« 案外目の前にいるものです | トップページ | 一本の光 »

2008.08.12

香を焚くこととは

7c29412e.JPG

お線香は折ってはいけないの?

いいえ都合に合わせて
問題ありません。
円形の香炉の場合、立てますが
小さな香炉や、朝燃え尽きるまで
待つ時間が無い時など
そのままでは火の心配がありますよね。
そう言う時は短く折って
さらに灰の上に横に置くと良いと思います。
横置きは、根元までしっかり燃え尽きますので
立てるよりもある意味経済的でもあります^^。
宗派により、決まりのある場合もございますので、その場合は
それに沿うと良いと思います。

香の煙は自然に部屋に行き渡り、家中に行き渡ります。
物事を表裏一体と考えれば当然見えない世界にも同じく
行き渡って行きます。
ただ目の前のお線香の煙でも、そこから全てに繋がると意識すれば
こちらの世界では浄化となり、そちらの世界では供養となります。
いつも見守り助けていただいている事への感謝を意識できる一番身近な
場所が香を焚く所です。

お盆に飾りつけをしてお迎えする時
一本のお線香でも、そこから無限に通じる事の出来る深く広い世界があると
意識して火を灯し束の間目を閉じてみると、ちょっといつもと違う感覚に
包まれるかもしれません。
そんな事も可能にしてくれる時でもあります^^。

|

« 案外目の前にいるものです | トップページ | 一本の光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 案外目の前にいるものです | トップページ | 一本の光 »