« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008.06.29

猫の恩返し

64714aea.JPG

さかのぼる事うん十年前
私が中学1年の時の話し。

私の実家は当時
料理屋を営んでいた
学校から夕方戻ると、
お昼のカツどん用の
トンカツの揚げ残りが
1,2枚ありそれを
おやつ代わりにつまみ食いしていた。
ある時帰宅すると店の庭に見慣れない野良猫が2匹いた。
家で猫をかっていた我が家は、野良猫も時折ころふけに来ていたので
見慣れた猫は分かるのだが、その時の2匹は
それまで一度も見た事の無い猫で
長旅でもしているように薄汚れて痩せこけていた。
それを横目に店内に入り厨房に行き、
いつものようにトンカツつまみ食い。
しかし外の野良猫が妙に気になり、
トンカツを二切れつまみ
店の玄関から外に出ると、
庭の奥隅で変わらずに座っている2匹
そこをめがけてトンカツを放った。
何か投げられればとっさに逃げるのが猫
慌ててその場から逃げ出した
せっかくあげたのに・・・と思いながら
店内に戻り窓からそっと覗くと
逃げた2匹はそろそろと戻り、
それぞれ咥えてから走り去った。

さて翌日の朝、店の玄関を開けると外のマットの上に
綺麗に伸びて並んだ状態のねずみが二匹。
始めは悪戯か嫌がらせかと思ったが、ふと庭を見ると
昨日の野良猫二匹が同じ場所に座っていた。
そして私の顔をつかの間見た後、
さっと走り去りその後二度と現れる事は無かった。
トンカツのお礼だと今でも私は思っている。

そして先日の出来事
毎朝一通りのご供養を終えると6時頃になる。
それから掃除をはじめ最後に玄関を
掃きだして終わりになるのだが
玄関を開けると外の人工芝マットの上に
これまた頭からシッポの先まで真っ直ぐに伸びた
ねずみが一匹ドアと平行に横たわっていた。
中学の時の猫の恩返しのシーンが蘇りながらも、
今回は何もした覚えが無い。
嫌がらせされる覚えも無い。
まして嫌がらせにしては、まだ小さな子ねずみ。

そう言えば最近我が家のメス猫目当ての
どこぞのオス軍団が押し寄せて来ているが・・・
つまりこれは貢物って事なのでしょうか・・・。

ねずみさんには庭の隅の土に返っていただきました。

| | コメント (0)

金縛り

64380b0f.JPG

早朝に電話が鳴った
出ると男性の慌てた声が響く
「妻が起きて来て椅子に座ったまま
急に体が動かなくなってしまった・・・
どうしたら良いだろうか」 と。
状態を聞くと話は出来るし
痛みも無いが
体が動かせないと言う。

自分で急病等ではない事も分かっており、
とにかく私を呼んでほしいと繰り返しているらしい。
すぐ行く事を伝え、本尊の前でお力を
お借りし車で1時間ほど走る。
家に入ると旦那様がおろおろと。
案内されリビングに入ると、
椅子に座った奥様が前のめりに固まったまま!
しゃがみこんで奥様の目を見ながら

「大丈夫ですか?」と私

「動かない・・・」と一点を見たままの奥様

「ずっとままの状態なんです・・・」と旦那様

 続きはこちら >>>

さて数日前、子供の頃に起こった事とまったく同じ事が起こりました。
デジャブ?と思うほど・・・
この話長くなりますので次のブログで。

 

| | コメント (0)

2008.06.24

炎に浮かぶ姿

7月に入ってから販売が始まる心霊系のDVDがあります
このDVDの中で独鈷杵が使われていますが
この独鈷、私が彫った一刀彫の金剛杵(五鈷)です。
さてどこで使われているかお楽しみに^^)
詳細は追って。

e89815a3.JPG








さてお焚き上げの時の写真を一枚
燃え上がる炎の中に表れた表情お分かりになりますか?
怖く感じる人もいるでしょうし
威圧感を受ける方もいるでしょう。
あえて何かは書きません、
どう感じるかはあなたしだい。
この他にもすごいお写真が何枚かあります
誰もがびっくりするお姿が炎の中に浮かんでいたり・・・
またべつの機会にご紹介します。

追記
朝から北西~南にかけていくつもの筋雲が通っているのがちと気にかかる
地震がなければ良いですが。

| | コメント (0)

2008.06.19

ただ感じること

ただ目に写るものにも流れがあり
今立っている所にも気が満ちており
花にも山にも人にもそれぞれが
発する力に包まれています。
満月に座禅をくむとき、
月を起点に
こちらの世界とそちらとの限りなく続く
入れ替わりを視ます。
なるほどそうやって無限が構成されているのか・・・と
一瞬理解したつもりになりますが
説明できません、とても説明できるものではないです。
言葉も仕草も今私が得ている全てを
駆使しても表現できないです。
ただ正確に、無限に続く表裏一体の
エネルギーの流れは綺麗でもあり怖くもあります。

古札/お守り等のお焚き上げの時の動画です。



時折、私は満月の夜に月の光をいただきます。
魂がそれを求めるからです、昔から月に惹かれます
月に限らず空も太陽も星も・・・
ただ空を見上げるだけで心穏やかになるのです。

| | コメント (0)

2008.06.18

無縁さま

eb73bf1d.JPG

山間部での写真には
色々と写るものです。
例えば無縁様が
居られることも多く
山間部で人の殆ど来ない所に
突然形の様々な墓石が
立ち並んでいたり
石仏と一緒に並べられて
いる事もございます。
現在では
「昔からこれはここに
あるが何だかよく分からない」と言う事も。

イメージも立派な霊感です。
ここは嫌な感じがするとかここから先は何か怖い・・・
と感じる所は自分を信じても良いかもしれません。

| | コメント (0)

2008.06.11

運転席の霊

e15037db.JPG

とある駐車場にて
人を待っていた時の事。
私の車の向かいに
一台の車が止まりました。
運転手は車を止めて
すぐに出て行ったのですが
無人の車なのに
運転席にゆらゆら・・・とね。
しばらく揺れたのち動きが止まる。
こちらを見つめられても困るのですが^^;
とりあえず一枚お写真を撮らせていただきました。

撮ったと同時に待ち人が現れましたので、
そのままそこを後にしましたが
その車の運転手は、日ごろキツイ事でしょう。
職場関係のトラブルと思いますが
運転手さん、暑い日でも寒気が強い事でしょう。
足ひっぱられませんように。

などと書いている私が全治4週間(痛いのです 苦笑)
霊障ではなくて^^笑・・・
普段運動らしい事をせず、念・・・もとい、年に一度の野球大会に
先日出場したのです。
ヒットを打ったのは良かったのですが、突然の全力疾走に
体がついて来ませんで・・・3塁回った瞬間足元で「ブチっ」って音がね。
そのまま病院直行。
腓腹筋断裂で松葉杖・・・ははは。

| | コメント (0)

2008.06.06

13歳の想い

bb29ab88.jpg

心霊相談の中で
成長過程の方との
お話はとても言葉を選びます
一つ間違えると、
重い言葉として
心に刻まれてしまう
危険性があるからです。
偏った思想や断片的な
その場だけの応急措置的な行い
(お祓いや祈祷的な事)は
子供には逆効果となる危険があります。
それが原因でこうなっていると言う
安易な答えの出し方は視野を狭めてしまう事にも
なるからです。

いつだったか
ご縁ある方とのつながりでと
ある女の子の相談を受けた事がある。

13歳の彼女はとても物静かで
私との会話の中で静かに涙も流しながらも
それを拭うことなくしっかりと私を見て
真剣に話を聞いていました。

その後、彼女は時折メールを送って来るようになりました。
天気が良い・暑い・暇など他愛もない一行の文章でしたが
それでもその時々の彼女の思いが伝わっていました。

その後連絡が途絶え、どうしているかと思っていた頃
送られて来たメールには
13歳の彼女の心が、
命の大切さを感じる想いがそこにありました。

 続きはこちら>>>

彼女のメールを読んだ時、
私が浄霊師となるきっかけとなった
一つの命を思い出しました。

| | コメント (0)

2008.06.05

水晶

ae1792aa.JPG私はお願いをされた方に
水晶のブレスを
お作りする事があります。
水晶と言う石は、
霊的に説明すると
長くなりますので
簡単に説明すると
持ち主の気を記憶してくれます。


もっと分かりやすく説明するとその人の波動をとり込みます。
例えば体調の優れない時でも
それをつける事で本来の波動に戻してくれると言う事です。
端折ってますがまあそう感じと思ってもらえれば良いと思います。
そして潜在的な部分もストレートに拾いますので
霊感のある人は時折強くなる事もあります。
ですが、自分になじんで来ると、心強いアイテムになります。
ものに頼る訳ではなくて、安らぎとなるものとしては
水晶はとても良いと感じています。
私も自分で連ねた水晶のブレスをいつもつけておりますが
とても相性が良い石となっています。
時折相性が合わないと感じる方もいらっしゃいますが
相性が合わないのではなく、
まだ自分の石となっていない事が多いです。

どう言う事かと申しますと、自分の気が整っていない為に
一時的に調子が悪くなったり、頭痛になったりする事があります。
どこかの雑貨屋さんでも、天然席のお店でも良いですが
「これ」と自分で気にいって買われた石があるとして
自分の良いアイテムにしたいのであれば、
はじめにまずしっかり浄化してください。
自分の手に入るまでに多くの人や場所を経由していますので
浄化する事で自分の心が受け入れる気持ちが出来ます。

その後、例えばリラックスしている時に両手に握り
しばらく目を閉じて石の気を感じてみたり
自分の気が石に入り満ちていくイメージをすると良いです。
まあどういう方法であれ、それが自分の幸運のアイテムとなったり
安らぎになるのであれば、それも一つの心の浄化となるでしょう。

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »