« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010.06.29

治癒と浄化

85022995.jpg



中学生の女の子がこういいました
「今日歩いていたら突然目の前にね、
霊が現れてお前を守ってやるって言われたの
でも守護霊なのか分からないし、どうしよう・・・」と。

その話を横で聞いていたお友達がこういいました
「何言ってるの、そんなのいるわけないでしょ、
心配いらないし何も起こらないか大丈夫」
その返答でそのお話は終わりました

このお友達は、
霊をみたという子を救いましたね^^

続きはこちら>>>

合掌 浄霊師 神島千尋

浄霊師 神島千尋 MysteryZone
相談ご質問お問い合わせ

| | コメント (0)

2010.06.27

負の連鎖の種

63361c09.jpg

この家には霊がうようよいる

ある家に訪ねてきた人のその一言が
人生を狂わせるほど日常を変えて行きます

それまでそんな事気にしたことも
意識した事もない老夫婦は
尋ねてきた知人が
お茶を飲みながら発したその言葉が
妙に気になりはじめます。

その後も知人は事あるごとに尋ねては霊の話
電話してきては霊の話を繰り返します。
完全に暗示にかかっている状態になっており
1年ほどで、見える全てが悪いものに感じるようになります。

足腰の痛み
机の上の物
電話
家、庭、草木、鳥、ねずみ
触れるものは動きますが、全て霊が動かしたと感じます。
そして人の力とは凄いもので
そういう状態にあんると霊感も強くなるのです。
家族の意思を読んだり、
誰かが来る気配を事前に察知したり・・・
そんな心の世界に入り込むと
いたずらを生きがいとする、と言うと語弊がありますが
そんな存在に右往左往されていくようになります。

そうなると、誰が何を言っても聞く耳を持ちません。
誰がしたかと言うと自分です。
それを許す心がバランスを欠いていくならば
引っ張られる事のない柱を心にズドンっ!と建ておけば良いのです。

その状態の長引きが連鎖を生むのです。
同じ状態になればわかってくれる・・・・と。

その通りと思う言葉は自分に心に残し
どうかな?と思うこと、それは違うと思う事は
さらりと流してしまえば良いのです。
なぜ言葉が心にひっかかり
それを気にしてしまうようになるのか、

自分の心の目盛りで計れないものや
自分の判断基準、自分の心の決まりごとに
当てはまらないものを投げかけられるからなのです。
どう判断すれば良いか、どう捉えれば良いか
そこに、恐怖が加わると、心に絡まり取れなくなるのです。

良いですか^^
霊は肉体がありません
つまり人の世界では何もできないのです。
何も出来ないから何かを成したいという願望が強いと
人として生きていた時の感覚で成そうとします。
自分が出来ないもどかしさから、なんとなく影響を受けやすい人に
依存していくのが、いくつかある影響の一つです。

同じような感覚を持つ人のほうが共鳴しやすいのは
言うまでもありません。
霊に興味のある人、心霊や恐怖体験したい人
霊を見たい、さらには霊感を持ちたいと思う人が
往々にして霊障を受けるのは自ら招いている事も少なくないのです。

心のゆるぎない光を意識すること
その光を自分で感じる事、感じ方
見えない世界の守りとは何か
流れと運の関係

全部繋がっていることを感じて欲しいのです

あさつゆの透明感と光は
すべての命のもとに繋がる流れのはじまり。

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2010.06.26

ご紹介^^)

縁あって
不思議な絵を描く
「まほら」さんと
出会いました。


75b79c15.jpg







独特の感受性をもつ人柄同様
独特の世界観を描きます。

彼女の繊細な心をそのまま表しているようです。

現在長野市(北長野駅前)
”ル・ベルジェ長野”/東急ライフ店にて
展示されております(場所はこちら

「この作品を見た時ほっと幸せな気持ちになりました。
 鉛筆の線がとても優しく惹きつけられました。
 一枚の絵の中に、さまざまな想いがぎゅっと
 詰まっているのを感じます。
 これからも沢山絵を描いてほしいです。
 人を幸せな気持ちにさせられる事が
 できるのは素敵だなと思いました」

↑そちらで見た方がお帰りの際書かれていったコメントだそうです。



mahora05













甘味と紅茶と”まほら”の世界を
少し覗いてみてはどうでしょうか?

ちなみに神島千尋の相談室にも
以前ご紹介したものを置いてございます。

ちょっとご紹介でした^^)

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2010.06.24

洋館で・・・

a8392114.JPG

良い気が満ちる地に
おしゃれな洋館が建っておりました。
玄関も広間も
各階や各お部屋も
どこを通っても一つ一つ選び抜かれたセンスが
感じられる空間です
ただひとつ・・・ 
見える空気は動いているのに
見えない空気が流れていないこと。
そして長い間続いているのが・・・
この施設の幽霊騒ぎだったのです

続きはこちら>>>



合掌 浄霊師 神島千尋


浄霊師 神島千尋 MysteryZone
相談ご質問お問い合わせ

| | コメント (0)

2010.06.22

霊能者と浄霊師の対談前のワンシーンです^^)


神奈川の宗先生・剣二郎先生の
相談室での動画です。
夏のテレビロケを終えたばかりだそうです。
ちょっと面白いお話(撮影)も聞いておりますが
まだNGだそうで、出せるようになりましたら
お話します^^)

さて、今回一つの企画が一応決まりました。
秋に、長野市で霊能者と浄霊師の講演会を
予定しております。
詳細はこれからですので、決まりましたら
告知させていただきます。
心霊の世界に興味がある方
除霊や浄霊とはどう言うものか
霊能者や浄霊師の体験例も交えながら
本当の意味での心霊の世界を語りたいと思います。

詳細が決まりましたら、お知らせいたします。




合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2010.06.20

真言

631fd9c2.JPG

何か感じたときなど
真言を唱えていますが
それだけで大丈夫でしょうか?
毎朝真言を唱えていますが他にやったほうが良い事ありますか?
と言う質問を頂く事があります。

真言を唱えるのはなぜですか?と聞くと
その殆どで答えがあいまいになります。
そして祓いや魔よけ的な返答が大半を占めます。

真言を唱えることは悪くありません
むしろ日々唱えていただいてよいと思います。

そこに自分の願いを求めて唱えるならその効果を期待するのは
やめたほうが良いと思います。

ここに一つの山があります。
斜面には断崖もあれば
少しなだらかな所もあります。
谷ももちろんありますし
険しいのぼりが難所として存在し
山頂に繋がります

その山頂から見渡すと遥か眼科に盆地が広がっております。

どちらも心であるならば
その受け皿が断崖や急な斜面では
欲するものを掴んで重ね掴んで置いてみても
安定する所を見つけられないのです。
偶然気の根に引っかかりそこに置けたとして
次の欲しいものをその上に置く時
滑り落ちると同時に引っかかっていたものまで
一緒に崩れ落ちる事もあります。

心が盆地なら
どこに置こうとも安定してそこに座す事になります。

まず何をすべきか
そしてどう動くべきか
最後にどこに戻るのか

全て感謝です。

感謝で見れば学びとなります
感謝で動けばその結果が出ます
感謝で今を蒔けばその芽がでます。

願いではなく
魔よけではなく
都合の良いおまじないでもなく

感謝で真言を唱えて見てください^^)

願わずともいずれそうなるでしょうし
魔よけなどしなくとも穏やかな流れの日常になります。

それが自分の心に眠る
仏心を意識できる鍵の一つです

そんな穏やか心で
子供を叱る人は、その言葉に愛があるのです。

虐待の報道が多くございます。
自分の心の険しい山道のいらだたしさを
子供にぶつける事だけはしてはならないと感じます。

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2010.06.18

葬儀から不調?

292cd91f.JPG

火葬場や葬儀場での
心霊話はよく聞きます。

私もお葬式などで
頻繁に触れられますが
通常の場と違い
痛重い訴えとして受ける事が
多くございます。

浄霊師としてでなく参列していても
つい意識を繋げてしまうのでしょうね。

それはそれとしてもう一つの存在のお話。
多くの方が様々な想いで集まりますので
そういうところには一つの場の気が生まれます。
深い悲しみはどうしてもそこに残るものです。

人の思いも霊の想いも同じ流れです
一つ違うのは人の思いは今の心
その時その時の感情が繰り返す事で
良いも悪いも念として現れるという事です。

さて、
お葬式や法要に行ってから不調になったのですが・・・
と言う相談を受けることがあります。
それまで元気だったのに、それ以後風邪を引いたり
持病が再発したり悪化したり
仕事も不調になった、対人トラブル・・・etc.

実際にあった相談を一例として出します

33歳のAさんは、遠地で就職、
忙しい大手企業という事もあり殆ど帰省せず、
休みは仲間と趣味や旅行。
実家のおばあちゃんが亡くなり、
休みをとって実家に帰ったのですが
葬儀の際、突然発熱、その後1,2日休み熱は下がったが
だるい状態が続く。
仕事に戻るもその後先の不調が次々と・・・

体には体の流れが存在します。
その流れを通さなければ不調になります
心には心の流れがございます
その流れを通さなければ不調になります

体だけ鍛えてもバランスは取れません。
心の世界だけ鍛えてもしかり。

心でいけないと分かっていながら体でしているなら
その結果がでるのは最初から分かっている事になります。
体で行う事は心に影響を出します。
どちらが欠けても流れは生まれません。
それを学ぶ為に、若いうちの無理は必然なのです。
強引に結果を出すのは、出来るうちだから出る結果です。

それをする時を逃した後
それをすると無理が巡るのです。

この男性の場合、不調を霊のせいにしていましたが
直接の原因は霊ではなくもともと無理がたた
限界が来ていたのです、その心で触れた葬儀の流れに
自らの魂がバランスを求めた結果だったのです。
そうなるいくつかの要因として介在したのが
ご霊さまや場の気、
そしてそれぞれ今を生きる家族皆さんの
心の気、念なのです。

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2010.06.14

笑顔の日常が結果なら悩む必要はないはず

8a8e38c1.JPG

泣きながらお電話くださる方がいます。
心が重すぎて浮く事もできずに
沈んでしまいそうな・・・。

沈みながら個を失い
心が崩壊してしまうと
誰が何をしても
どうにもならない事だってあるのです。

今お話しているのは誰ですか?
今言葉を発しているのは誰ですか?

何度もそう問いかけます。

「自分です・・・」
・・・消え入りそうなかすかな声で。

そこがはじまりでそこが大切なのです。

自分が自分の声で自分の意志を伝える為に
発しているのが自分の言葉です。
声であれ文字であれ同じ事なのです。

例え霊の影響を受けていようとも
発しているのは自分なのです。
言葉を発する、文字を書くという事は
自分が存在していなければ出来ないのです。
存在している自分が、自分の意志で今を生きている事を
意識しない生き方をしていると
知らぬ間に他意の影響を受けている事も分からなくなります。
分からなくなるという事は、どう改善すれば良いかの
判断も失ってしまうのです。
そもそも他意で悩むと、別の考え方に振り回され
それを改善しようとさらに違う意見に流されます。
結局何を信じて良いか根本を完全に失う事もあるのです。

なるほどその通りだと
自分が感じたなら受け入れ留めればよく
どんなに高名な方の言葉であっても
自分が納得できなければ聞流せば良いのです。

では神島千尋さんのお話も信じなくて良いと言う事ですか?
そう言われた事があります。
「はい^^その通りです」と大きな声で答えました。

だってその方にとって必要の無いと思うものは
心に残す必要がないですもの^^)

つまりね
自分の心がどう感じるかが大切なのです

人がこう言ったから、
霊感ある人にこうしろと言われたから・・・
その結果がどうであるかが今なのです。

笑顔の日常ならば悩む必要ありませんね^^)
それが答えです。

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2010.06.12

心の浄化

8c69f717.JPG

おまえは霊の
本当の怖さを
知らないだろう!

ある時私が
霊に言われた言葉です。

この言葉を伝えられた時
私はとても穏やかに
この言葉を受け入れました

そしてこう伝えました

あなたこそ人の本当の強さを知るべきです

と。

続きはこちら>>>


画像は供養させていただいた
渓谷での一枚です。



合掌 浄霊師 神島千尋

浄霊師 神島千尋 MysteryZone
相談ご質問お問い合わせ

| | コメント (0)

2010.06.11

お化け屋敷

0715b519.jpg

今回はお化け屋敷での
体験談をおひとつ。

神島千尋が生まれ育ったところ
そこは田舎で
狐や狸はもちろん
野生動物が人と共存している
もののけの里でございます。

その頃私の家では
馬かロバか?と間違われるほど
大きな犬を飼っておりまして、
小学生の頃、犬の背中に乗って
学校まで行った事もあります。

さてある日の事、知り合いのおじさんが
町でお化け屋敷をやっているので
連れて行ってやる、と言ったのです。
お化け屋敷の経験の無い私は、うれしいのか怖いのか
記憶は定かではありませんが、ある意味わくわくしながら
入ったのは覚えております。
今のようにしっかりした作りではなく
あちこちから光がちらちらもれているレベルでしたが
音やおどろおどろしい血しぶきの顔に
ビビりながら、おじさんがいたのでどこか安心していたのです。

そのおじさん、今で言うとちょい悪オヤジで
まあある意味半分危ない人としてそれはそれは
狭い巷で有名だったかもしれません。
しかし子供の私からしたら無敵に違いないと思っていたわけです。

暗闇の中、それでも男の子であるから
一人で大丈夫な雰囲気をかもしながら・・・
”離れたら終わりだ”と
必死に想像上の無敵のおじさんに着いて行く

曲がり角をまがった時
突然白い布をまとった真っ白な顔に
口から血を吐く霊が
おおおお~っ!  と言いながら
現れたのです。

驚いたのはその霊ではなく
現れた霊の飛び上がって驚いたおじさんは
次の瞬間、霊をぼこぼこに殴ってしまったのです。

いや・・・・
正確には霊のアルバイトをしている人を・・・

見事なフックでノックダウンする霊を見たのは
おそらく世界中でも私だけと思います^^)

いたいな~(半泣っ!)・・・殴ることないじゃないですかっ・・・

消え入りそうな声でそう言う霊に
完全無視しながら次の角を曲がっていくおじさんの後姿と
本当の血を吐きながら、なみだ目の霊と
立ち尽くす僕と・・・

お化け屋敷を見ると
今でも殴られた霊を思い出します^^;

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (4)

2010.06.06

再会

762bb1e4.JPG

ありがたい事に
本当に多くの
ご縁をいただいております。

ゆえに^^;
更新する時間が
作れません。

出かける前の10分とかで
更新しなければ・・・
とある種義務意識を心に
受け付けて。

先日のこと。
ご依頼先に向かう途中で
コンビにに寄ったのですが
とても混んでいて
二つのレジに行列が。
私はのど飴を選んでいたのですが
そのレジの列の中から
一人の女性が突然列を離れ私の目の前に来たのです。

神島さんですよね?ありがとうございました!

@@え?   ・・・・  だれ?でしたっけ・・・?

二十歳くらいのおしゃれでとっても綺麗な女性ですが
まったく記憶に無く・・・

するとタイトな紺のスーツの袖をめくり
腕を出してブレスをチラッと見せながら
私です^^ ・・・と。

あ~^^!

お会いした時は憑依状態で
今とはまったくの別人と言って良いほど^^;
お話中も目が完全にそちらに引っ張られており

その後の変化は今の笑顔が表していました。

お作りしたブレスが
綺麗なままの透明感が
今の心をそのまま見せてくれているようです。

なんだか元気を頂いたつかの間の再会に
感謝しつつ

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2010.06.03

結界

bf69cad2.JPG

区切りや段落って
無いと不便ですよね。
文章も段落や句点がなければ
読みにくいものです。

境界線が無ければ
日常の中で
なんとなく少しずつ
広がりやすい敷地が良い例です。
いざこざやトラブルもよく聞く話です。

仕切るという事は、そちらとこちらは別ですと
はっきり示していることになりますから
境界線や仕切りがあってはじめて
しっかり区分されている事になります。
つまり、その境を越えると言うことは
侵入した、と言う感覚が生まれるわけです
あくまで一般論としてですが^^)

たとえばそれまであいまいであったところに
仕切りを作れば、それまで意識していなかった人でも
仕切られた事で中には入りにくくなります。
「そうか、ここからは他人様の土地なんだ^^気をつけよう」
と思う人もいるでしょうし
「今まで無かったのになんで急にこんな仕切りを・・・」と
快く思わない感覚を持つ方もいます。

仕切りって不思議なもので
四隅に物を配置するだけでなんとなく
仕切りになるのです。

人の心とは
仕切りにより安心する事もありますし
仕切りによりはっきりする事で解決する事もあります。
ですが仕切りによりトラブルになる事もあります。

何を申したいかと言いますと
この世界で起こることは
見えない世界も同じことだという事です。

そんなつもりでした訳ではないのに・・・となる事もあるのです。

たとえば伺うお宅の中で、多いのが盛り塩。
しかも四隅に配しているケース。
この塩はどう言う意味でされているのですか^^)?と聞くと
「どこかで聞いたので・・・」
「ネットで調べたらそう書いてあったので・・・」
四隅に塩を盛るには、知らなければならない事があります。
それを知った上で、配置するやり方や順番なども気を配らなければ
簡易結界にしても意味を成しません。
逆にそれまでしていなかった所に、それをすることで
たとえばそれを”挑戦?”と受け取る存在が
いるやもしれないという事です。
同じ行いでも逆効果になるなら最初からしないほうが良い事もあります。

また神仏さまを祀る場も必ずしっかり境界線があります。
それを身近に見る事が出来るのが神棚でありお仏壇なのです。
しらずにそれを超えている事が多く
それを正すだけで、その家の流れがあっという間に改善するケースが
とっても^^ 多いのです。

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »