« 気の力 | トップページ | 弱点 »

2008.08.27

迦楼羅

55796dd5.JPG

さて不動尊と言えば
背後の火炎ですが
その身を火生三昧の世界に身をおき
全ての不浄を焼き払います。
その炎は迦楼羅炎(かるら)といい

迦楼羅(仏法の守護神:
人の体に鳥の顔)のはく火焔です。
ちなみにガルーダ航空の
ガルーダはこのガルダです

続きはこちら>>>

さて、懐かしさから ほん恐を見ました。
その中で気の話があり、
ワインの味を変えていましたが
私も良くする事で、同じことしてましたので
笑ってしまいました(良い意味ですよ)
私の場合コーヒーでする事が多いです。
相談者さまにも、和ませると言う意味で
時折お見せしますが
気は人それぞれ特性が違いますので、
変化も様々ですが
稲垣五郎さんは味をおいしく
変化させる特性のようですね。
と言いますか、稲垣さんの手を気孔師?
の方が触れていましたので
その方の気が強く影響しているとは思いますが^^;
まあそれはさておき。

昨日書いたブログでも触れましたが
基本的に誰でも出来ます^^)
気の貯め方や出し方は様々ですが、
簡単な方法としては
少し強引に引っ張り出す方法として、
ぐっと両手を握りその後両手を
強めにぶるぶる振ります(水をはらうように)
そのまま手に意識を向けると指先が
びりびりして来るのが分かるはずです。
その時指先から気が出ていますので
それを飲み物の入ったコップの外側から
中の飲み物を浸透通過させるように気でかきまぜます。

飲んで見てください^^ ほら味変わったでしょ!

「おいしく」変わっても「まずく」なっても
それはあなたの特性
私は味を抜く事が得意です
コーヒーをコーヒーの香りのお湯に近づけます。
味が変わらなくてもがっかりする必要はありません。
別の特性があるからです。
例えば、ヒーリング効果の強い気であったり
時には痛みを和らげる気の持ち主であったりなど^^)

そうそう、下さんが護摩焚きをされていましたね^^
息災的な護摩(組み方)ですので
タレントさん元気になりましたね^^

|

« 気の力 | トップページ | 弱点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気の力 | トップページ | 弱点 »