (0)

2008.04.04

護摩焚き

Goma0011
不動火祭り


平成20年5月18日
長野県東御市御牧原にて護摩焚きを行います。



不動明王の大火により
全ての障悪を焼き清め
願主および参列される皆様はもちろん
全ての皆様の幸せをご祈願する修法となります。
見学も可能です、詳細はこちらでご確認ください。

尚、当日映像撮影がございます事ご了承ください。

 

| | コメント (0)

2008.04.02

後ろの霊

952a9508.JPG

宗・神島両氏との打ち合わせで
神奈川に行ってきました。
5月にある事を行います
現在編集中ですので
近く正式に告知いたします。

左霊能者宗優子さん・浄霊師神島剣二郎さん



さて、道路を歩いておりますと・・・
後ろからいつまでも付いてい来る方が時々います。
もちろん霊ですよ、人ではなく。
私が浄霊師である事を知っている時もありますが
それに携わる者である事は分かっているようです。
いつでもどこでも、例えば成仏していない霊を
浄化している訳ではなく
普通に出会う霊は、私の場合人とすれ違うように通り過ぎます。
別に何かする事はありません、こちらに干渉してこなければ。
だって、自分で選んだ道ですから。

で、話戻りますが先日夜道を歩いていると
すさまじい威圧感で付いて来たのです。
先を急いでいたもので好きにさせておいた・・
と言うと偉そうですが早い話無視していたのです。
すると近寄って来たのですよ後ろから、すぐ後ろをピタリとね。
はっきり分かる存在感ですが少し厄介な存在と申しますか
その霊を取巻く闇がそれを物語っていたのですが
霊感のある方がその光景を視るとすれば、
私の後ろ側が異様に暗い闇があるように
視えたでしょうね。
どこか隙あらばと必死に喰らいついて来る感が
ストレートに伝わっているのですが
人と合う予定時間を30分も送れていたので
それ所では無かったのですが
あまりのしつこさに、振り向いて
付いて来ないように一言釘さしたのですよ。
そこで止まり目の前の道を私は渡ったのですが、
そちらは渡ってきませんでした。
その後どこに行ったのか、帰りも駅に向かい
同じ所を通りましたがいませんでした。

影響を受ける人は、どこかやはり自分の中で
許してしまっている部分のある人が多いです。
人に嫌な事をされた時、それを我慢する人もいれば、
やんわり嫌だと言う人もいます
ストレートに嫌です!と言っちゃう人ももちろんいますよね。
それと同じ事です。
ですがケースバイケースで、
必ずしも功を奏するとは限りません。
嫌だ!と言ったが為にねちねち嫌がらせ
受ける事だって無きにしも非ず。

要は見極めが肝心。

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »