« 炎に浮かぶ姿 Ⅱ | トップページ | 小さな御霊 »

2008.07.07

血を流す霊

9df53a84.JPG

古い番所のある地域の
とある森の中です。
戦国時代には追っ手を逃れた
落ち武者も多くいた事でしょう。
今でもなお頭から血を流し
成仏できないでいる霊です。
清々しい静寂の森の中で、
痛いほどに張り詰める空気の中、写真に収めました。
一帯には多くの無縁様もいるでしょうし
仕置場でも近くにあったのでしょうか・・・
罪人?とおぼしき無念もひしひしと。

さて、以前とある店舗の御祓いをした際
あまりに大勢のご霊さまが
押し寄せてしまった事がありました。
その地域には何軒か行っていますが、
どこも皆同じような流れを
たどっていました。
開拓される前にはいくつかの塚があったようですが
その昔、そこには火葬場があったようです。
今のように立派な建物ではなく、
簡素な作りの火葬する場所だったのでしょう。
墓地跡地、火葬場跡、仕置場等のあった所と言うのは
色々とあるものです。
無念の思いが染み入る場になりやすいのは確かですね。

|

« 炎に浮かぶ姿 Ⅱ | トップページ | 小さな御霊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 炎に浮かぶ姿 Ⅱ | トップページ | 小さな御霊 »