« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008.11.28

霊より恐い?念

664413ea.jpg霊より念のほうが
恐いと申します
その通りと私も思います
除霊や浄霊のお仕事の中で
ご霊さまはもちろんですが
念の浄化にお時間が
かかる事も多いのです。

人は一生の中で、命に関わる大事が3度あると言われます。
それを越える度に感謝を持つ事を学ぶのです。
つまり必要があって訪れるのならば、
そこから得る心の糧をいかに大切にするかで
その後の道が決まります。

人は人として命を頂いて人生を学ぶ中で3度の転換期を経験します。
その中で最初に訪れる子供から大人への転換期
この時の心の力は強く、思う事が実現していく時でもあります。
自信を持つ人もいれば、自らの力不足を経験する事もあります。
そして心身共に危険な事にも心が動きやすい時でもあります。

二十歳の女性がいました
彼女は幼少の頃のいじめのトラウマから、
人に好かれる事を常に考えていました。
興味を持ってもらいたい一心から、霊感を・・・続き
>>>

| | コメント (0)

2008.11.26

浄霊師の朝とお仕事 (雑記です)

4時40分頃起床
真水をかぶり正装
不動尊を祀るお部屋の水
神棚の水
お仏壇に温かいお茶
お仏壇に祭る諸仏諸菩薩さまへのご供養
そしてご先祖様へのご供養
神棚で感謝
その後不動尊を祀る部屋に入りお勤めとなります。
6時頃に朝のお勤めが終了となり、着替えてから
家の掃除を始めます。

掃除終了後、まだ日の出前ですので薄暗い中で
寒さに耐えながら護摩壇を組みます。
護摩壇と言っても朝から護摩焚きをする訳ではなく^^
薪ストーブの火入れです、それでも火は火。
性格もあるのでしょうが、周りが綺麗でないと
火入れしたくないのです(そこはガンコです 笑)

薪ストーブを稼動してから早1ヶ月
護摩壇形式の火入れが一番早く薪に燃え付きます。
5~10分でほぼ全体に火が周ります。
薪ストーブの火入れで中々うまく本火にできないと言う話を聞きますが
一発で木に燃えつけさせる方法があります。
直径2,3cmにナタで裂いた木で護摩壇を組みますが
最初の2本の上にあるものを置きます
それは「牛乳パックの空容器」
牛乳パックは高級和紙に使われるほど上質の紙です。
これを切り開き細かく裂いておけば、1本の容器でかなりの回数使えます。
これを護摩壇の下、中間左右に差し込めば良いだけです。
火を最下部のパックにつければ強い火力があがり、
その他のパックに燃え移って行きます
その勢いのまま、護摩壇に燃え移ります。
10センチほどの護摩壇の上に薪を、3本乗せておけば

10分ほどで薪を含めて完全に火に包まれています。


その頃になるとちゃんと知っていて
猫が起きて来ます。

そしてやっと辺りが明るくなってきます
これが私の毎朝のお仕事です^^)

雑記でした

| | コメント (0)

2008.11.24

因果

2550e066.jpg

時折学生さんが
相談者さまとして
来られる事があります。
気を使わなくて良いですよと
お話しておりますが
先日、お会いした方は
遠方から来られたにも関わらず
終えた後「本当に少ないですが・・・」と
お金を包んだ封筒を差し出すので
「いりません」とお断りしました。
「いいえ本当に気持ちですので」と先方。
「いりませんよとお伝えしていたはずですよ^^」と言っても
引く気配がありません。
ですので、はいでは頂きますね^^と受け取りました。
昼間は勉強ですので、夜アルバイトをしていたそうです。
未成年の学生さんでしたが、大きなお金が包まれていました。

心霊に携わるお仕事をしていると
人の気持ちの大切さを、私達も学ばせていただいていると思うのです。
時に数百万円以上も御代を支払い、
解決せずに未だ継続中で、今度はそれに生活が苦しめられ
相談に来られる方もいらっしゃいます。

いずれも個々が判断すればよい事。
ひとつ言えるのは因果の法則は正確に巡ります。
ただそれだけです。

| | コメント (0)

2008.11.21

ありがとう

c1249802.JPG

浄霊師神島千尋が
除霊や浄霊をする中で
年配者からの依頼の割合が
結構多いです。
年配と言っても
定年退職は20年以上前
と言うように
とっても高齢な方が多いです。

大正生まれの方も珍しくありません^^)
その方にはその方の長い年月を経て得た
知識と経験があり
若輩者の私の話しなど・・・と思いつつも
ありがたい事に、とっても真剣に
私の言葉を受け入れてくださいます。
そして深く納得し「長い間分からなかった事が
やっと分かって良かった」とおっしゃっていただけます。
そう言う穏やかな時間を過ごさせていただく時
私も良い気をいただけるのですね。
だからありがたいのです。
良い気とは何かをもう少し詳しく話しますと
目の前でお話をしているのはおばあちゃんであっても
その周りに目に見えない方々が一緒に座しているのです。
おそらく、人の姿的なイメージを持たれると思いますが
それはちょっと違います
違いますがそう思っていただいて良いです。
説明するのが大変ですから^^;
なぜならばそれぞれの方皆さん
違う現れ方をしているからです。
一緒に聞いている事もあれば、
うなずいている方もいます
そして、言葉は発しなくとも
伝えて欲しい事に触れている時は
私が話しているようですが、
まるで横からそちらの方が話しているような
図柄になっている事もあります。

ご本人はそれを知りませんので、
意識せずに私の顔を見ておりますが
心(魂)ではそれを感じております。
ですので、通常の感覚とちょっと異なっている何かを感じます
だから無意識に涙がこぼれる人が多いです。

誰にも応援してくれているご霊さまがいらっしゃいます。

その方に「ありがとう」を言った事がありますか?


浄霊師 神島千尋 MysteryZone
相談ご質問お問い合わせ

| | コメント (0)

2008.11.19

部分的な痛みや不調

73b792e2.JPG

憑依されないまでも
表現として
憑いていて離れないと
言う事があります。

とある男性の相談を
受けた時のこと。

(一応書いておきますが本文と写真は関係有りません)

メールでも質問でしたので、メールでお返事するしかなく
何度かやり取りをしておりました。
文章だけでの返事ですので、ご自身は無理でも
せめて家のお写真やお仏壇のお写真でも拝見できれば・・・
とのお返事で、ご本人の写真が添付されてきました。
右肩に乗るように上半身の老婆が姿を視せました。

右即頭部の部分的な痛みがあるのが分かります
なぜならば、私は相談者さまの受けている痛みや不調を
感じる特性があるからです。
実は、メールで相談を頂く1通目で相談者さまの不調を受ける事があります。
送信者さまがどう言う状態であるかを感じる事があります。
私側のご霊さまからのお伝えである事もありますし
相談者側さまのご霊さまである事もあります。

その昔大きな戦があった場所からの相談や
首切り場の跡地にある家などの場合
正直キツイ痛みを、最初のメールで受ける事があります。
刀で切られた傷の痛みなどは、それをストレートではないにしろ
鈍い痛みで感じる事で、その痛みを理解しますし
それが必要で受ける事も私自身理解しておりますし納得しております。

そしてそういった場所での浄霊は、
時に人の命をも奪ってしまうご霊さまもいるのですから
大げさではなく、命がけでもあります。

| | コメント (0)

2008.11.18

浄霊後の思わぬ癒し

先週末、浄霊のお仕事で
山梨にいたのですが
長野へ向かう山岳地域に
「雪・チェーン」の
電光掲示板・・・

ノーマルです、はい(焦っ。。
この時期深夜12時過ぎの山越えは、
霊ではなくて凍結が恐い^^;です。

さて、知る人ぞ知る某会社のイルミネーション。
今では観光バスのコースにも入っている恒例の装飾。
100メートル(推定)にも及ぶ電飾は圧巻です。
(佐久市のバイパス沿いです)

午前2時頃でしたので、対向車もなく
浄霊後の心に沁みました^^。

| | コメント (0)

2008.11.15

表裏一体

457b5fee.JPG表裏一体とは何でしょう?
今生きていて、
目で見て
手で物を触っている
今の自分が
表だと思っていますか?


体と心が一つで、
今の自分と言う個を成している事を意識すると
表裏の概念はなくなります。
どちらも表となるからです
つまり、口に出す言葉も、頭の中で考える事も、どちらも同じ事になるのです

すると 「分からなければ大丈夫」 は成り立たなくなります

私はこれを、身をもって散々経験してきましたよ^^
これを理解すると、悩みの多くは解決できます
霊的な影響を受けやすいのもここに起因する事が多いです。

人は言葉を耳で聞いて意志を伝達します
魂は心の声を波動として聴いています
どちらも同じ時の中で一緒に動いているのです。
目で見える今を良い流れにしたいのであれば
心で見える今も大切にされると良いと思います。

浄霊師 神島千尋 MysteryZone
相談ご質問お問い合わせ

| | コメント (0)

2008.11.11

不審な浄霊師?

6f0e28b3.JPG

相談室にて午前中の
相談者が終わった後の事。

私が使わせて頂いて
いるビルの3階は
全てリラクゼーション系統の
店舗さんでうまっています。

午後の相談者さままで2時間ほど時間のゆとりがあり、
フロアにはまだ誰も来ておらず相談者さまの邪気祓い後もあり
午後に備えて相談室の浄化をするついでに
3階のフロア全体の浄化もしてしまおうと考えたわけです。

相談室から廊下、3F全体の待合スペース、
3Fオーナーさんの事務室、トイレ、フロア廊下など。
店舗さんの3部屋は勝手に入る訳にはいきませんので入り口前まで。
そして、一番奥に、一室だけ空き部屋があるのです。
以前スピリチュアル関係の方が使っていたお部屋なのですが
今は音響のお部屋となっています。
そこも清めておこうと、浄化しはじめたのです。
この時なぜか私は居合い帯を締め日本刀(ここでは模造ですもちろん)を右に持ち
左に鈴と言う井出達だったのです
別に深い意味があった訳ではなく、お昼まで誰も来ないと聞いていましたし
気持ちが引き締まると言う程度の考えでそうしていたのです。

浄化を始めて数分、エレベータのあく音がして振り向くと
フロア入り口に一人の女性が立っていました。
手にお弁当を重ねて持っていましたので、お弁当の配達とすぐに分かりましたが
そちらはそうは行きません
目をまるくし、すぐ横の事務所の机へお弁当を投げ置き^^;
たたたたたとエレベータに駈け乗り一目散!
いや、あのすみませ~ん・・・と言う私の言葉は後手後手でして(苦笑)
御弁当の配達があるとは聞いておりませんで・・・

後にオーナーさんが見えられ、その話をすると大笑いしながら
大丈夫ですよ、いつも来る人ですから私から説明しておきます。と^^)

気をつけないといけませんね、反省です。

| | コメント (0)

2008.11.08

霊との睨みあい?

dc8c177a.JPG

私、浄霊師神島千尋は
様々なご霊さまの
除霊/浄霊/ご供養を
させて頂いておりますが
時にはとても大変な
思いをする事もあります。

お写真はお焚き上げの時のものですが・・・
歯もはっきり分かりますね^^;

心開いてくれなければ
面と向かって睨み合いのような事もあります。
後ろから押してくれる事もありますし
我関せずと、ただ通り過ぎていく・・・だけに見せて
実は何度も何度も行き来しているご霊さまもいらっしゃいます。
この世に残るご霊様は人の感覚のままが多いですから
する事や考える事は体のある人と同じです。
だから嘘もつきます
その嘘に騙されるプロもいるくらいですから^^;・・・

さて、不運だと思う方のお話を聞く事がありますが
実は贅沢な悩みだったりする事が時々あります。
今の感謝ではなく今より上を求めるがゆえ
ありがたいと思う気持ちがまったく生まれて来なくなってしまう
当たり前な事ほど、もう一度良く考えてみる事って、
とても大切なのだと思うのです

スイッチを押すと電機がつくのって当たり前な事ですか?
電気代払っているからあたりまえじゃん
その通りなのですが、それは行為であって
「給食費払っているのだから学校で子供に”頂きます”などと言わせるな:
と言う考えと一緒です。
人は体だけで生きているのではなく、
体と心が一つで今「個」を成しているのです
そのバランスを考えるなら、
どちらか一方だけで動く「そこ」に心の光は見えてきません
人は人を思いやる心を学ぶために生まれてくるのですから。

| | コメント (0)

2008.11.07

結界

人の世界に残るご霊さまは
残る理由があって残ります。
四方結界があるとは言え
外からは中に入れないものと
中から外に出れないものがございます。
どちらにも浮かばれぬ霊が多い時
長い時間の結界が逆効果となる事もあります。

結界は最終的な問題解決にはなりません。
形ある物はいずれ壊れるのです。
それでも結界が必要な時があります
物質世界でも、心の世界でも。


動画ついでにもう一つ(相談室にて)



浄霊師 神島千尋 MysteryZone
相談ご質問お問い合わせ

| | コメント (0)

2008.11.06

お焚き上げ供養

5月の護摩供以降
ブログやサイトを通じて
沢山の方から古札やお守り等
のお焚き上げ依頼を受け
お送りいただいておりました。

お焚き上げに御代は頂いておりませんので
全て無料にてさせていただいております。

紙札や木札、その他様々なお守り等
みかん箱一つでは入りきらない程となりました。
10月予定が、相談者さまの予約が切れる事無く
11月にずれ込みましたが
昨日5日(大安でした)日没と同時に長野県佐久市某所にて
年内最後のお焚き上げ供養をいたしました。
(護摩やお焚き上げは関係各所、所轄の消防署の許可を頂いております)
依頼された皆さまにはこの場を通してご報告とさせて頂きます。
後日、サイトにて何枚かのお写真を載せられると思います。


良いご縁を本当に沢山いただいておりまして
ありがたいお話もいくつか頂いております。
実るかどうかは分かりませんが、
良い形で報告できる時が来ましたらお話いたします。

取り急ぎ報告まで

合掌

浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2008.11.05

虫の知らせ(リメイク)

6b5574e6.JPG

そのおばあちゃんに
会ったのは2回目だった
以前病院の待合室で
偶然隣に座ったのが最初の出会い



小柄で品の良い服装にさっぱりとした髪型。
おぼつかない足元を気にしながら杖をついていた。
「こんにちは」と細い声で私に挨拶をしてくれた

「あっ、こんにちは」と私が笑顔で返す
待時間の束の間、世間話し程度に会話をした。

数ヶ月経ったある日、偶然そのおばあちゃんとばったり。

「お久しぶりです、お元気ですか?」と私。
「ああ こんにちは!^^」と小さい声ながらゆっくりと会釈
変わらぬ品の良さと、やはりさっぱりとした髪型が印象だった

以前一度たまたま会っただけの
どこの誰とも知らないおばあちゃんだが
その顔を見た瞬間に浮かんだ言葉が口をついて出てしまった

「虫の知らせって信じます?」

私は何を言ってるんだろうと心の中でつぶやきながら
おばあちゃんを見ると
目を大きくし、驚いた顔で私を見ながら
「あなたは信じるの?」とおばあちゃん。

少しほっとした気持ちになりながら答えた
「信じますよ、実際に何度もありましたし」

するとおばあちゃんが話し出した

「もう昔の話だけど・・・・本当に昔の事ね
 子供は3人いるのだけど、
 真ん中の息子がね、小学校の頃にね
 学校から帰って来たその息子の顔が
 死に顔に見えた事があってね・・・
 ”ただいまって”言ったその時の顔が
 本当に死んだ人の顔のように見えて
 びっくりしちゃってね。

 その夜突然息子高熱を出して、
 病院に行ったんだけど結局助からなかったの
 
 虫の知らせかどうかは分からないけど、
 そう言う事があるんだな~って・・・
 世の中不思議な事や、そう言う事はあると思うのよ」

しばらく話しをした後おばあちゃんは
「心の何かが少しほぐれた気がする」と笑顔で別れを告げた。

その後、このおばあちゃんとは不思議な縁が続くのだが
すでに余命宣告されていたのを知るのはもっとずっと後の事。
その後の話はまたいつか載せます 
(Mz【虫の知らせ】リメイク)

| | コメント (0)

2008.11.04

年内最後の「お焚き上げ供養」

5b7ebc4e.JPG

凄まじい数の相談者さまと
お会いさせて頂いております。
1日6人の浄霊をしましたが・・・
さすがにおじさん^^;・・・
いやいやがんばります!(笑
と言う訳でブログ更新も
中々出来ませんが
こんな田舎の浄霊師のブログでも
読んでいただいている方に感謝です。

さて、5月の護摩供の後に
古札やお写真がまた全国から送られて来ております。
明日、年内最後のお焚き上げ供養をさせていただきます。
とある橋の下で行いますが、
火入れは日が落ちた後となるでしょうから
道の狭さもあり場所は伏せさせていただきます。
(許可済み)

後日サイトにてご報告いたします。

浄霊師 神島千尋

合掌


浄霊師 神島千尋 MysteryZone
相談ご質問お問い合わせ

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »