« 秋の渓流 | トップページ | 雑記 »

2008.10.17

神的エネルギー

04fcae6a.JPG

何かしら所縁あるものや
神仏を祀っていた事のある家は多い。
多いがゆえに、心霊的な
相談となるのは必然である。

なぜならば、
正式に開眼や魂入れをして
または所縁ある所から
分霊してあるからである。
個人で特別に祭る場合、
やはり神仏様のご供養を
するのは当然の事であり、
それができないのであれば
むやみに迎えるべきではない。


とは言え、神仏様は個人が迎えるのではなく
神仏様が選んで来てくださったと感じられるのであれば
お迎えした方の心に従いご利益も大きくもなれば
そむく行いや欲深い考えには大きな負が返ってくるとも言えます
ある意味障りとでも言いましょうか、行いに応じた結果が
苦しい状況として現れるのも、
心霊の世界から言えば当然ともいえます。

祀ったならば、
それを受け継いでいく人にしっかり流れを
伝えるべきと私は思うのですが・・・
「これはいつからここに?」と聞くと
「さ~・・・昔からここにあるけど何か分からない」と
なるのです。
手をかざしただけで、びりびり伝わって来る事も多い。
ためしに手を近づけてみてくださいと言うと
その強さに驚く住人もいます。
そうして初めて大切に思いはじめるのです。
招いておいて知らん顔では、
人の良いお客様でも嫌になりますよね。
同じ事です。
都合の良いときだけ手を合わせ、
良くなったら後はお礼もぜずに
知らん顔ではあまりにも、ね^^)



浄霊師 神島千尋 MysteryZone
相談ご質問お問い合わせ

|

« 秋の渓流 | トップページ | 雑記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の渓流 | トップページ | 雑記 »