« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009.11.27

心の鍵

33247e97.JPG

目に見えない世界への感謝を、
心で感じている方は
誰が見ても同じに感じるのです。
心が揺れる事がありませんので
穏やかに安定している
波動を放っています。
ですので、
自然の中に常に満たされている
プラスの粒子がその波動に・・・

続きはこちら>>>


合掌
浄霊師 神島千尋
浄霊師 神島千尋 MysteryZone
相談ご質問お問い合わせ

| | コメント (2)

2009.11.21

原点

5d3e5497.JPG

誰も知らない山の奥深く
絶やす事無く日々
ただ出来る生一杯を
する方がいる。

そんな一つ信心を
知る人など一人もいない。

水源はその気を宿し
少しずつ少しずつ
絶えることなく
ゆるぎなく
湧かせ
地の利を得て
ゆっくり大きな流れへと
繋がっていく。

どこかに歪が出来ると
流れは滞り
その余波が
弱いところに影響を与える

決壊

人は流れを大切にします・・・
見える世界の流れを。

一生懸命努力しているのに
出来る限りを尽くしているのに
なぜ苦ばかりなのか・・・

もしそう感じているなら
見えない世界の流れも
少し意識なさると
よいかもしれません。

見慣れた足元の溝の水が
元はそんな気を宿した
一粒なのかもしれません。

合掌
浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2009.11.18

聞かないなら痛さで示す事も時にはあるのです。

さて、防波堤とは高波などから
内側を守るためのもの。
自分、家族、一族も同じ流れですが
それら縁者を守ってくれている
何かしらの要素があるとします。
それを超えてしまうもの、
もしくは崩して、崩れてしまう時
一度に全てが飲まれる事もあります。
時同じく次々重なる出来事であったり
驚くような一致を見せたりなど。

何とか持ちこたえていただけ
である事も多いのですが
そうなら無いように何度も何度も、
知らせているはずなのです。

受け取る側がそこに意識を向けていなければ
伝わりませんし、逆に捉えてしまう心となる事もあります。
そうなるとそれまでに起こった出来事も全て
マイナスに感じてしまいます。
たとえそうでない事も、全て関連あるように感じてしまいます。
そして、そこから考える結果に
悩んでいるなら・・・
まず、そうなっていない事に悩む必要はありません。
自分でそう思ってしまっている事が無いか
気がつく事もたいせつです^^)

合掌
浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2009.11.16

お線香

011 お香を焚くとき
皆様は
どのようにしていますか?
たとえば香炉で
お香を焚くとき
宗派によっても
献じ方の違いは
多少はありますが
とは言え、通常のお線香は

“こうでなければいけない”

と、あまり囚われる必要はないと思います。
菩提寺や縁のお寺さまでこうしてくださいと
言われたのであれば、それに習えば良いと思います。
そこは臨機応変に。

さて、お香はどこにもすっと行き渡るものです。
神仏様のご供養、そしてご先祖さまにも行き渡るように願う。

気持ちの問題ですので1本でも3本でも良いですが
お家の事情などであまり煙を出せないと言う方が
結構いらっしゃいます。
折っても構わないのです。
折るのは駄目と言われたから・・・とおっしゃる方がいます。
今のご時世です、例えば3分の1に折って火をつけ
香炉に立てずに(ささずに)横にそっと置いてみてください。
燃え残りも無く最後まで綺麗に灰になります。
そして、一箱が三倍長持ちする事になります。
ご供養は高価なものや特別のことが良いのではなく
心を向ける事が大切であり
何より続ける意思が試されているのです。

合掌

浄霊師 神島千尋

| | コメント (4)

2009.11.15

霊感と気の関係

Canvas1111人は誰でも
気を持っています。
その波動は
人それぞれなのです。

さて霊感の強い人と一緒にいると
霊感が強くなると良く言いますよね
それはこの気の影響によるところが
大きいのをご存知ですか?

たとえば会社
それぞれに雰囲気がございます。
不思議と会社の雰囲気は社員さまの雰囲気とつながります。
その空間の気の中でお仕事していますので
同じ気に包まれていますから当然と言えば当然ですが。

さて、これが個人でのお話になると
強い気に影響されるのが人の流れです。
霊感の強い人といると自分の霊感が強くなると言うのは
霊感が強くなるのではなく、霊感の強い方の発する波動や気に
触れる機会は長くなる(たとえば行動を共にしたり
友人としていつも一緒にいたりなど)からで
はじめはその波動に違和感を感じたとして
ある程度時間が経つと・・・・

続きはこちら>>>

合掌
浄霊師 神島千尋
浄霊師 神島千尋 MysteryZone
相談ご質問お問い合わせ

| | コメント (0)

2009.11.11

浄霊

浄霊とは
今を生きる方の心の浄化も浄霊なのです。

実はその方が大切である事が多く
それにより、根本的な解決に繋がる事があります。

除霊は根本的な解決にはありません
ですが必要があるから除くわけで
今そこを祓わなければ、どうにも対処できない時
除霊をします。

さて、霊を浄化するとはどう言うことでしょう

霊とは何も亡くなられたかたの事ばかりではなく
今を生きる方も心の中で我慢し積み重ね
ぬぐえない想いを押し込めて
苦しい胸のうちをあかさず
その繰り返しの中で
時に爆発しても受け入れてもらえず
そんな状態の心の器は
もう入りきらない状態として・・・

何をきっかけにそれが砕けて崩れてしまうやもしれない。


心を大切にしてください。
散々苦しめてきたのなら
重石を下ろす事も知ってください。

自分のせいではない事も沢山あるでしょう
でもね
自分の心ですから、自分で労ってあげないと
だって自分の心ですもの、自分にしか分からないのです。


どうすれば良いか分からない

どうはじめれば良いのか分からない

何が大切なのか・・・

もし私のお話で参考になるなら
私は私に伝えられる全てを
お伝えします^^)

さて、これまでこのブログ「霊道の案内人」は
もう一つのブログ 浄霊師神島千尋の「Hiro'g」と
連動してまいりましたが、
それぞれ別の更新をしてまいります。

とは言え神島千尋が書いておりますので
時には同じ記事となることもあるかもしれません^^がご了承を。

合掌

浄霊師 神島千尋

| | コメント (5)

2009.11.08

地蔵さまの道

真田から松代に抜ける峠道。
地蔵の名の通り麓には地蔵菩薩さまの
石仏が立ち並ぶ。
近年頂上手前に地蔵温泉・十福の湯ができ
その昔の寂しい峠道のイメージは一変している。

さて、県北部のご依頼の時
ふと、地蔵を通りたくなった。
昔・・そうですね20年以上前のまだ若かりし頃
高速もなく、県の北部と東部の
唯一の近道として抜けた道。

久々に通りたくなり
ついついアクセルをあける。
タイトなコーナーから立ち上がり
不思議に心地よく曲がれる
ヘアピンを抜けて
すぐに左右にくいっと抜ける
そうそうこの感じ^^;などと
コーナーごとの変わらぬ景色を
懐かしく思い出しながら・・・

くだりの大きなバンクのコーナーで
ある記憶が・・・

そう、このコーナーで昔霊を見たな・・・

となると心霊の世界に入り込むのですが
今回はちと別件へ入ります

コーナーから山中へ入る砂利道があるのです。
今も変わらずそのままの泥道。

そこへ車の頭を入れて止め、
車を降りてしばらく薄暗い砂利道を歩く。

なぜそうしたかと言いますと
そう20年以上前にも同じように
そこへ車を止めて見た事があったのです。
いつも通るたびにその道がとても気になり
入ってみたいと思いつつ、
いつも駆け抜けてしまっていたのです。
ある時、手前で思い出し突っ込んでみたのです。
鹿でも出てきたりしてと思っていたら
その通り目の前に鹿が現れ、
道の真ん中に立ちじっとこちらをまっすぐ見据えて
微動だにせず、ここは私聖地だ!的な
その凛々しい姿を今でも覚えています。

鹿といいますか、
四足で見つめるものにトラウマがありまして(苦笑)
まあそれは良いとして・・・^^;

まさかいる訳がないよな・・・
あれから20年以上も経つのに
ここで鹿に再会したら
それは例え違う鹿でも、縁だな^^などと
心の中でつぶやきながら20mほど
歩くも動物の気配もなく^^;
そりゃそうだ。

しかしそれとは別に歩き始めから
視線を感じるのです、明らかに。
明らかに何かの気配がすさまじく
左右をなんとなく伺うもその気配の先が分からず・・・

戻りながら、車まで5m手前・・・
右斜面・・・上

すさまじい気配。

その姿を見た瞬間^^
ある意味鳥肌が立ちました。

bfeb734e.JPG










はじめから私を見つめていたのです、
すぐそこで
上から微動だにせず。

野生の生気とはすさまじいものです。
生きるために、全神経をそこに集中して
今、一瞬一瞬を生き抜いているのですね。

まさか、再会できるとは思っていなかったので
私は勝手に感動しながら
私が立ち去るまで
鹿は一切動こうとせず。

合掌 
浄霊師 神島千尋

| | コメント (2)

2009.11.07

無題

cb611ef5.JPG

とある方がお会いしたいと
おっしゃるので
お時間お取りしましたら
某宗教の方でして^^;

真剣にお聞きさせていただきました
聞くだけね^^
こちらは何も知らない人になりまして
へ~そうなのですか凄い^^と。
だってこちらのお話を聞く方でなないですもの。
私の霊感がそうしなさいと言うので
聞き役に徹する事にしました。
素人に変身してね^^)

すると一冊のご本を頂きました。
見たことある本だな~と思いつつ
確か動画サイトでみたような・・・と
検索したらどのくらいあるの?と言うほど出てきました。

その本そのまま
聞いたお話もそのまま
某国の軍事の危険なお話までそのまま。

一途は良い事ですが
一瞬の隙も与えてなるものか・・・みたいな
必死すぎて・・・余裕がないのですよ。
何かね怒られている感じがして^^;
もう少しゆっくりお話すれば良いのに
きっと周りの方が皆さんそう言うふんいきなのでしょうね。
見る映像も皆同じような話し方です。

心の穏やかな安定と自由な選択は大切と思います。

なぜそれが正しいの?と聞くと
そう書いてあるからです、それが絶対です。

それが全てで絶対なのだと。
なぜと聞くとそう書かれているからだ、と。  

そうなんだ^^; “としか言う気が”なくなります。
だって、もし私が何か言うとね
必ず論破してみせると言う気が満々なんですもの(笑

その方曰く、その他の宗教は全て悪なんだそうです
そしてつまり私も悪なんだそうです。

すみません^^; 悪で  
ははは悪です宜しく!(苦笑

仏道って何でしょう
もっと広い世界に目を向けて
全ての中のたまたまここに一つとして今いると
捉えてみたらどうでしょう。
恐怖をあおり、それしか救われないと
威圧感で押しまくる画しか見えてこない気の発し方を
見えない感覚で誰もが察します

もうね

なんでしょう

お若いのにあまりに一途で逆にせつなくなりました^^;

必死に負けまいとする強い気持ちは大切にして欲しいです
でもね
世の中には
良いものも沢山あるのです

それとね
何度も何度も何度も書いております
私は仏道にご縁いただき沢山学びましたが
宗派や宗教を布教している人間ではございません。
どなたが何を信じても、それはその方の自由であり
否定した事も一切ございません。
自分の信ずる道を信じ進むことが一番大切と思います。

まともに仏道のお話をする気が
最初からございませんでしたので
一切何も知らない人になりお話をしましたが
私の返答に、その都度鼻で笑っておりました^^;
鼻で笑われる経験があまりございませんでしたので
良い経験となりました、ホント^^;(苦笑

どう言う方なのかを、
お会いする前にしっかり伝える事の大切さを感じます。
それがアポイントメントと思います。
どんな理由でも良いから会わせてもらえれば・・・的な手法が
問題になっている事を知るべきと思います。
なぜなら、そもそもこのお話に聞き覚えがあったのも
その事が問題となってメディアや動画サイトに出ているからです。

私は誰が何を信じても
その方の自由であると思っております
ですので、否定も肯定もするつもりはございません。
だってその方の人生ですもの
尊重すべきと感じます。

合掌
浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2009.11.06

空間の気

b486ce4b.JPG

お部屋もそう
職場もそう
空間にはその空間の
気がありますよね^^)
当然の事ながら。

その気を「雰囲気」といいます。

雰囲気には二つの見方があります

一つは一見と言う見方。

そしてもう一つは無意識でありながら
感性で感じている視かた。

なぜ感じ方といわずに見かたと言うのかと申しますと
それを意識して欲しいからです。
普通雰囲気は感じ方で捉える事がほとんどです

なんとなく落ち着く雰囲気
暖かい感じ
嫌な感じ・・・と言うように。

建物は情を持っておりません。
そこにいる方の作る流れが
その建物や空間、
またお部屋の気となるのです。
元々ある地の流れの上に
人は勝手に上物を建てます。
建てた物は元々の流れの影響を受けながら
その構造を保とうとします。
であるなら、元々の流れを頂きながら
自分の空間の流れもうまくつくり
使う事で、全体の流れの中から
滞ることなく、本流に乗る事が出来ます。
そこを意識なさらないと

めで見える世界でどんなに努力しても
いつかは・・・
無理が利かなくなるものです。

苦しく感じたり
トラブル続きだったり
落ち着いて過ごせない
そんな空間と感じるなら

流れをしっかり作ると良いと思います。

お部屋でも
職場でも。

合掌
浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2009.11.05

心に光を頂きましょう^^

f3ca472a.JPG

とある方の依頼で
あるご祈願をさせて
いただきました。
大きな動きを必要とする
お話でしたので

14日間かけて
させていただきました。
年単位で動きのなかったものが
すでに動きだしたようで
それぞれの流れが一つに
重なる時、結果となるでしょう。

先日・・・
ちょうど窓から綺麗な満月。

しばらく見ていたかったのですが
翌日遠地でしたので一枚だけ撮。

お会いする方皆さん
一生懸命日々がんばっている方ばかりで
私もできる限り応援させていただきたいな~
といつも感じながら。

頂くご縁を大切にしております。

合掌
浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2009.11.03

お焚き上げ供養(本年度終了)

4e6c0e95.JPG

お写真
お手紙
古い木札や紙札
お数珠
その他密教法具等も含め


様々な想いを
お焚き上げ依頼として
送られてきます。

本年度最後のお焚き上げ供養
させていただきました。
ご依頼されました皆様には
ご報告とさせていただきます。
簡単ではございますが、
MZプロジェクトにて
詳細を載せております(参考までに

始まりには終わりがございます。
一つの物がお役目を持って生まれたなら
お役目を終えたとき、感謝をもってお役目を終わらせる。
これがそのもののご供養であり
自然の流れであると感じます。
それをせずに次を始めるのは
はじめるだけの繰り返しとなってしまいます^^

もちろん、ご供養に
お代などの費用は一切かかりません。
皆様の変わりに、私 浄霊師神島千尋が
ご供養をさせていただく。
ただその一念のみでお引き受けさせていただいております。

合掌
浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »