« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009.08.31

小さな心

957223ac.JPG

残暑厳しいこのごろですが
季節の変わり目に入り
物事の流れも変わりつつあります。

ある幼いお子様を持つ方とのお話の中で
幼い子供の敏感さに驚く事が多いとのことでした。
子供の感性は、大人の比ではありません。
大人以上に子供は分かっておりますし感じております
ですが、気を使うのです。
わからないように、心配かけないように
小さな心の中に必死でしまいこんで擦り寄ってきます。

子供は仏さまであると良く言いますよね
自分もそうです、家族も友人も他人もそうです。
動物も植物も有情無情すべてそうなのです。

子供は敏感です
おこさまが何かをあなたに渡したとしたら
その意味を考えてください。
なぜ渡すのかを。
仲良くして欲しい、ただそのために
手作りで一生懸命作ったのです。
自分に出来る精一杯の事を一生懸命しているのです。
心全てをそこに込めて。

さて本日は東京
台風大丈夫かしら^^; 

合掌
浄霊師 神島千尋

| | コメント (3)

2009.08.30

ごみから大金

3e1db47a.JPG

心霊写真ばかりでは
オカルトブログに^^;
なってしまいますので

やんわりと一枚^^)

手の空いている時に
彫りものの工房をつくっておりまして
建材にて木粉症に陥っております・・・。

ニュースで回収ごみから大金が出てきた話は良く聞きますが
先日知人が、自宅の倉庫解体していたら
封筒がいくつも出てきて、その中にそれぞれお金が入っていたそうな。
5万や10万単位の中、一つは100万以上入っていたそうで
全ての封筒に何のお金か記してあったそうです。
字はその方の父親のものだそうで、
おろした日時と目的が走り書きしてあったそうです。

すべてその知人あてのお金であり
走り書きの日にちと目的ごとに全て記憶があるそうです。
この年に車購入で資金難で頼んだ事があったとか
生活厳しくなった時に頼んだ覚えがあるなど。

隠してあったとかではなく、
本当に服の中やちょっとした家具の上などに
そのまま普通においてあったそうで
知人いわく
ちょっと置いたつもりで忘れたり
どこに置いたか分からなくなっちゃった感じだそうで
廃棄されたふるい家具の中から現金が出てくるのも
分かる気がする・・・と
今は亡き父親の気持ちをそういう形で知ったと
感慨深そうに

合掌
浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2009.08.26

神社仏閣 願い

b4aea4dd.JPG

神社やお寺に
参拝に行く事ありますか?
旅行先で参拝したり
ふと立ち寄りたくなり
参拝する事もあります。
目的があって行く事もありますし
毎年決まって行く方もいます。

どうあれ、そこで頂く縁を大切にするとよいと思います。
それぞれの神社仏閣の気や波動が
それぞれの雰囲気やイメージと感じるのですが
そこで祀られる神霊や仏様との縁をどう感じるかが大切と思います。
境内に広がるその神仏の波動や空気を頂いているのです。
その空間の中で手を合わせると、自然に感謝の言葉となります。
そしてそこへ参拝させていただいたご縁に感謝なのです。
そこを後にする時、やはり感謝なのです。

はじめから終わりまで、願い事やご利益だけで
願い事てんこもりもいけないわけではありません。
私の知人に願い事てんこ盛りの方がいます^^
でもこの方は全ての願いが人の事なのです。
だから受けるものも大きいですが
あらゆる面で、人徳を頂いています。
生きていく為に大変事において常に救いや助けを
頂くのです、これは本当にありがたいことです。

困ってどうにもならない状況の時
助けてくれる人が現れると本当にありがたい気持ちになります。

どこかの神社仏閣とご縁をいただいたとき
神仏様への感謝をした後、一つだけ願い事をするなら
「私をたすけてくれた方がいつも笑顔ですごせますように」

そんな神社仏閣巡りも素敵だな~と思うのです。

合掌
浄霊師 神島千尋
浄霊師 神島千尋 MysteryZone
相談ご質問お問い合わせ

| | コメント (0)

2009.08.25

オーブ 心霊写真

51fa51de.JPG

心霊のお話の中で
避けて通れないものに
心霊写真があります。
その中でも、そのほとんどが
写真でしか確認できないものに
光や発光球体として写る存在
オーブと言う霊的な
現れ方がございます。
このお話をしようと思ったのですが、
その前に心霊写真について
少し話をしながら
オーブに繋げていきます。

心霊写真といわれているものの多くが
そう見えるだけの錯覚であったり検証してみると
そこにあった別のものがそう見えていただけである事があります。
ところが、そこにあるそれが霊に見えていただけとしても
そう見えるであろうとそこに自らの気を重ね必死で訴えていたとすると
そう見えるだけの物が、
どうみても「そうとしか見えない容姿」となる事もあります。
とはいえ
物事には捉え方があります
否定も肯定も双方が存在してバランスなのです。
だからどちらも大切な考え方なのです。
どちらの捉え方をするにせよ、自分の心で感ずる事が大切です。
だれかがこう言ったから、ではなく、自分が自分の心の中で
その時その時の答えを見つけて行けば良いのだと思います。

たとえば掲示の画像
通常の状態ですと分かりづらいので、
画像処理でコントラストをあげて
強弱を強くするとその姿がはっきりと見えてきます。

さて、霊は存在します^^)
お写真にも写ります
ですが一つ注意を申し上げおきます。
心霊写真を撮っている方で、
目の違和感や痛み(まぶたの腫れや眼病含)、
片側のみのキンキンする頭痛を感じる方は、
霊的な警告と思ってください!

さて、オーブと言われる発光体が写ることがあります。
オーブについてはwebサイト(神島千尋のMysteryZone)でも何度か
書いておりますが、その多くが、ちり/ほこり/虫/水分、
またレンズの特性を含む反射によるものがとても多いです。
オーブ写真の7、8割は反射であるとも言えます。

ですが、意思を持つ光の球体が写る事も事実です。
一つは神的な波動が写真に写る時は大きな光の球として写る事があります。
また、良き波動の強いご霊さまも球で写る事があります。
これは通常のオーブとは異なり、乱れが無く、
ある種幾何学的な流れを帯びているものです。
明確な意思とその存在感で輝きもとても強く現れるものです。
その波動により大きさも光の強さも色も全て違います。
霊格の高いご霊さまがオーブとして写る時
そのご霊さまと縁の深い人、もしくは場所での
大きな流れの転換期として写ることもよくありますね。

通常のオーブは、霊的な現れ方の一つでもあります。
ですが、敏感になりすぎてもいけません。
お写真を撮ったら光の玉が写った・・・
自分の何かあるのではないか・・・
と考えたとして、現に今何か起きていますか?^^)

これから先何かあるのではないか?と考えたとして
まだ何が起こるかわからない先を心配しても意味がありません^^。
オーブにも意味はありますが、その意味に囚われてしまっては
本来今を生きるために一生懸命にならなければならないはずの
自分が、違うところで余計な悩みを抱える事になります^^)

さてどうしましょう^^ この話
続くかどうか分かりません^^気分しだい  w



合掌
浄霊師 神島千尋

| | コメント (5)

2009.08.23

リセット

a73f4e0e.jpg

水晶のブレスを
依頼者に発送しながら
ふと、自分のブレスの
疲れを感じまして
いやけっして忘れていた
わけではないのですが・・・^^;

今月より少し
流れの変化がございまして
気合の意味も込め浄化をした後新しく
組みなおしました。
そうそう、誤解の無いように言っておきますが
気合って、力を入れる事ではありませんよ。
根性とかパワー全開でぶつかるとか、そう言う気合ではなくて^^
気を合わせると書いて気合です^^;

私のブレスは長いつくりにしておりまして
3重にして使うようにしています。
万が一、参拝などのおり数珠を持っていない事が
あったとして(ないとはおもいますが)
代わりがつとまるようにもと。

ところが良くしたもので
浄霊師としてではない用事での出先で
浄霊師としてお話する場面が良く生まれるのです^^。
そんな時頼りになります^^。
私が作る水晶のブレスはとてもシンプルなものです。
良い石を素直に組上げ、浄化し不動尊の祭壇にて安置
その波動を込め封印します。
ですので封印を解き最初に手にするのは
必ずご本人である事をお願いしております。
最初に手にした方の波動を覚えるからです。

これは他の物にも同じ事が言えます。
同じ包丁を二人の人が一緒に購入したとします。
それぞれ自分の包丁として使っていたものを
交換して使ってみると、一緒に購入した同じものなはずなのに
使いずらいことに気がつきます。
使い手の気がそうさせているのです。
めんどくさいな~なんでこんな事を・・・
といつも考えて使うものは風化も早いですし壊れやすくなります。

もう数十年も前の古い機械ですが、
いまだに現役で元気に活躍している場面を良く見ます。
そこには使い手の愛情が入っているものです。

新しいものが欲しいと考えて、まだ使えるそれを
壊れてしまえばいいのに、と念を送れば壊れるものです。
それが人の想いの強さであり、マイナスに使えば呪になります。

あくまでたとえ話ですよ^^)

合掌
浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2009.08.21

大切なこと

9a706985.JPG

目を閉じて感謝を思う
今その時の想いに
内なる光が輝きます
その瞬間に広がる波紋は
一瞬で全ての世界に届きます。
距離や時間はそこに関与しません。

肉体を持つ人としてのこの世界での概念は
心の世界では関係ないからです
ですが肉体と心は一つとして個を成しております。
それがバランスを持って
今ありがたく人として生きているのです。
どちらかを優先して
一方をおろそかにすると歪みが生じます。
本当は良くないと分かっている心を鈍感にさせて
したい事を優先させると、
それをしている体の世界に影響を出しますし
その逆もまたしかり。

目を閉じ
心でそちらの情景を頂きながら 静かに目を開く
変わらぬいつもの場所でゆっくり一呼吸すると
自然に笑顔になるものです。
たった1本のお香が・・・
続きはこちら

合掌
浄霊師 神島千尋
浄霊師 神島千尋 MysteryZone
相談ご質問お問い合わせ

| | コメント (2)

2009.08.20

夢のあと

fa04bac8.JPG

先日大学生が
座禅をしていきました。
初めてとの事でしたが
良い笑顔で帰っていきました。






人それぞれ想いがあり
その人それぞれの
心の方向があります。
右に習えで同じ感覚は個を無にします。
なぜ今それをするのか
しっかり自分の中で意義を見い出しての行動なら
例え関係の無い今の行いも
後の結果への途中であり
必要な事とも思えます。

やりたい事と今している事のギャップから
気力を失っている方が多いように感じます。

これから全てがシンプルに戻ります。
本当に大切な事や本来の姿を見つけなければ
戻る流れの中に飲まれてしまう時代となります。
大きな転換期はチャンスでもあります。
私はそう感じて今を生きております。



お盆はやっぱり騒がしい季節です
そこで終わればよいのですが
濃い密度の中で引き入れてしまう方や
ここぞとばかり一気に囲まれてしまう方がいます。
緊急依頼で飛び回っております^^

何でしょう、本当に年々影響が強くなっていますね。
それだけ近年の時代に縛られた魂が多くなっているのでしょうね。
どれだけ入られているかと言うほど
相談者さまから抜けていく複数の霊。
今しばらくその余波の中で走りそうです。


ここ最近急に不調はないですか?
もしかしたら  ・・・・

合掌
浄霊師 神島千尋

| | コメント (6)

2009.08.17

dde14df1.JPG

想いの強さが
大きさで現れる
事もあります。

地域を包み込むような霊気の中に身をおいた時
たとえば一つの例として
古くはよそ者を受け入れないと言う
場所があったとします。
その習慣の中で亡くなり世代が代わり
受け継がれまた世代が変わり・・・
そんな歴史を積み重ねの中で
その地に眠る魂は、体は無くともその想いが
一つの大きな意思として気にように
流れているとします。
その流れの中に身をおき
除霊などをすると、拒否される事があると思います。
まあ、現代社会において
そのような事は絵空事に感じる方もいると思います
ですが^^
あるのですよ、ミステリードラマのような事も。

お写真は説明する必要もございませんね。
そのまま、顔です。

合掌
浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2009.08.16

霊能力

afa59066.JPG

霊感とか
霊視とか
霊能力とか
何か特別の力のように
感じている方が


多いようですが霊感は基本的に
誰もが持っているのですよ。

それが人です。

人は体を持って、人の決めた時間、ルールの中で
今を人として生きております。
その決まりごとの中で目に見えない心の世界を
見ようとどんなに努力しても見えません。
だって、人の目には写りませんもの。

もう一度言います
人は体を持って今を人として一生懸命生きております。
霊の世界は魂の世界です。
魂の世界とは、心の世界です。

心の世界とは、
目を閉じ体の動きを止めてもの想いにふけるとき
一瞬、雑音も体の痛みも忘れ
自分の心の中で瞑想する世界に
意識だけで存在しあたかも
体験しているような空間に入り込んでいる時
それが心の世界です。
その瞬間に体感しているように見ていた映像を、
その後あらためて目で見ようとして見れるでしょうか?

目で見れるものの中に、
物から発している色の残像があります。
ぼ~っと物を見ているとなんとなく視野に入っている
それぞれの造形物から何か色合いが
造形物のラインを超えてまるで
オーラのように包んでいる色合いとして
見える事があります。
これは人も同じで、時折これを見て
その人のオーラは何色ですと言われる方がいます。
たいていは着ている服や
その人のその時の全体の色合いからの
バランスイメージの色となっている事がほとんどです。

オーラを視るとき、その方の発する気や波動、その方の繋がり
(守って下さっているご霊さまの持つ色合い)も含めて
頂く(浮かんでくる)色合いがそれになります。

ただ花などは、素直に気を発しておりますので見ようと思えば
まあ相当の集中力と霊的な感性は必要となりますが
目で見えない事は無いと思います。
発する気は「放出」と言う特性から規則性を持っていますから
たとえば霧や気象条件により見える事もあります。

霊を目で見る事から入ると
マイナスの影響ををはじめから受ける事が多く
それを上回るための力として真言や苦行で
自らの気を高めていく事も霊力を高めるなら
草花の気を感じながら、自然の流れを理解していくだけで
前者を上回る霊力を持つ方もいるのです。

自然の流れを理解するものは、
わずかな苦行で力加減の大切さを身をもって学びます
霊を感じたくて苦行をしているものはどうにもならない壁に倒れて
初めて目の前の草花を目にします、
そこからやさしさを学ぶのだと思います。
つまりそのひとにとってそれは必要な事であり
どちらも大切なのだと思います。


合掌
浄霊師 神島千尋
浄霊師 神島千尋 MysteryZone
相談ご質問お問い合わせ


| | コメント (0)

2009.08.15

心霊写真

ghost今の時期
人が大勢集まる場所などで
人の立ち入れない
ちょっとしたスペースなど
お写真を撮るとご霊さまが
時にはタイミングで
写る事もございます。
写されるのを知っていますから
自ら写る事もありますが
肉体を持っておりませんから
姿を形作るには
それを成す要素が無ければ
映像として確認はできません。
私もそうですが霊能者や心霊のお仕事に携わる方は
霊をしっかり認識できなければそもそも成り立つお仕事ではありません。
視えかたや感じ方はそれぞれまったく違いますが
たとえば私は浄霊師としてカメラのシャッターを押した時
霊が写った時は分かります。
それはデジカメでもフィルムでも関係ありません。

スタッフさんと行動している時
たとえばお焚き上げの後での撮影などでもそうですが
撮影しながら、何が写ったかその時その時話します。
話をしながらすでに次の場面のシャッターを
押している事も多いです。

もし心霊写真を撮るつもりで写してるなら
最後まで責任を持つ事
霊を写す目的で撮影し、霊が写ったとします。
それをたとえばパソコンに取り込み
画像を小さくしたり必要の無い周りを切り取りしたりなど
編集している時、明らかに違和感のある周囲の音や
自らの不調を感じる事があるはずです。
霊を意識して撮ると言う事は
霊の世界に心を置いている事であり
そこを意識していますから、そちらとしては
その時を逃さない存在もいると言う事です、
それを承知でしているのと同じですから。

肩の痛みや重さ、背中の部分的なつるような痛みなどは
しばらくの間いたし方ないと思います。
それで済むならば楽なものです。
(中には激痛で呼吸もできない事もございますが・・・)
10日~2週間ほどで抜けていく事が多いとは思いますが
繰り返しは抜けなくなります。
オカルト好きの方はこの時期気をつけましょう^^;

合掌
浄霊師 神島千尋

| | コメント (5)

2009.08.14

お盆

2cf3503a.JPG

お盆ですね
皆様どう
お過ごしでしょうか?
お仕事なさっている方も
多いかもしれませんね
お疲れさまです。

各言う私もこの期間
毎年緊急除霊や浄霊要請を頂きますが
今年はお盆中も普通に
相談予約いただいておりますので
いつもと変わらぬ日々でございます。

さて、この時期、特にお盆の前後は
密度が濃くなる感が強いです、何でしょう、
空気中の霊的物質とでも言いましょうか
妙に色濃く感じるのです。
通常目に見えない物質ですので
肌で感じていただくしかないのですが
この濃度が濃いと言いますか密度が濃いと言いますか・・・
表現難しいですが、要するに色濃くなると
重く感じるのです。

快晴の原っぱに一本の大きな木があると
そこだけ日陰ができますが、
晴れ渡るまぶしい原っぱに変化はございません。
森になると、木漏れ日がまぶしく感じますが
全体的には木陰の涼しさが視界を包みます、心地よさとして。
深い森林となると、緑も深い影色が入ってきます。
重い空気とはそれに近いものがございます。

お祭りや盆踊りなど、昔から行われている行事も
近年あまりみなくなりました
そもそもお祭りも盆踊りも、神事であり戻られたご先祖さまの
ご供養として人々が歌い踊ったものです。

まずはののさまご先祖様に、
と言う気持ちがうすれつつある現代
実家でのお墓参りや、お仏壇、
また迎え盆の祭壇を前に手を合わせる時、
改めて大切にしなければならない事を
ふと心に想い浮かべる
そんな空間になると良いですね。

合掌
浄霊師 神島千尋
浄霊師 神島千尋 MysteryZone
相談ご質問お問い合わせ

| | コメント (0)

2009.08.11

負の流れとは。(邪気)

d62888c6.JPG

負の流れと聞いて
何を思い浮かべますか?
邪気やマイナスエネルギー
またはネガティブ思考?
一度マイナスの
流れに入り始めると
なかなか抜けれない経験は
誰にもあります。
「最近ツイてないな~・・・」
と思うそれ。

たとえばスポーツでもこちらに流れを引き寄せると良く耳にします。
その時の流れは説明できなくとも確かに存在しています。
あの瞬間から、あの回から流れが変わったと言う時
片方から片方へツキが変わったように感じます。
どちらがその流れを引き寄せるかの駆け引きが
心の世界でも行われていますので、ころころと流れが変わる事がありますし
はじめから安定して片方に流れが傾く事もございます。

ここでは厄介なマイナスの流れの一例をお話します
成仏していない霊がある所に居たとします。
その霊にとってあなたは迷惑な存在だとしましょう
スポットを荒らしたでも霊的影響を受けている方を
親身に心配し助けようと考えているなど設定はどうでも良いです。
にらんでも唾はいてもあなたがその行動をやめない時
本気で拒否してきます。
その時受ける影響がマイナスの強い気だったとします。
霊にしてみるとうざい存在となりますから本気でつぶしにかかります。
マイナスの気をストレートに受けたあなたは
自分を守る流れを作っていなければ
事故や怪我など当たり前と言って過言ではありません。
そして意思を持って受けるマイナスのエネルギーは
身の回りを包んでいます、これがどう言う結果を招くかと申しますと
たとえば、車を運転していると相手の車が突っ込んで来そうになったり
動物が車の前に飛び出して轢きそうになったり
ありえないタイミングで生き物が引き寄せられるように出てきます。
たとえば鳥が飛んできて巻き込まれてしまったり。
マイナスエネルギーの流れが周りを覆っていると
自然に負に巻き込まれていくからです。

これを「自分で逆転する方法」が一つだけございます。
無理にでも良いので自分で自分に都合よく
プラスに言い訳してください!
起こった事を悔いても戻せません
何でこうなってしまったのかをいつまでも考えている所に
マイナスの罠が待っています^^)
そんな罠にわざわざはまってあげてどうするのでしょうか。

起こった事は自分に起こるべくして起こった事である
落ち込むのではなく、必要があったとしたら
そこから何を学べと言っているのかに意識を向けるべきです。
必ずプラスに捉える結論を導けます、そしてそこでその事は終わりにします。
はじめた事に終わりを迎えるのです。
すると心にケジメがつきます。

するとマイナスの流れは自然に消えていきますし
次に受けたとしてもそれほど影響を受けなくなっていきます。
その繰り返しがいつしか当たり前になり
良い流れを多く受ける方向に転じてきます。

合掌
浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2009.08.09

無題

9f554726.JPG

それぞれの方が
それぞれの環境の中で
それぞれの結果を
生んでおります。

時折、お話を聞く時に
昔の自分を思い出す事があります。

結局自分の気持ち一つである事
その決断をできなかった弱さが
人としての生の中で10年遅らせた事
今思えばもっと早くそこに気がつき
行動をしていればと悔やんだ時もありました。

欲で走った10年、その結果の10年、
この経験はとても大きかったと思えます。

あの頃、いかに今を楽に生きるかがテーマでした。
今は10年後、どう生きているかを
成しえる為に今がんばっております。
自分のためではなく。

昨日、仲間が二人カキ氷機を持って遊びに来ました
それを見た近所の方々や子供さんたちが集まってきて
食べたいだけカキ氷をほおばっておりました。
一人はMZスタッフの順君ですが、
機械も自前
氷も自前
大量のシロップも自前
容器もスプーンも自前

子供たちが楽しんでくれればそれで良いただそれだけの気持ち。
そういう心に良いめぐりが頂ける事を
彼は(無意識に)たくさん経験しております。

さて、暑くなってきました
と言いましても、私の住む長野県佐久市は
朝晩の冷え込みは相変わらずでございます。
深夜、寒くて目が覚めます。

合掌
浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2009.08.06

除霊の裏で起こった奇跡!

コネタマ参加中: 思わず冷や汗をかいた経験を教えて!【ココログ選手権】

7b86a0f5.JPG

緊急除霊の依頼のため
休暇のスタッフさん宅まで
迎えに行き強引に連れ出して
現場まで遠征したのですが・・・



緊急除霊の内容はお話はできませんが、
実はその裏で起きたある奇跡をひとつ。

こうしてこの話を書けるのも、奇跡のおかげであり
どう転んでも本来であれば
今頃大きな責任問題になっていたわけで・・・

スタッフさん、緊急でしたので
鍋を火にかけているのを
すっかり忘れていたらしいのです・・・@@!

午後2時にでて、深夜までかかったのですが
その間、鍋は煮込まれていた訳で・・・(ラーメンが黒い塊に変身)

焦げてはいたものの、思ったほどでもないと言う。
これってまさに奇跡。

火事にならなくて良かった、本当に!!

いや~気をつけましょう。

・・・・・緊急で連れ出した
私の責任も否めませんがそこはスルー

時事。

| | コメント (0)

2009.08.05

試されているなら負けない^^)

77c3ef47.JPG

新しく何かを始めると決意した時
それをするに適した時までの苦しみと
器とでも言いましょうか
それを試される事があります
たとえば新しく
スポーツをはじめるとすると
金銭的にも肉体的にも
苦しかったり、その行い独特独自の痛みを伴います。

神仏さまを大切に、毎日手を合わせてみよう、と決めたとします
一生懸命毎朝手を合わせているはずなのに
なぜかどんどん体が不調になっている気がする・・・
変な影響を受けているのではないか・・・
やめたほうが良いかも・・・・・ 
続き>>>




合掌
浄霊師 神島千尋
浄霊師 神島千尋 MysteryZone
相談ご質問お問い合わせ

| | コメント (0)

2009.08.04

後ろからすさまじい数の霊気

62340c1a.JPG

ひっそりと座す石仏
通り過ぎてから
どうしても気になり戻ってみる。

石仏さまから置くに獣道が続いており
やめれば良いものを・・・
進んでみる。
そのまま山道になっており
うっそうと生い茂る草やつるの群生の中
目の前に赤い鳥居。
手を合わせくぐりながら
その先の社までわずかな登り参道
見渡す限りの静寂
その裏に眠る想いのその多さに驚いた。

いくさに先立ち、奮い立ち酒を酌み交わす
そんなシーンがストレートに頭に入ってくる。
振り返り参道をゆっくり下る私の後ろから
それはそれは大勢の霊気が一気に押し寄せ
私の背中や頭を触る事といったら・・・。

鳥居を出ると一瞬で切り替わるように退いていく

蝉の声だけが響いておりました。

日本中にあるであろう、戦乱の名残
知られていない場所で今もその想いだけが
さまよっているのは確かです。

私たちは、今何不自由なく暮らしています。
この季節だからこそ、合掌とは何か
そんなことをちょっと考えてみるのに
良い時期かな~ と思うのです。

合掌
浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2009.08.02

身近なパワースポット!

6a097d92.JPG

忙しい時に限って
外に出て自然を写真として
撮りたくなります。
朝のわずかな時間や
ちょっとあいた時間は
ふっと外に出てしまいます

ふらふら^^とね。
遠くでなくて良いのですよ。
距離にして100メートル圏内で十分なのです。
結局いつも同じ場所同じ方向同じ周回になるのですが
毎回新しい顔を見つける事になります。
同じ種類の花であっても、
ぞれぞれ表情が違い
中には同じなのですが、
レンズを通すとどの角度から見ても
画にならないと感じる事もあります。
当然その逆もあって
まあ、お酒も飲みませんしタバコもやめた今の私の
人生で唯一の、癒しの時間です
  ・・・が、
一人で地面にしゃがんで
ぶつぶつ何かを言っている
変なおじさんにしか見えないでしょうね^^;

いいんです、それで。
パワー回復しなければ、体持ちません、ホントに。
花はね、純粋な気を放っているのです^^)
身近なありがたい、足元のパワースポット?

ちょっと雑記でした。

今のお写真です、よければどうぞ>>>

合掌
浄霊師 神島千尋

| | コメント (6)

光明真言

光明真言
おんあぼきやびろしやなまかもだら
まにはんどまじんばらはらばりたやうん

目を閉じた瞬間に自分をすでに包んでいる
無限の光を感じそして気がつくことが大切と感じます
心穏やかに、唱えてみるとよいと思います。
心の中に繋がる無限の宇宙を感したなら、
センスが良いです^^!

宗派によって多少言い方が異なりますが、
そこに縛られる必要はありません、大切なのは心。
そして、利益を求めるのではなく
たとえば、降り注ぐ光をイメージするならその光が
自分だけではなく
多くの人に届くイメージを持つ事が大切なのです。
物事の判断基準を自分側(内側)から
相手側(外側)に転換していく事、
これが幸運の近道です。

^^ 本当。

朝、座禅をしに来られる方がいます
経本、香をいただき(いただくとは浄化供養のことです)、
勤行を終えるのを静かに待ってくださいます。
その心がありがたいのです。

真言の意味?
ご自分で調べて見る事に意義があります。


さて、昔から厄介といわれる生霊なる存在。
時代の流れで生霊もさらにその憎念の強い存在として
現れる事があります。
ある相談者さまのケースでは
首から肩にかけて羽交い絞めのように
食らいつくようにしており、無呼吸すら起こしている。
血圧も高く、ちょっと危険を感じましたので
緊急で浄霊させていただいた事があります。
浄化後がご本人からだの軽さと、普段酸素を吸っているほどの
状態でしたが、自身の呼吸が楽になったとの事ですが
何度か浄化が必要な事をお伝えしました。
基本的に私は、相談者さまと何度もお会いする事はありません。
その中で何度かの浄化が必要と思う事態であったと言う事です。
生霊に関しては、当事者さまに戻りますが
今回相談者さまから離れた想いは
出た瞬間に光に転換しましたので、当事者さまに戻った時
その方自身に変化がある事と思います。
これは返しとは違う方法です^^。
生霊自身も気がついていないと思います。
自然に消えていきます、速やかに清流の流れのごとく。

ただ、この方法は何かしら媒体が必要であり
単独で動いている時は通用しません。
変な話になってしまいましたね
要するに、霊より念のほうが怖いのです。


合掌
浄霊師 神島千尋

| | コメント (5)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »