« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009.03.31

減量も修行?

97c64a92.JPG

いつもそうですが
この時期は減量期間なのです^^。
収穫の秋から冬越えの間の蓄積を
一気に落とすのですが
今年は2月半ばからはじめて

一ヶ月半で
8,5キロ減。
標準に入りましたが
安定するまで
2,3キロ戻るのが人の体。
ですので後
2,3キロ減で止めます。

ちょっと余談
体を絞ると感覚が鋭くなると言いますが
それ本当です。
霊的な感覚も変わったり強くなったりする事もありますが、
ですが経験上それは役に立ちません。
役に立たないのは、それを活用できるかどうかでの話です。
そこを高めていく努力を怠らなければあるいは。

話し戻って、
何を食べているかと言いますと^^
朝食は目玉焼きとトースト
昼夜は蕎麦と豆腐(湯豆腐半丁)です。
ダイエットは蕎麦に限ります。

さて、暖かくなってきました。
毎年庭先に2,30こほど
顔を出すふきのとう。
今年は採りそびれました^^。
今しばらくは急に冷え込む繰り返しで
体調を崩しやすい時でもあります。
ご自愛ください^^

| | コメント (0)

2009.03.29

新相談室準備中

316585ad.JPG

相談室移設に伴い
あいている時間で
新しい相談室の大掃除をしていますが
いやいや・・・へとへとの最近^^。
出入り口を新しく作る工事が
来週始まりますので
それまでに出来る事はやってしまいたい
と思っているのですが^^;
佐久平駅前の相談室は現在御座いません
新しい相談室は4月半ばには開設できる予定です。
座禅や瞑想などをしたいと言う方が
沢山いらっしゃいますので
どなたでも自由にお使いいただける
スペースも設ける予定です。

場所等その頃またご案内いたします。

| | コメント (0)

2009.03.26

金縛り

56af0f42.JPG

いつでしたか
つい最近人生で2度目の
金縛りにあいました^^。
1度目は1年ほど前でしたか
それまで金縛りの経験が
無かったものですから
どんなものか経験したく
自ら願ってなったのですが

今回は普通に^^襲われました。
怖いイメージは無く
どちらかと言えば楽しい感覚(不謹慎?)でした。
と言うのも、まず凄い振動音にようなものが
頭の中を駆け抜ける繰り返しから始まったのです。
脳にぶんぶん響きながら抜けていくような波動とでも言いましょうか
まるでF1の過ぎ去る音の繰り返し。
うとうとしていた所でしたので目をとじたまま
これは凄いなとしばらくそのままでいたのですが、
一定の音程に飽きてしまい「もう少し高音で」と念ずると
音程が上るのです^^。結構長い時間その繰り返しだったと思います。
そうこうしているうちに、その奥から女性の声が聞こえました。
そして直後に金縛りになりました。
解き方は前回経験しているので鍵を当てればポンと解かれます。
鍵はいつでも心に置いておけば良いだけです。

多くの人が金縛りから長時間解けない理由の一つに
その状態の時の心にあります。
おそらく恐怖心が全てを支配している状態にあるはずです。
動けないと言う非日常的な状態の中で平静でいる事は難しいですよね。
そして今回分かった事は、意識の中で思う事は
その通りになっている事です。
つまり、金縛りに霊的な恐怖シーンをイメージしていると
イメージの通りになると言う事です。

今回私の金縛りは明らかに霊的なものでしたし
その意味も分かりました。
それを増幅させるのは結局自分のその時の心です。

サイトではありませんので掻い摘んで書いてしまいましたがご了承を^^。

| | コメント (0)

2009.03.25

邪気祓い (その一

e092c4ce.JPG先日出かけた先で
撮った写真です。
この地(神社)に関わる
古い方々のようですね。



~~~~~~~~~~
友人同士で会社を立ち上げ
たった2人で年間の
売り上げが数億となり
その業種では他の追随を
許さないまでに大きな
会社に成長させた方がいました。

3年後、共同経営の一人が勝手に
会社の資金を他へ流用、その1年後、倒産。
流用した本人は夜逃げ、
残された方は全ての負債を背負い
各方面の債務者から監禁までされるほどの
追い込みを受けつつ
自宅はもちろん財産全て競売となり・・・>>>
続き

浄霊師 神島千尋 MysteryZone
相談ご質問お問い合わせ

| | コメント (0)

2009.03.21

石仏

0cce99cb.JPG

各地に赴く時
人目につかない
場所にひっそりと
姿を見せる石仏さまに
出会う事があります。

亡くなられた方の為に
拠所として建てられた
仏さまであったり
戦死された方々の慰霊であったり
村や地区の守りであったり
時には多くの無縁さまが眠る土地であったり
戦地であったり。

どんな謂れがあるかを存じずに
石仏があったからと願い事しか考えていないと
時には痛い思いをする事もあるやもしれません。

例えば以前
「確か山を守るお地蔵さまがあったはずです」と言われて
登ってみたら、阿弥陀さまでした、しかも墓地です。
つまり、極楽浄土の阿弥陀さまとして安置されていると言う事です。
諸仏諸菩薩さまも化身と広い意味で捉えれば
決して間違いではありませんが^^。

なぜそこに置かれているかを知ると
その昔、どんな事があり何を思っていたかを
”なるほど”と、紐解くように知る事が出来ます。
大切なのは、そこで終わりにしてしまうのではなく
それを、そう言う心を後世に伝え残して行く事が
敬い感謝する心を思い出す事になると
私は浄霊師として感じてなりません。

| | コメント (0)

2009.03.20

わかってはいるが出来ない^^;

3315d4d9.JPG

以前浄霊した方がおりました。
先日、相談があると言う事で
1年ぶりにお会いしたのです。



霊感の強いその方は
度々影響を受け、体調を崩し
仕事も出来ずに寝込む事がよくあったそうですが
浄霊後は、寝込む事も無くなり
仕事も順調で、良い話を頂く事が多くなったそうです

所が、最近急に物音や金縛りにあうようになり
相談に来たのです。
ご本人は、生霊ではないかと感じていたようでしたが
生霊ではなく近い存在のご霊さまでした。

最初の相談の時、家にお仏壇が無く
別に進めた訳ではございませんが
ご自身の考えでどお仏壇を迎えたそうです。
そして日々手を合わせていたそうです。
本来すべき事を最初にお話していたのですが
どうしても出来ずに、そこを飛ばしていたようです^^
お話したら、ご自身でも分かっており、
穏やかなお顔で帰られました。

同じく別の方でやはり2度目の相談に来られました。
「自らの願い事だけになっていませんか?」と言うと
ハッとしたように下を向きました。
確かに、苦しい事や願望のみの思考となっていたようです。

自分が何をしてもらうかではなく
自分に出来る事は何か。
そう考えるだけで、解決する事が沢山あります。

浄霊師 神島千尋 MysteryZone
相談ご質問お問い合わせ

| | コメント (0)

2009.03.17

みあかし

先日の後輩の披露宴
キャンドルサービス
毎朝灯す灯明と同じで
心が温かくなります。

お幸せに^^。

僭越ながら乾杯の音頭をとりまして
久々に緊張をいただきました。

良い披露宴でしたよ。

実は同時刻、軽井沢で同級生の披露宴がありまして

てんてこ舞いの
めでたい日でした。

| | コメント (0)

2009.03.15

感受性

147e594f.JPG

ある女の子のお話です。

その少女は、いつも胸の苦しさと
頭痛に見舞われていたのです。

ですが強い魂を持っていました。

それは、彼女の発する気の強さが
それを表していました。

霊的な影響を受けている訳でもなく
悩みがある訳でもなく
環境も悪くありません。

それでも、一度体調を崩すと
1,2日寝ていなかえればならない程でした。

癒しの波動を感じた事はありますか?
母親の手かざしもそれと同じですが
彼女がそれです
そして、共鳴してしまうのか
意識で繋がると、ストレートに受けてしまうのです。
そして、相手は楽になります。

自らを守る術を学ぶにはまだ幼すぎます
純粋さは、今の世を生きるには大変かもしれませんね
でも、それを知る時
彼女の生き方は大きく変わるでしょう。

| | コメント (0)

2009.03.10

邪気祓いや浄化の効果

0ce213f8.JPG

私はその人の発する気を
感じる事で、今のその人の
状態をよみます。
浄霊や邪気祓いの前に
その方の心を浄化します
来た時、血の気の無い方や
心ここにあらずの方もいますし
負をいっぱい背負って
いらっしゃる方もいます。

とある相談者さまは、始から表情一つなく
何も口にせず、黙って私を見つめるだけの方もいます
ですが、全てを終える頃には、穏やかな笑顔となっています。

先日とある方に「なんでそこまで分かるんですか?」と
聞かれました。
分かっている訳ではありません^^
私は自分の信じるものを疑わずそこを機軸に
けっしてブレる事なく日々そこに心を向けているだけです。
相手様を前に話しをする時
必要な事
伝えるべき事
それらを必要な時に言葉として出ているのだと感じます。
つまり、私ではなく、私を応援くださる存在から頂く
答えをお伝えしているだけなのです。

でもね^^
あまりに強い負を受けている方とお話しする時
来る前から、体に痛みを感じる事があります。
それは来られる方の痛みなのです。
そう言う時の方は、ほぼ例外なく心と体のバランスが
完全にずれています。
歪みとして感じるのです。
そう言う方は心身のバランスを取る意味で、気を通し
浄化させて頂きます。
すると皆さん体の軽さと、視界のスッキリ感を話します。
自然に明るい笑顔にもなります^^。

心身のバランスは、様々な要因で崩れますが
そう言う状態は、心の安定も失っているものです。

鮮やかな景色を目から頂くという事って大切です
それは心の光の元ともなります。
心の光っている人は、良い気を放ちます

それだけで、霊的なマイナスの影響を半減できてしまいます。

| | コメント (0)

2009.03.09

お蕎麦

02d1b18e.JPG

なんだかんだ言いながら
雑記ばかりじゃないか、
と言うご意見は
しっかりスルーの方向で^^;

午前の相談者宅から帰宅し
お昼にも少し早い時間帯(11:30)
そうだ^^!と思い出したのが粉
年末にそば粉を頂いていたのです。

私は主食が蕎麦なのです。
なぜ主食が蕎麦かと言う話しをし始めると
10年前の話からしなければなりませんので
端折りますが、半年ほど前から
ちょっと米主食に戻していたのですが
2月からまた蕎麦主食に戻しました。

蕎麦は完全栄養食と言われ、
その割りにカロリーが低く
ダイエットにも最適なのです^^よ。
正直申しますと、
蕎麦主食を1年続けた結果
最終的にはトータルで
46キロ減を経験した私です。
血圧を下げたい方もお蕎麦ですね^^
(経験上、そして私感ですあしからず)

さて、午後の浄霊予定は1時ですので
3分クッキング調に進まなければ・・・
だって粉なんですもの。

鍋に粉を入れ水を少々、リズム良く均等に。
なぜ鍋なのかと言うと、
洗い物が少なくなるからです
そのままその鍋でゆでれば一つですみますし。
その後一気にコネに入ります。
真っ白の純なそば粉なので
時間をかけたい所ですが、ここもさらっと流し
新聞紙広げて粉をまき、生地を伸ばします。
打粉はめんどくさがらず(くっついたら台無しですので^^)
重ねて切る。
コネた鍋で茹でて冷水で〆てできあがり。
ここまでで20分。
つなぎ無しなので、多少細かくなりますがまあまあそこはね。
ひとりで「うん、おいしい^^」とぶつぶつつぶやきながらモソっと頂き

、でこうしてブログ更新までして、相談者の予約時間30分前^^。

浄霊師の20分クッキングでした

| | コメント (0)

2009.03.05

春告鳥

昨日の相談者さまが帰り際
思い出したようにお話くださいました

「今朝、知人の野辺送りの朝だったのですよ」 と。

そんな折
このブログで時折コメントくださる方から
「癒しになれば」と、その方の趣味のお写真が
添付メールとして届きました。
その画像を見て驚きと
心の隙間に最後のパズルがはまるような感覚になりました。

e8e2f3f7.jpg







いつも心の中で繰り返している歌があります

____________
衣笠の古寺の 侘助椿の
たおやかに散りぬるも 陽に映えて
そのひとの前髪 わずかにかすめながら
水面へと身を投げる

鏡のまどろみの くだかれて
錦の帯の魚の ふためいて
同心円に ひろがる紅のまわりで
さんざめく わたしの心

春の夢 おぼろげに咲き
春の夢 密やかに逝く
古都の庭先 野辺の送り
ふりむけばただしずかさ
____________

さだまさしさんの「春告鳥」と言う歌ですが
この歌は、なんと言いましょうか
歌であって歌を越えていると感じます。

ここまで言葉と世界観が一つとなる歌は
そうは無いと思います(私感です^^もちろん)
そもそもこの歌の中のお相手は
この時すでにこの世には
いないのではないかとさえ感じるのです。
YouTube 春告鳥検索で聞けます

お送りくださったお写真が
私の心のイメージとあまりピタリと合いすぎて^^
びっくりしました。
この方にインスピレーションを送ってくださった
ご霊さまにも感謝です。

ここでは全て載せられませんので2枚だけでお許しを。

今回東北方面での心霊のお仕事に際し
とても精神的な力を使った後でしたので
このお写真で癒しを頂きました
お礼をかねてご紹介させていただきました。


合掌 神島千尋

浄霊師 神島千尋 MysteryZone
相談ご質問お問い合わせ
浄霊師神島千尋体験談ブログ HIRO'g

| | コメント (0)

2009.03.04

雑記を一つ

東北から戻っていきなり

心折られました・・・

何も私の車の上で
密会しなくても。

しかも

ぬかるんだ泥を詰まらせた
そのにくきゅうで
喧嘩かじゃれあいか

ご丁寧に何度も
すべってるし・・・・



2a272154.JPG







ははは

はは
ははははは・・・・・はあ^^;

さて。

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »