« 呪合戦 | トップページ | 霊波動 »

2010.03.29

霊と電話の関係

e8744770.JPG

言葉
とくに文章と言うのは
本当に
気をつけなければいけませんね。



読み方によって
どうとでもとらえられてしまいます。

ですので
簡潔に明確に書いたつもりが
逆手に利用される事もあります。

随時修正してまいりますが
一般的な解釈の
一般的とは何か・・・^^;

と言う所からはじめなければ
話が進まない事も

^^; 時にはありますね。

ただそれも勉強であり
それこそ学びなんだと
つくづく感じるこの頃。

さて、目に見えるこの世界で
意志を伝える手段は文字と言葉です。
文字に宿る力の正負はまたの機会とします
今回は言葉。

言葉そのものは波動がありますので様々な届き方をします。
宿る気も同じ事でやはり傷つく言葉にも
見える傷と見えない傷の双方存在しているのですが
少し視点を変えて、それを伝達するものに焦点を定めてみます。

たとえば電話

電話と言えばいまでこそメールやネットなどの
ツール的要素が大きくなってますが
本来電話とは会話する為の機械です。

つまり何かを伝えるための手段であり
伝える為の物です

単純に感じてください

ここに居ない人に、すぐに伝えなければならない事があったら・・・

まずは電話で伝達しようとします。

電話が手元になければ公衆電話ないか・・・とさがします。

電話をして先方のコールがはじまると
早く出ろ早く出ろと、心で思いますよね、誰もが。

たとえば霊と言う存在が何かを伝えなければと
感じているとき
心でそれを届けているのですが
肝心の受け取る側が五感を判断の基準として
生きていますので霊的な直感や霊感を
正式な判断材料にしていないので
急な不安や、空耳的な解釈で終わらせてしまうことになります。

次に音をだしてみたとします
気のせい/家のきしみ/寒暖の差によるものなどの解釈となります。
もちろんその通りの事もありますよ^^)
逆に言えばそれを利用しなければならない事もあるのですが。

さてそういう流れの中で、電話を介して存在を伝える事も多いのです。
先日お会いした方は、様々な現象の中で電話を介して声が聞こえるようになり
呼び出し音も完全に変化している状態でした。

携帯でも固定電話でも同じ事ですが
勝手にオンフックになったり誤作動する事があります。
私も経験ありますが、電話の挙動不審は霊的な影響が大きい可能性大です。

相談者さまとの通話中、霊の声が入る事は
正直良くある事でもあります。
通話の邪魔や妨害と捉える方もいますが
そんなつもりではなく必死出る事も多いのですが
そこまで説明し始めると長くなりますのでこの辺りで。

現代のツールの中で依存度の大きいものは
それを介すればつながりやすい訳ですから
そこへの関与は当然と言えます。

自分の心も
亡きかたの心も
同じ光なのです。
ならば考える事も行動も
基本的に同じです。
伝えようと思うとき
それを介するのは普通です

合掌 浄霊師 神島千尋

|

« 呪合戦 | トップページ | 霊波動 »

コメント

言葉にしろ文章にしろ相手に自分の気持ちを伝える事が苦手な者にとってはとても難しく思います。 文章で書くといやにそっけなく冷たい表現になってしまったり、言葉で発すると言葉足らずになってしまったり…。
それでも相手にどうしても伝えたい事がある時はどちらかの手段を取らなければならないし。そんな時に相手側から連絡もらうと、テレパシーでも通じたのかしら?なんて勝手な解釈をしてしまうこともありますね(^-^)

投稿: まるみ | 2010.03.30 12時32分

もちろんテレパシーで通じているのですよ^^

投稿: 神島千尋 | 2010.03.30 21時05分

前にお母さんからの留守電に
お母さんの声とかぶってところどころ
別の女の人の声がかなさっていたので
明らかに外部の雑音とは違って聞こえたので、もしやと思いました(*_*;
その女性の声はかなり低い声でぼそぼそ言ってましたが...
何言ってるのか聞き取れず、不気味でした。
あまりに怖かったので何回か確認して
消してしまいましたけど(^^ゞ
これも霊とか関係あるんですかね?

投稿: なおのにゃらん | 2010.03.31 16時50分

混線でなかれば、おそらく霊と思います。
相談者さまから頂く電話に
かぶさるように霊の声が
入ることは多いです。
はっきりと声として乗ってきますので
こちらも、先方も聞こえています。

^^

合掌 浄霊師 神島千尋

投稿: 神島千尋 | 2010.03.31 17時34分

コメントを読ませていただいていて、甦った記憶があります。
実家の父が亡くってもう14年になるのですが、ちょうどそのくらいの時にたまに電話が混線しているかのように男の人の話声が混じっていたことがあったんです。十年以上も前のことなので、その時の様子などは忘れてしまってますが…。なんとなく気になるものだったのは覚えています。
まったく自分には霊感など無いと思っていたので当時も気にしていなかったんですけどね。     
雑音や混線は今でもたまにありますが、ちょっと違うな?って感じたのはその時だけでした。

投稿: まるみ | 2010.03.31 21時37分

あるいはそうだったかもしれませんね。今となっては(^_^;)わかりません。只今新大阪で乗り換えです。

投稿: 神島千尋 | 2010.04.01 18時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 呪合戦 | トップページ | 霊波動 »