« たまには体験談でも^^ | トップページ | 負の支配 »

2010.04.17

宇宙

昨日の恐怖体験から一転
宇宙のお話を少しだけ。

私は天文はさっぱり分かりません^^。
私の言う宇宙とは
目に見える宇宙と見えない宇宙のことで
見える宇宙は文字通り上を見上げると
無限と思える広大な空から繋がる神秘の世界です。

さあここで問題です
見えない宇宙とは何でしょう^^

現代科学では届く事の出来ないその先に広がる空間? 正解!
心の世界?  正解!

心に思う自分の宇宙感は全て正解なのです。

そんな多数の正解の中にこんな答えがあります。
表の宇宙と裏の宇宙

物事には必ず二面が存在します。
目で見える世界で例えるなら
コインの表は裏があるから表面が存在します。

頭上に広がる宇宙は、見えない反対側の宇宙の存在があって
その反対側としてのバランスを保ち
今私達の頭上に広大に広がっているのです。

ここから書くことは、
あまり文章にしたくないのですがあえて書きます。
多構造で空間と違う空間同士が、そうですね表現するなら
トンネルのようなもので繋がっています。
おかしいと思われても構いませんが、
私はそのトンネルを何度も通りました。
通りたいと思って入れるものではなく
引き込まれてはじめて入る事が出来る
移動空間のような構造となっています。
さらに言えばトンネルと言う表現はあくまで分かりやすい
言葉として使っているだけで
本来目に見える(肉眼)ものではありません。
人として存在する私達がそこを通る時
どうしても肉体の感覚を意識レベルで消しきる事が出来ません。
人である限りそれを忘れることが出来ないのです。
ですのでスピード感覚もそうですが、光を線として捉えてしまうのです。
ですので移動時はどうしてもトンネルの中にような感覚になるのです。
逆にいうなら、その感覚は大切な感じ方と言えます。
そして空間のスピードは肉体では耐えられないものです。
魂での移動となるその感覚はすごいものです。

無限大のマーク、あれは良く出来ています。
まさにあの通りと感じることが多々ございます。
裏であり表であり
一見関係ない出来事も大きな流れの中では全て一つである。

自分に起こる事や何度も巡る避けたい出来事は
どんなに避けても、繰り返しおとずれます。
どんなに自分の思いを押し通そうとしても
自分本位はいずれ通らなくなります。

誰にも必ずステップアップをする時が巡ってきます。
それはそれまでの自分をかえる時なのですが
それを逃し、いつまでも同じ流れを継続させようとすると
無理が生じます、その無理が心身のバランスを崩す結果になります。

一つ克服した心で動く肉体は、その時の心にふさわしい縁や流れを
身にまといます、それがその人の魅力ともなります。
流行が変わるように、その流れにも次の流れへの
シフトチェンジが求められます。

一つの栄光、その時の楽しさは一つの結果なら
その時その時の因が次のステージを用意します。

力を入れるのか
抜くのか
その時試されます。

実は心霊に携わる方々には二つの流れがあります。
次元との縁を頂いている方と別の導きの縁を頂いている方
必然的に方向性が違ってきます。
ここから先は、今の段階では書くことはできません。
ですが、そう遠くない将来、
それらをはっきりさせなければならない時代がめぐります。

力を入れるのか
抜くのかはそこにつながります。

どちらが良い悪いのレベルではなく
どちらも方向性を一致させる必要があると言うことです。

合掌 浄霊師 神島千尋

|

« たまには体験談でも^^ | トップページ | 負の支配 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たまには体験談でも^^ | トップページ | 負の支配 »