« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010.02.28

気温差20℃

f60d2998.JPG

先日関東から来られた相談者さまも
「寒いですね~こちらは」と言っていました。

私としては、と言うよりこちらの感覚では
十分暖かい感じがするこの頃なのです。

などと言っていたら今、雪です^^

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、偽者による詐欺の件
皆様本当にお気をつけください。

昨日もまだ被害者さんに
メールを送っております。

昨日の偽者さんのお話は次の通り

「送った真言を毎日唱える事、
唱えられない時は肌身離さず持ち歩くこ」

だそうです。

この文章は陰陽師の○○○さんと言う方の文章です。
(名前出しても良いのですが、現在一応ご本人さんからの
返事待ちの段階ですので)
送られて来た真言とは、
日蓮宗の経本(在家さま向け一般のもの)の一部だったそうです。
肌身離さずって・・・携帯メールですよ^^。

まずですね、個人で特別に祀っていれば別ですが
私は日々真言を唱えてくださいなどと相談者さまに言いません。
ましてや真言を肌身離さず持ち歩きましょうなども言いません。

まあ邪気祓いにしても除霊にしてもお祓いにしても
仮にもそれを口にした以上(文字も同じ)
その行いには責任が生じます。
見える世界の責任には見えない世界の責任が
同時に生まれてバランスなのです。
どちらも背負わねばなりませんよ、偽者の浄霊師さん。

合掌 浄霊師 神島千尋

昨日浄霊に行った地域の暖かさと言ったら^^;
温度を見たら23度
長野は3度でしたので20℃の温度差・・・

| | コメント (1)

2010.02.26

詐欺に注意してください!!

詐欺に注意してください。

偽者の私が暗躍しているようです。
私の名を語り
このブログの私の写真を使い
私のwebサイトのプロフィールをコピーして
そのまま完全に私になりますまし
邪気祓いの効果があるとある経文の一部を引用し
信用させると言う卑劣な手口。

気をつけてください。

昨日の通り
私、浄霊師神島千尋は
自ら運営すサイト以外で書き込む事はございません。

詳細(PCの方)はこちらから
携帯でごらんの方はこちらから

取り急ぎ


合掌 
浄霊師 神島千尋

| | コメント (2)

2010.02.25

緊急です!!

緊急!!です。

詳細は明日載せますが
現在格所轄(警察)とも話を進めております。




某会員制サイトにて

偽者の浄霊師神島千尋が存在しております。

ご丁寧に私のブログやサイトの写真まで
勝手に使い、完全に私になりきり
詐欺を行っております。

すでに被害者まででており
本日確認した方はすでに80万入金してしまったとの事。


はっきり申し上げておきます。

浄霊師 神島千尋は

自らが運営するwebサイト 
「神島千尋MysteryZone」

管理する二つのブログである
「神島千尋のHIRO'g」 と
「霊道の案内人」


上記3つのサイトでしか
神島千尋と書き込みしません



つまりこの3つ以外に
神島千尋と称する人物がいた場合
それは私ではございません。





今一度書きます!



私が運営する上記3つの私のサイト以外で
私が神島千尋であると書き込むことはございません。

私のサイト以外で私が登場した場合
それはつまり私ではないと言う事です!




今回の偽者はあまりに悪質でございます。
もし出会い系サイト等で神島千尋を語る者がいましたら
そのページをそっとお知らせください。

関西、北陸地区は特に気をつけてください!


今回の被害者様は、完全に私と思い込んで
被害にあわれております。
その過程があまりに卑劣極まりない手口でございます。
詳細は明日載せます。

現在も被害が出ている可能性がございます。
警察と話を進めながらであり
本当はまだ出したくなかったのです。
被害者の元にはまだバレていないと
犯人から現在も連絡が入っている最中ですが
現在別の被害が進行している可能性もございますので
やむを得ず・・・・



良いですか、神島千尋は
携帯で相談メールのやり取りをする事はございません。

正直携帯でのメールは嫌いなのです、だから致しません!


病の男から陰陽師、そして浄霊師と言う
とても複雑な経路を取らせるなど
本当に手の込んだ詐欺を企てており
実際に被害が出ております


呪にならぬように、
私は自分を穏やかに保とうと努力しております。

もし現在携帯で神島千尋とやり取りをしている方がいましたら
音信を絶ってください。
私は過去も現在も携帯メールで
相談の受け答えした事はございませんし
これからも致しません。





取り急ぎ報告まで。

浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2010.02.24

お焚き上げ

22日午前
長野県の東、
北向き観音さまのすぐ近く
御牧の山中にて
お焚き上げ供養を
行って参りました。

護摩壇に入りきらないほどの
お焚き上げ供養ご依頼の数々
火入れからあっという間に
燃え上がり
豪火の中で瞬く間に
燃え尽きました。

今回は古い紙札や木札
特別祈願の本当に古い祈願札
特別に祀られた複数の社も含め
しっかりとお焚き上げ供養させていただきました。

護摩もそうですが、お焚き上げ供養もそう
本当に火の回りが早く
立ちあわれる方も驚かれます。
今回は仕事で火を扱われる方(陶芸家)がおりましたが
こんなに早く燃え上がるとは思いませんでしたと^^(驚

さて、今後は不定期で行ってまいります。
ご依頼を受けた時のみ
一つ一つしっかりお焚き上げご供養を
させていただこうと思っております。

また、かのうであれば
伺ったお宅のお庭などで小さな護摩壇を組ませていただき
ご家族皆様で手を合わせていただいても良いな~と。
本来はその家を守っていただいたお札やお守りですので
それが一番良い流れなのですが^^;ね。

正直、ごみとして出せずに困っていた
でもお焚き上げすると運が良くなるのですよね・・・
と言うニュアンスですと・・・悲しくなるのですよ^^;

しってますか?
神社の神様の霊力を分霊したお札
お寺さまの本尊様にてご祈願した木札など
しっかりご供養しなければならないこと。
たとえばお力をそこに込めていただいたとして
それをお迎えさせていただいたと言うことなのです。
長きにわたり放っておくと、時と場合によっては
逆効果になりかねないのですよ。
お迎えしているという事は、この世で言うなら
お客様が来られている時と同じです、あくまで例えるならです。

それが棚の上で変色し、
重ねられ、
ほこりの衣になっていませんか?^^;

そんな状態でお預かりしてくることが多いです。
するとね、それまでその家で起こっていた現象を
こちらで代わりにお引き受けする事があるのです。
私をお手伝いくださる方々も同様に受けることがございます。
それを覚悟で、
皆さま浄霊師 神島千尋のお手伝いをしてくださいます。
本当に感謝ばかりです。

その結果お焚き上げ供養の炎が
その時々の想いの強さであると感じます。
そしてね^^、お焚き上げが終わると
全て嘘のように
陣が退いていくように終了するのです。
なにもかもです。

綺麗な真っ白い雪の中での
お焚き上げ供養でした。

大きな木々が
豪火の中で揺れながら
守っていただいたな~と
その地に感謝の1日でした。

後日webサイトにてお焚き上げ供養の
ご報告をさせていただきます。

合掌 浄霊師 神島千尋

合掌 
浄霊師 神島千尋

| | コメント (2)

2010.02.21

押して駄目なら引いてみるの意

9a576a67.JPG

お写真みて
あそこだ、と分かる方は
なかなかのつわもの。
私も通るのは20年ぶりですので
こんなに短く切ってあるとは
知りませんでした。

この辺りの山岳には
わりと多くのご霊さまがいらっしゃいます。
昔から落ち武者のご霊さまを沢山視ておりますし
山中には無縁さまが多数いらっしゃるようです。
工事の際、道の真ん中に位置するこの木は
その度に事故や不運などで
結局道の真ん中に残る事となりました。
そもそも狭い道で真ん中にこれですから^^;
地元では有名なところですね。

頭痛つながりのお話をもうひとつ。
いつでしたか、
海沿いのとある家に伺った時のことです。

その日は朝から私も
頭痛に襲われておりました。
私は日常の中で頭痛を感じることはほとんどありません。
ですので時折襲ってくる、しかも前部のキンキンとした
波のような頭痛に・・・
これはこれから行く家の方だと感じながら。

その家の方々も特にお母様も同様の頭痛を日々感じていました。

その家の敷地で訴えていたのは
それは頭から地を流したご霊さまでした。
その昔切られたのでしょうね
そのままの状態で長きに渡りその地に住まわれる方に
苦しい思いを訴え続けていたようで
その後しっかりご供養させていただきました。
後日、その後の良き流れの報告をいただきました。

ご先祖さまが武士であったり
武家の流れの末裔である家も多くございます。
神島千尋の家系もそうですが、
男子に負の流れが来る事がございます。
ご供養をしっかりなさる事が
打開の最初の入り口となります。

形式は大切ではございません
手を合わせるときの心が一番のご供養となります。

利他の心でふり向ける想いが
願いなのです。

多くの方が自分の利を願っております・・・

まず相手
次に相手
最後に相手。

これが後の自分に繋がるのです。

まず自分
次に自分
最後の最後まで自分

その願い
叶っていますか?

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (4)

2010.02.20

霊的な症状

01b2cbf1.jpg

霊障と言われる症状の中で
後に肉体的な病として
現れるようになる
ものがございます。
一言でご供養と言ってしまうと
どうすれば良いか正直分からずに
お線香を焚いている方もいると思います。

お仏壇はそもそも必要なのか?
なぜ中央から開くように作られているのか?
香のお役目、供物の意味、何を思って自分はそこに座っているのか。
私はそこから入りました。
筋道があるならばその筋に沿って通すが物の理と感じたからです。
そして私がたどり着いた答えを自分で実践しそこからつながった流れが
自分の人生を180度変えました。
年間数百人の方とお会いさせていただいておりますが
多くの方が納得くださっております。
納得してくださるという事は、理に適っているからと
その都度実感させていただけますし、そうして一つ一つの縁から
良き流れ、穏やかな心を自分の中に灯せたと言う言葉を
後から沢山頂きます。
それが一つの答えとして学ばせていただいている事だと
私は神仏様にその時その時感謝させていただき
次のご縁を頂くのだと思っております。

しかしながら近道は無いようで、どんなに遠くとも
自分の足で行かなければならないのが一つの修行なのでしょうね。
お金に飲まれ、欲に飲まれ、動かずに一攫千金を求め最後は
浮浪者として公園に寝泊りしていた20代、その後10年以上そのつけに
苦しみ(まあ自分の蒔いた種です^^;)
楽な道を求めていた私の
これもまた一つの因果ですね^^。
余談が長すぎですね^^;、本題に入ります
~~~~~~~~~~

霊的な影響は何も悪い事ばかりではなく
良い効果や成功も霊的な影響による所が
大きいのですが、良い影響よりも悪い影響の時に
霊的なものを意識するのが人の思考です。

受けている影響をそのままにしておくと
時には病になる事もあります。
なぜそうなるのかは説明すると長くなりますので
端折りますが、家族内や身内縁者、また一族の中で
同じ症状や同じような病気になる方が多い時
その要因の一つが霊的なものである事がございます。

私の経験上、負の連鎖による同様の不運や悲運は
かなり多くございます。


霊的な感覚を頭痛として感じる方は
訴えている、もしくは伝えている、または霊的な波動を
一番近い頭で感じているという事になります。

逆に言うとそれを知ってそこに訴えているという事になります。

目が充血しやすいなどの影響を受けやすい方は身近な存在、
または縁ある繋がりからの訴えが強いです。
目が良く腫れたり、できものなどが多い場合、念を受けている可能性が大きいです。
(あくまでそれが霊的な影響によるものである場合の話です)

次に影響を受けやすいところとして、やはり首から肩にかけての筋の流れ。
これまで多くの方の邪気祓いや浄化をさせていただく中で
その殆どが首を中心に左右のどちらかから・・・・

続きはこちら>>>

合掌
浄霊師 神島千尋






浄霊師 神島千尋 MysteryZone
相談ご質問お問い合わせ

| | コメント (7)

2010.02.19

お焚き上げ供養

2e16c8aa.JPG

ある家の門の前に
メガネをかけた
一人の男性が
まあどちらかと言うと
年配の方ですが
硬い表情で
姿勢正しく立っておりました。

大勢様がその家を出入りしておりまして
どうも法要のようでしたが
来られる方々に対して
しっかり出迎えていたのでしょうね
その男性の後ろには、その男性の遺影が
掲げられておりました。
生前の人柄が伺えますね。
律儀な方だったのでしょう。

合掌させていただきました。

~~~~~~~~~~~~~~~

さて、21日に本年度最初の
お焚き上げ供養をいたします。

今回は北向観音の近く
御牧の山中にて行います。
お社なども複数お預かりしての
お焚き上げとなります。

そして
このお焚き上げを一段落とし
毎年行っておりました、年4回のお焚き上げ供養は
ひとまず終了とさせていただきます。

これまで、全て無料で行ってまいりました。
多くの方から、様々なご供養の依頼を
浄霊師 神島千尋としてこれまで
しっかりとお勤めさせていただきました。

様々な事情を考慮し、お焚き上げ供養に関しましては
例外を除き、一切非公開としてまいりました。
ご依頼をされた皆さまへのご報告として
webサイトコンテンツ内のプロジェクトのみの
公開とさせていただいてまいりました。

中にはあまりに強い思念や
残した想いが重いものもございました。

それぞれ一つ一つをお焚き上げできれば良いのですが
どうしても依頼の多さから、一つの護摩壇にて一緒に
お焚き上げせざるを得ないこともこころの中で悩んでおりました。

お焚き上げも護摩焚きも、規模の違いはあれど
同様の護摩壇を組み上げます。
お焚き上げに関しましては、一つ一つご供養させていただくには
あまりに多数である事、そしてそれに携わる方々が
それほど毎回集まれる訳では無いことなどなど
さまざまな事情を考慮し、ひとまず終了とさせていただきます。

とは言え、恒例のプロジェクトとしての終了と言う事ですので
どうしてもお願いしたいと言う事由もございましょう
そういうときは臨機応変に対応させていただきますし
おそらく、年に一度はしなければならない流れとなると
感じておりますので、今後もそういう事に関しましても
お気軽にお問い合わせください。

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2010.02.18

かざはな

311

何年前だったでしょうか
心に深い傷をおいました

その時とまったく同じように
かざはなが舞っていました。

涙と穏やかな流れの中で
風の花の咲く如月のある一日

時の流れの中で
大地から学んだ気の流れと
天から頂く導き
浄霊師神島千尋として学んだ大きな光は
私の心に揺るぎ無い安定感として
支えてくれる強い光の守りとなりました。

感謝の一言に尽きます。


頂くご縁にできる限りを尽くすことが大切と感じております。

いただいたお花を色として写してみました>>>

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (4)

2010.02.16

合掌

61dc72cc.JPG

命の灯は無限につながります。
草木の命も、動物も
たとえ情のない物質であっても
そこに心を傾ければ
想いが宿ります。


この瞬間が全てではありません
でも

この瞬間が全てでもあります。

苦行に意味は無いと言われる方がいます
その通りと思います。
苦行しなければ意味が無いと言う方がいます。
その通りと思います。

その方の価値観や感性は
その方にしかないものです。
それを大切にすれば良いと思います。

だから私は宗教に意味を感じておりません。
ですが仏道の中から納得できる学びを沢山いただきました。
私がお会いする方にお話する中に
仏教の枠を出ているお話が多くございます。
それが私の心で捉えている部分ですが・・・
まあそれは別の機会にでも。

毎朝の勤行において
時折、その時その時縁を頂く方に繋がる存在や
ふと、声で繋がってくる方もおりますし
姿や光で現れる方々がいらっしゃいます。
しっかりご供養させていただく毎日です。

ですが私も凡人
時折集中にかける事もございます
一瞬の油断が受ける影響の大きさにつながります。
浄霊師とは、見かけほど綺麗なお仕事では無いのです。
なりたいと言う方が、日々問い合わせしてまいります。
自らの霊力を一生懸命お話くださる方もおります。
なされば良いと思います。
私は、ある決意のもと浄霊師となりました。
一人の人間が命をもって私に学ばせたその想いを
私は決して忘れません。

霊能者も浄霊師もお祓い師も、特別資格などありません。
自分が名乗ったその瞬間からそうなります。
そして、
名乗った瞬間から、
その行いをした瞬間から

霊の世界でもそれは一瞬で伝わり広がります。

合掌 
浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2010.02.14

苦には苦

c9ed0e4e.jpg

とある家の窓に写った顔
画像を明るく処理すると
輪郭、目、口まではっきり
浮かび上がります。
この家の方、頭痛と関節の
痛みなどに襲われておりました。

さて、霊をどう言うかたちであれ
認識できる感覚を持つ人は
それぞれ独自の
解釈をする事があります。

一番簡単な方法は
霊感があると言う方に
[霊って何?]と聞けば
よく分かります。



本当にそれを理解している感覚の持ち主なら
しっかり納得のいく、説明が出来るものです。
そもそも成仏していない霊を通常の霊として
捉えている方の場合霊の話をする時・・・

続きはこちら>>>

合掌 
浄霊師 神島千尋

| | コメント (2)

2010.02.11

粒氷

粒氷



あり得ないほどの温かさから一転
今朝、松に木に水滴が沢山ありまして
小雨でも降ったのかと・・・
良く見ると全て氷でして^^;
こんな状態で一面凍っております。

さて、とある男性とのお話。

とても笑顔な方で
お話好きで
次々質問しながら
とっても無邪気な表情をなさる方。

よく笑い
よくしゃべり
元気いっぱいなのに

体中

大怪我していまして・・・

一人で歩くのもやっとなのです。

腕も足も
指も
体も^^;

骨折、擦り傷、爪は剥がれ・・・
事故なら分かりますが
全て別々の出来事による怪我なのです。

^^;

プラス思考は良い事ですよね^^!と言うのです
そうですね^^と答えると、
良かった・・・と^^;返答。

本当に聞きたい事
知りたい事
心配事
言って欲しい事
山積みなのは良く分かるのですが
ご本人がそれを見せまいとしている以上
私はそれを尊重します^^
だってそれがその方の生き方なのですから。

その原因が購入した土地にある事は分かっていますが
怪我ってうれしい感じがします・・・と言うのですから
そうなのですか^^;としか言いようがございません。
それをプラス思考として捉えている事も一つの学びなら
それはそれで大切な時とも思います。

一つ言うとしたら
良いとか悪いの問題ではなく
本当は受ける必要の無い事や、
本来なら避けられる出来事であるなら
受けて苦しい思いをする必要はないと思うのです。
避けられるはずの事を真正面から受けてしまい
結果的に受けきれず、気がついたら両手いっぱいで
掴み支えてしまっている・・・などと言う事もあります。

まず今住んでいる場所
今住んでいる家
今いる所に対して感謝を持たなければ
その地にも気と言う意志があって
はじき出す事だって出来るのです。

すでの人はそれを受け初めていますよね
環境破壊の結果として。

せめて、
せめて心の中にはいつも
感謝できる気持ちは持っていたいな~と
私は思うのです。

この男性の場合はそれだけでは
おさまらない流れにありますが・・・

合掌 
浄霊師 神島千尋

| | コメント (3)

2010.02.10

心霊写真

Ghost1000374912

心霊写真を撮ってしまったが
その後どうすれば良いか
悩んでいるとします。
明らかに心霊写真である
またはよく分からないがそう見える、
そんな時、
あわてずにまず現状を
しっかり把握しましょう。

写真を撮った後、日常で何か変化がありますか?
これと言って変化がなければ
それほど心配する必要はございません。
その写真による影響を心配なさる方が多いですが
その後何事もなく過ごしているならまず心配ありません。

さて問題は撮影後、
不運な出来事が起きはじめ
それが継続していると言う時です。

続きはこちら>>>


合掌
浄霊師 神島千尋

浄霊師 神島千尋 MysteryZone
相談ご質問お問い合わせ

| | コメント (2)

2010.02.03

雪仏

c4912c3d.JPG

早朝菩提寺に
出かけてみたのですが
道から境内に入ろうとした時
一本の電柱があるのですが・・・




その電柱の立ち上がり部分に・・・
吹き溜まりでしょうね

その形が仏さまに見えてしかたなく^^
一枚撮ってみました。
大日如来の印象を持ちましたが
印はお釈迦様ですね^^)

まあ見る人の解釈がそのまま答えですね。
この電柱がお寺さまの境界線になっておりまして
この電柱のすぐ後ろが閻魔堂です。

何とも穏やかな時間を頂いた寒い朝のできごと。

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (3)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »