« これも仏縁?  ^^; | トップページ | 同じお位牌が二つ・・・ »

2009.10.09

不運不調の原因

5e0fe534.JPG

毎年外護摩で手伝って
くれる方です^^
(後ろ姿ですがw)
こちらでは誰もが知る
有名神社代々神主の
家系の娘さん。

先だって来られた
宗・神島(剣)両氏の到着前に
相談室に先に集まっていたのですが
その際「抜いてみたい」と言うので
渡しましたらこれがまた^^!
なかなか様になっておりまして^^)
まいりましたm(_ _)m

~~~~~~~~~~~~~~~
さて、前ブログ「これも仏縁?」に頂いたコメント(←参照)の中で

誰かと(特定の人ではなく)お会いした後に
 あの人と話しをした後から
 少し体調不良になったのは気のせい?と思う事が…
 それは私の考え過ぎでしょうか?
 ”

と言う質問がありました。
これについては、簡単な説明ではなく
少ししっかりとご理解いただいたほうが良いと思います。

気のせいの事もございます
たまたま体調の悪くなるタイミングで

会っただけの事もあります。
毎回その方とお会いすると
不調になるのであれば話は変わってきます。
それが原因となる要因として大きく3つに分かれます

1:暗示効果
2:波動の拒否
3:念

1は、そもそもはじめは会ったあと、
たまたま不調になっただけの事だったが
自分であの人と合った後から
あまり良い事がないと思ってしまう事による自己暗示。
人は心で思う事を実現できる力を
持って生まれてきております。
そして、それはプラスの思いより
マイナスの考えに方がよりリアルに心に描きやすい
人の心独特の習性に見事に流されている結果です。

2は誰もが持つ霊感で感じている部分です。
相手の放つ波動が自分と違いすぎたり、
心地よく感じないバイブレーションを持っているとき
無意識に避けたいと言う心が働きます。
「相手の放つ気」と「自分の気」が合わないのです
本来「気が合わない」とはこのことなのです。

3はそのまま、その時の心が相手に与える影響です
心は常に繋がっております、表情では分からなくとも
心はストレートに影響を与え合います。
相手が心の中で何を考えているか、
普通誰もわかりませんよね。
だからこそ、人は常に優しくあるべきですね^^)

さて、どれであるかは別として
不調になったから相手の影響と思うのですはなく
大切なのは、誰に会ってもどんな時でも
不調にならない自分の強い気を養う事が大切です。
心身のバランスが生む活力は活気となり
同じ発する気でも、良い気として
周りの人にも活力を与える事ができます。
良い気を出しているのですから、
当然周りは自然に笑顔が増えます。
だって穏やかな感じや
安心感を感じるわけですから^^)

そうするとね、周りに引っ張られて
自分もまた穏やかに笑顔になるわけです。
それがプラスのスパイラルであり
そちらから来てくれる良き流れの始まりです。
すると^^!
この良い流れに身を置いている人の周りには、
自然に良い縁が集まってきます
良い縁の集まりには、良い結果がでるのは当然であり
また笑顔に繋がるのです。

この頃には困難をマイナスとしての苦しさではなく
ありがたく思える事のほうが多くなってくるものです^^)

合掌
浄霊師 神島千尋

|

« これも仏縁?  ^^; | トップページ | 同じお位牌が二つ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これも仏縁?  ^^; | トップページ | 同じお位牌が二つ・・・ »