« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009.12.31

2009年最後の更新^^

6dae029d.JPG

大阪での浄霊を終えて^^)
本日戻りました。

今年最後の今日の予約を
慌しく終え^^;
今やっと
明日の元旦祈願の準備を終えました。

ミステリーゾーン統括の順君も
駆けつけお手伝いしてくれたおかげで
護摩壇も設置を終えて
何とか間に合いました^^;

ほっと一安心です。

webサイト
浄霊師 神島千尋のMysteryZoneをはじめ
神島千尋のHiro'g 
またブログ霊道の案内人も含め
読んでくださった方皆様に深く感謝いたします。
そしてありがたい事にコメントを沢山くださった皆さま
本当にありがとうございました。
本年度、皆様とのご縁が勝縁になりますように
浄霊師 神島千尋 
日々のお勤めの中でお祈りしております。

皆さまにとって来たる年が更なる飛躍の年となりますように

合掌 

浄霊師 神島千尋

フォース・カインド

ブログネタ: 超常現象・怪奇現象…あなたは信じますか?参加数

| | コメント (0)

2009.12.28

お焚き上げ 供養・浄化

4328fd3f.JPG

とある方の思いを
ご供養させていただきました。

人の心は
想う事を実現できるだけの
力を宿しております。

それがどんな想いであれ
人としての限りない力を
そこに込めれば
それがどんなに小さくとも
大きな流れの根本となるのです。

事心お焚き上げは
全て終了しておりましたが
その思いの強さは
私にも強く訴えかけ
形として表れかねないほどの
現象を起こし始めたため
お焚き上げ供養をするに至りました。

青い空のもと
火入れと同時に
ポツリ ポツリ
腕や、服に
本当にいくつかの雨粒が
落ちてきました


まるで

最後の涙のようでした。

秋(11月)のお焚き上げ以後、送られて来た
お焚き上げ依頼の古札やお守り等々も一緒に
お焚き上げさせていただきました。
今回は画像がございませんが
ご供養させていただいた事
ここにご報告させて頂きます

命をかけて残したその想いが
呪となって残らぬよう
浄化、そして
ご供養させていただきました。
ですので画像が無い事ご了承ください。

取り急ぎ報告まで

合掌 
浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2009.12.24

心霊写真

44576588.JPG

人は、人の決めた時間
ルールの中で生きております、
なぜならば肉体を持つ人として
今を生きているからです。
人として生をいただいたからには、
人として成すべき
本来の姿を自分で見つける事が
人の生きる道と思います。

肉体を持つ人のルールのなかで生きている
今触れる事の出来る自分ではなく
霊的な自分
つまり魂で描くイメージのほうが
実は表になってくるお話です

こちらから>>>

合掌
浄霊師 神島千尋

浄霊師 神島千尋 MysteryZone
相談ご質問お問い合わせ

| | コメント (0)

2009.12.16

霊媒体質と自己暗示 ~最終話~

Dsc0700511111 霊媒体質と自己暗示の
最終話となります。
~~~~~~~~~~

世界には多くの信仰があり
様々な解釈があります。
どれが良い悪いなどはどうでも良いこと。
自分がなにを思いどうしてそうしているかを
自分がしっかり意識していなければ
無意味になってしまいます。
何のために?と聞かれ
しばらく考えるなら
まだやる時ではないという事になります。

神さまを祀り
あるいは仏さまに帰依し
そのお力をお借りするかたちを選ぶならば、

しなければならない事を
まずしなければなりません。
真言や呪法はそれからなのです。
すべき事をせずに得る知識としてのそれらは
意味を成しません。
逆に引き寄せてしまっている方も沢山いらっしゃいます。

子供が幸せになるために悪い流れや
悪い影響を受けないように修行している・・・
と言う方がいました。
あちこちの霊能者さんや、新興宗教団体など巡り
様々な修行をなさったようで
浄霊が出来るようになりました、とお話くださいました。

ではなぜ私の所に来たのですか?
家族が霊を見たり感じたりするのですが
どう対処したら良いか分からずに・・・・。

あちこちに幼い子供を一緒に連れて歩き
多感な時期を親の傍らで悪霊だの怨霊だの生霊だの
そんな話ばかり聞いていたら
小さな心がその世界に心を繋げるのは当たり前の話。
まず自分が今何をすべきか、そこを見失ってしまっては
何も始まりません。
たとえば子供は、親の温かさをいつも感じたいと行動します。
大げさに泣くのも親の気を引くため。
言葉一つで不安や寂しさに襲われるものです
急にしがみつくのも安心感が欲しいから、と感じると
やめて!、の一言が与える影響の大きさに気がつきます。

結果子供のためではなく、自分のために動く事になるのです。
そしていずれ自分のご利益に支配されると
何のため?の問いに・・・何だったっけ?・・・と。
アクセルは踏めても止め方を知らない暴走車と同じです。
自分の興味やご利益、儲けや金銭欲に飲まれると
その満たされない想念を呼び寄せる事になりかねません。

もし人にアドバイスなど、方向性を示すならば
まず自分がズレたり揺れてはならないのです。
一家の主が揺れていては家族が路頭に迷います
何があってもド~ンと構える心が大切です。
どちらも最悪と思える結果だったとして
その後が大きく違うのです。

自分で霊障を克服するならば、今立っているところを常に
いつもいつでも忘れてはならないと感じます。
霊感が強く霊障を受けるときが分かるなら
いつでも「自分の心のあるべき所」を意識できるように
いつも光を持っているべきです。
そしてすぐにそう言う心にアクセスできる日ごろの鍛錬が修行なのです。
アクセスできる日ごろの鍛錬などと書くと
何か特別な修行があるのではないかと思われる方がいます。
何も特別なことなどありませんよ^^

負の地に入り込んでしまい身動きが出来なくなったとします。
考えてみてください
その地を取り囲むもっと広大な大地があなたを取り囲んでいる事を^^)
それらを見方につけている自分ならすぐに意識を
広い大きな大地に転化させることが出来るはずです。
「ありがとうございます」^^とね。
すると自然の流れがあなたを負の境地からすぐに引き戻してくれます。

合掌
浄霊師 神島千尋



Hiro'g
浄霊師 神島千尋 MysteryZone
相談ご質問お問い合わせ

| | コメント (0)

2009.12.14

霊媒体質と自己暗示 ~その三~

11111911 さて前回からの続き。


三つ目【心の方向性】
自分の存在意義、自分の生き方、自分の成すべき事
自我論、アイデンティティ
言い方や解釈はどうでも,
誰もが一度は心に問うことの一つと思います。
まず自分の心の方向性をしっり持つ事が大切です。
一つ目にも通じますが、
今自分がどこで生きているのか
どう生きているのか
何を大切に思い何を感じるべきか。
見える事は分かるが、
見えない事は分からないで良いのか。
私はこうしますね^^と口で言いながら
それをしなければ、
それは良くないと言われてしまいますよね^^。

では意識して合掌していますか?
何の関係があるの?
と思われるかもしれませんが
友人に、知人に、子供に、他人に、

合掌ってなに?と聞かれたら
なんと答えますか?

見えるか見えないかの違いだけで同じ事なのです。
心の方向性って難しいようで、実はとってもシンプル^^)
それを心で意識するだけで、同じ状況なのに
捉え方がまったく変わるのです。
人によっては劇的と言っても過言ではないかもしれません。

霊媒体質と自ら自覚している方も沢山おられますが
霊媒体質だからいつでもどこでも影響を受けてしまうと
自分で思いこんでしまうと、
そうでない時も影響を受けやすくなります。
修行をして精神的な強さを鍛える事はとてもよい事です。
真言や密教的な流れを取り込むのも決して悪くはありません。
どんどんなさると良いと思います。
しかし修行なさっている方から
よくこう言う質問をいただきます。

「○○な状態(ケースは様々)になり、
○○の経を唱えた後、
○○の真言を繰り返したら
以前はすっと楽になったのに、
今回はまったく楽になりません。
どうしたら・・・」 と。

続く

| | コメント (0)

2009.12.12

霊媒体質と自己暗示 ~その二~

0de422d9.JPG

~№2
前回からの続きで
霊的な影響を
受けやすい体質の
お話をしております。




一つ目として霊感をあげましたが
霊感も形で確認できない部分がありますので
霊感があると自分で思う方もいれば
自分ではそうは思っていない
霊感の持ち主もいます。
不思議に自分の思う事は
その通りになる事があると言う方がいますが
それを逆手に利用している方も多くて
恨みや嫉妬、憎しみを相手にぶつけている方も結構いらっしゃいます。

その返りを受けている事に気がつかず、
さらに他へ苛立ちを向ける負の
スパイラルに入り込む事もあります。
こういうお話はあちこちで掲載されているでしょうから
このくらいにして、前者についてを二つ目とします

二つ目【自己暗示】

上記例も、あくまで例としてのお話なのですが
それを心にとどめてしまうと、
つまり映像としてリアルに感じてしまうと
ありもしない恐怖が残ってしまいます。
これを逆手に取るのが
霊感商法と言われるものだと思うのですが
恐怖とは自分の心が生み出す想像の世界です。
考え始めると最悪のケースまで想像を膨らませます
すると普段よりも
深い深層領域の心にアクセスしている状態になり
そこで内なる映像をつくりだしそれを見ていると言うより
その場に自らが入り込んで行動している感覚になります。
これを繰り返しているうちに、
落ち込んだ時や考えている時は
そこにすぐに入れるようになります。
そこで出る結果は、誰もが想像つきますね^^。
最悪のケースなのです。
なぜならば、人の思考はそうなるようになっているからです。

続く

| | コメント (0)

2009.12.11

霊媒体質と自己暗示 ~その一~

Miti882111121 ただここにいる事を
気がついて欲しいだけの
ご霊さまがいます

そこを通ると
いつも誰かに見られている
気がする人がいます

ただここにいる事を
私がここにいる事を知って欲しいだけなのです。

いつもそうだが
やっぱりここはちょっと苦手な場所だなと感じる

ここにいる事を
知って欲しいだけ、ただそれだけなのに・・・

今日は特別嫌な感じを強く受ける気がする・・・

・・・・・

そういえば今日はあまり嫌な感じがしなかった・・・良かった。

そして数日後

わかっているのになんで知らん顔しているの!
と覆われて、いつもの嫌な場所で
逃げ出すような恐怖体験をしたとなります。

さてなんでこんな例を出したかと申しますと^^;
同じ場所は他にも沢山の方が行き来しています。
その中でこうした結果になるにはいくつか要素がございます。

少し時間をかけて掲載してまいります。

本日はその一つ目として
【霊感】
これは致し方ない部分もございます
誰もが持ち合わせる意識の感覚なのですが
持って生まれた性質として、
はじめから霊的な感覚が鋭い方がいます。
だからと言ってじゃあ霊媒体質だからどうにもならない
と言う訳でもございません。
霊媒体質であるなら、それをどう転換させていくかが
その後の流れを決めます。
時折霊媒体質だから修行していると言う方がいます
それはそれで良い事と思います。
大切なのは
「いつから・どう言うきっかけで・何のために修行しているか」
なのです。
修行しているのに霊的な障害は受け続けているでは・・・



続く

| | コメント (3)

2009.12.09

工房

45afe790.JPG

さて^^)
工房も動き始めました。
ミステリーゾーン統括である
順君の絶大な応援によるところ大です。
感謝ですね。m(_ _)m
______________


これまで千火堂と言うキーワードを
ほとんど出してきませんでした。
それはこれからも同じと思いますが
金剛杵の木彫りやブレス等の
totalplanningOFFCEとしての
製作工房 千火堂となります。

私、浄霊師神島千尋が木を選び
自ら彫り出し工房となります。
またブレスに関しては最高品質の水晶を
厳選し組ませていただきます。
工房で製作した仏具、ブレスは
全て本尊不動尊のお堂(相談室内)にて
浄化後、不動明王のお力をお入れさせていただきます。
間違えて欲しくないのはパワー入れと称し
その方の気を込めている事がございます。
人の気とは、あくまで発しているその方自身の気であり
それはそれで良い面もございますし
それが必要なケースも沢山ございます。
時に、持つ方の波動と反発しあう事がございます。
それを心の世界での
「気が合わない」と言います。

人の作りしものは永遠ではありません。
完成したものは朽ちていくさだめ
どんなものでも、いずれは壊れるものです。
結界などは良い例でございます。
一度結んだら永遠に良い訳ではなく
逆にそれを守る為に手を抜く事が出来なくなる事もございます。
何が申したいかと言いますと
たとえばブレス。
いくら強いパワーを込めたとて
それが永遠に続く訳ではございません。
環境、使い方、そして何より持ち手の日々の波動の状態や
心の方向性によりいずれ力も弱まりましょう。
お札もそう、霊力をそこに込めたものは
1年たったらお返しするのが筋と言われています^^)
波動が弱くなったとしての話
その頃に、自分がそれをカバーできる気を発する人になれば
同じ事なのです^^)

いずれにしても
私は一生懸命お作りさせていただくだけです^^
ブレスの問い合わせ沢山頂いております。

~面白いコメントちょっと紹介~
昨日友人の家に遊びに行きました。
そしてあろうことかブレスを忘れて
きてしまいました。
幸い、友人が持ってきてくれたのですが
なぜか何重にもティッシュでくるまれてるじゃないですか^^;
不思議に思っていたら
「ブレスを持ったらすっごく熱くて持てなかった」とのこと。
忘れていった私に「このおばかちん。忘れていかないでよ」って
ブレスが言ったような言わないような・・・^^;

~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~
水晶は おかげさまで いい感じで 使わせて頂いています。
つけるとすぐに 石自体に 熱がくわわり
暖かくなり 気持ちいいです。
ありがとうございました。

~~~~~~~~~~

千火の火は不動尊の炎をイメージしております。
ですので^^と言う訳ではありませんが
熱く感じる方は多いですね。

合掌
浄霊師 神島千尋

| | コメント (2)

2009.12.08

獅子



みなさんじゃくの矢のせをもって
悪魔を祓うとない

(略
やいれまいれつるせられ
神をいさめ
られたにしいそしいそに

6歳~12歳までの6年間
子供達は毎年12月になると
この唄を習う。

新年2日の獅子舞の唄である。

1月2日、日の出前には大焚き火
ふれ太鼓が早朝30分かけて練り歩く。

ダイアモンドダストが舞い上がる7時過ぎ
30を超える地区全ての民家を獅子で祓い巡る
長い1日となります^^)

さて、私も獅子舞を舞わせていただく事がありますが
お獅子さんて、とても重いのです。
まさに一刀彫の迫力あるお獅子さんなのですが
雄と雌がいらっしゃいまして
雄はなかなかハンサムでして、
舞も大きく激しい舞となります。
ですのでそれをかぶって一舞いすると
もう動けないほど大変なのです、はい^^;
汗びっしょりでございます。
また、その重い木彫りのお獅子をかぶった時
中に横に渡してある木の棒があるのですが
これはお獅子さんの口の開閉の
支柱にもなっているのですが
それを口でくわえているのです。
両手はおんべ(祓串)と鈴を持っていますので
歯でしっかり咬みながら
その力のみでお獅子さんの頭を
左右に振りまくるわけです。
お年を召された方々は、歯が弱くなると
舞えないと言う事になります。
私も元々歯は丈夫ではなく^^;
結構キツイのですが、まあそこは何とかね(笑

ちなみに雌獅子は、唄も舞いも雌らしく
穏やかでおとなしい舞となっております。
住んでいる場所で雄か雌かが決まりますので
幼い頃から一生変わる事なく、
そのお獅子さんとなります。

まあ、そんな季節になりました。

ちょっと時事でした。
合掌
浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2009.12.05

霊力

Dsc000302112 心霊に携わるものの定め・・・
とでも言いましょうか

霊的な力、と言うと何か
特別なイメージがあるかもしれませんが
精神エネルギーの事なのですが
これは肉体と精神とのバランスで成り立ちます。

どちらが欠けても成り立ちません、当然ですが。
人として、霊的な方向の問題を解決する訳ですから
肉体を超えて、目で見えない流れの滞りを正したり
清めたりと言う事になります。

この世界には沢山の方々がいて、
それぞれの方向の違いも至極当然の事でもあります。

自らの気の力に限界は無くとも
肉体がある以上物理的な限界があります。
人の負や邪気などのマイナスのエネルギーを
清め、プラスに転じるのが
心霊に携わる方のお仕事です、当然ですが。
つまり結果が全てとなる世界でもあります。
これはとっても大変な事です^^。

ですから日々、
させていただかなければならない事があります。
導きを感じる方は、
やっぱり何事においてもありがたいと感じるものです。
けっして人を困らせる事を言いません。
怖がらせる言葉が罪になる事を存じています。

ある方が涙を流しながら、自分は負であると言いました
なぜ負だと自分で思うの?と言うと
そう言われたから・・・・

そういうものなのです

道端に咲く花は
踏まれても蹴られても
咲く事だけに全力を尽くします。

誰が何を言おうと
自分は自分です、その人ではありません。
その人のイメージで流される必要は無いのです。

自分の生き方を貫けば、それが道となります。

合掌
浄霊師 神島千尋

Hiro'g もよければどうぞ




| | コメント (5)

2009.12.01

人形について



常々申しておりますが、
たとえそれが何であっても
存在するものには宿るものがあります。
何が宿るかが問題なのですが
たとえば自分の持ち物で

気に入っている物があるとします。
気に入っているものですから
それを持つ時は当然気持ちが良いですよね。
好きな服をきて嫌な気持ちになる方はいません。
前向きな気持ちですから、
基本的に何があっても
良い捉え方をする傾向にあります。
つまり、ラッキーアイテムとなりやすいわけです。
そしてその逆のアイテムも当然出来ます。

さて、前記事のコメントのご質問にある
お人形の話に入ります。
(霊道の案内人ではなくHiro'g記事のお話です、あしからず)

3歳のお誕生日に頂いたお人形を
長い間大切にしてきました^^)
ある年齢から関心が無くなり押入れにしまったままとなり
後に夢で狭いよ・・・とお人形が訴えたと言うお話ですが
事実押し入れの中に沢山の玩具にまざってさかさまになっていた。
何か宿っていてそれが訴えているように感じますよね、誰もが^^)

このケースはこう考えていただけると良いと思います。
おじいちゃんやおばあちゃんが心を込めてかわいいお孫さんに
これがいいかな?あれがいいかな?と
心を込めて選んだお人形さんなのです。
それはね、おじいちゃんおばあちゃんだけではなく
見えない世界の方々も同じように見守っていたはずなのです。
そこに宿るではなく込めた気持ちが大きいのです。
そのお人形を大切にする時があり、
そのお人形と遊んで、置く場所を変えたり
お人形と会話して、そうやって大きくなっていったわけです。
見える世界見えない世界、皆さんの思いが
そのお人形に宿っているのでしょうね。

お人形にはお人形のお役目がございます。
お役目を全うした物に対し出来る事は何でしょう^^)

感謝です。

その時、心の支えとなり楽しい時間や心の成長の為に
がんばったお人形さんです。

ありがとうと言ってあげる事が大切なのです。
楽しい時をすごさせてくれて
時には慰めてくれて感謝なのです。

そして、お焚き上げ供養に出されると良いと思います。
聖なる火によりお焚き上げすることで
煙となり天に戻り、灰となって土に返ります。
材質により燃せない物もございます、そう言う時は
お受けしてくださる神社仏閣にてご供養をお願いすると良いと思います。
しっかりお別れできることの大切さを
そのお人形から学ばせていただけるはずです。
一つ心がステップアップする時なのかもしれませんよ^^!

一番良くないのは
使うだけ使い、後は放っておくこと。
放って置かれる側は、持ち主に対して必ず訴えます
悩みの種としていつまでも。

さて生家のお話ですが
お人形さんをご供養できた時
見方が変わるかもしれませんよ^^
それともう一つ、古い戸棚のガラス戸などは
よくがたがた揺れるものです。

なぜか^^;

木造の家は木の骨組みで、木は柔軟性がございます。
実は家って揺れているのです。
それを全体の枠組みで吸収しあっているのですが
構造によりどこかに漏れが生じる事があります。
大工さんもそこまでは見抜けません^^。
たとえば一階のあるドアを閉めた時だけ
2階のある部分がボンと揺れる・・・などね^^)

まあその家を見てのお話ではございませんので断言できませんが
思い込みから来ている怪現象って、結構多いものですよ^^)

日常生活に支障をきたしていないのであれば
気になさらない事が一番良いと思います。
そうでないのに、そんな気になってしまうと
全てがそう見えてくるものですから。

合掌
浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »