« 雑記です) 自給自足^^ | トップページ | どんど焼き »

2009.01.14

妖刀村正

960e4ea8.JPG

徳川家が嫌ったとされる刀「村正」
一般的なお話として有名なのが
祖父・父共の暗殺で使われたのが共に村正
家康自身も村正で指を切り
将軍家に不幸をもたらす妖刀と言われた。

知人の家に受け継がれている一振りがある。
親戚から「代々刀を受け継いでいる家は
良くない事が多い」と言われたそうで
その親戚に刀を譲ったそうだ。
その後平穏な日々になったそうだが
代わりにかどうか、今度はその親戚の家が不運続きになり、
1年ほど後、返しに来たそうだ。
拝見した事もあるが、何か宿っているなどと言う事はなかった。
武士は刀に神格を視る
場所を選ぶのは人ではなく神仏ならば
戻って来るのも自然の流れ。

さて、子、信康が敵通の嫌疑をかけられ自害するが、
その際介錯に使われたのも村正であった。
村正を持つは将軍家への反逆とまで言われ
故に敵方武将は皆村正であったと言われている。

しかし家康本人は、その切れ味の良さからか村正を
とても好んでいたそうだ。
妖刀も後の世の創作だそうだが
戦国の世は、それぞれの武将自ら帰依する神仏に
敵方打破の願を命をかけて行っていた時代
その無念の強さは今に残るも当然といえましょう。

合掌
浄霊師 神島千尋

|

« 雑記です) 自給自足^^ | トップページ | どんど焼き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑記です) 自給自足^^ | トップページ | どんど焼き »