« 神さま | トップページ | てんぐ »

2008.10.06

ともしび

3b698923.JPG

ある人を想い
祭壇で手を合わせ
心を繋げていた時の話し。






一切逆らうことなく進みながら
それまでの時間を逆行していく
そう言う流れを視させていただきました。
人は人としての生をまっとうした後
また元に戻っていくと言う事の一つを
はっきり視させていただいたように思います。

最後に小さな光がひとつ現れ
そこに一滴上にたれ
吸い込まれる

「今亡くなりました」と連絡いただいたのは数分後。

どんどん若返り
一番印象に残っているお顔が、おそらく女学生の頃の表情。
まるでお写真のように現れていました。

実際より若い姿で現れると言う話がありますが
それが良く分かりますね。

お孫さんのいれてくれたコーヒーを頂きながら
穏やかにお話をさせて頂きました。

「おばあちゃん、おだんごこのくらいでいいのかな?」
「おばあちゃん甘いの好きだったからお砂糖いれてあるよ」
と、綺麗な白い布団に包まれたおばあちゃんの枕元置き
笑顔で、一つだけ、ぽろっと涙をこぼした
この方のやさしさを改めて見させていただいた先日。

|

« 神さま | トップページ | てんぐ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神さま | トップページ | てんぐ »