« 今 | トップページ | 廃墟の浄霊 »

2008.08.22

おかっぱ髪の女の子

630f66a0.JPGお人形もそう
お守りもそう
古い着物も
使わなくなった物もそう。
その時の自分にとって
とても大切にしていた
思い入れがあるものであれば尚更です。



しっかりと心を向けて感謝をし、
今必要が無いのであればしっかりお別れする
そう言う心でご供養なさる時、そこにオカルト的な
悪いイメージの出来事は起こりません。
なぜならば、負の流れは負の心にしか影響できないからです。

おかっぱの髪の毛の女の子と言う定番の姿がございます。
日本人形等のイメージから割りと多く想像されるご霊さまですが
浄霊師神島千尋の経験から申せば、
童子であったり神仏的な存在である事も多いです。
山などでは割と見守る姿として現れる事もあるのです。

もちろん全てがそうだと言っている訳ではありませんよ
そう言う存在もいらっしゃると言う事です。
つまり、映るもの聞くもの全てをイメージで当てはめてしまうと、
単に恐いとしか感じなくなってしまうそこに
必要のない恐怖まで寄って来るのです。

|

« 今 | トップページ | 廃墟の浄霊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今 | トップページ | 廃墟の浄霊 »