« 霊の拒絶 | トップページ | ちょっとご紹介 »

2009.07.21

心霊写真№7

Ghost5521_2 多くの人の血が
流れた時代がありました。
自分の思いを内に秘め
気丈にその時を生きた方々。
その想いはいまだに消える事なく
いっそう無念の形として
時に意識の中へ
時に造形に意思を重ね
時に気中の霊的物質を使って姿を模し
背負っている苦から逃れられないでいる。

そんなご霊さまと相対する浄霊師は
いつでも命がけなのです。
人の気持ちですから、溺れる者はわらをもつかむ
そのままです。
死してなお守ろうとしている、その一念のみの存在であれば
来る事を拒みます。
どんな手段を使っても拒絶します。
そこへ入っていかねばなりませんので
思いもよらぬ出来事が起こるものです。
まるで入り口から中に入れないように・・・。
一歩間違えると命にかかわる事も何度も経験しておりますが

ありがたい事に、怪我ひとつしません^^
ただただ、合掌です。


心霊写真№7>>>

先日安曇野に参りましたが
良いところでした^^
おだやかな気の流れる平地と囲む山々
良い縁をたくさんいただきました
私の住む佐久市とは気質は違いますが
似たものを感じました。

合掌
浄霊師 神島千尋

|

« 霊の拒絶 | トップページ | ちょっとご紹介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霊の拒絶 | トップページ | ちょっとご紹介 »