« 再会 | トップページ | 心の浄化 »

2010.06.11

お化け屋敷

0715b519.jpg

今回はお化け屋敷での
体験談をおひとつ。

神島千尋が生まれ育ったところ
そこは田舎で
狐や狸はもちろん
野生動物が人と共存している
もののけの里でございます。

その頃私の家では
馬かロバか?と間違われるほど
大きな犬を飼っておりまして、
小学生の頃、犬の背中に乗って
学校まで行った事もあります。

さてある日の事、知り合いのおじさんが
町でお化け屋敷をやっているので
連れて行ってやる、と言ったのです。
お化け屋敷の経験の無い私は、うれしいのか怖いのか
記憶は定かではありませんが、ある意味わくわくしながら
入ったのは覚えております。
今のようにしっかりした作りではなく
あちこちから光がちらちらもれているレベルでしたが
音やおどろおどろしい血しぶきの顔に
ビビりながら、おじさんがいたのでどこか安心していたのです。

そのおじさん、今で言うとちょい悪オヤジで
まあある意味半分危ない人としてそれはそれは
狭い巷で有名だったかもしれません。
しかし子供の私からしたら無敵に違いないと思っていたわけです。

暗闇の中、それでも男の子であるから
一人で大丈夫な雰囲気をかもしながら・・・
”離れたら終わりだ”と
必死に想像上の無敵のおじさんに着いて行く

曲がり角をまがった時
突然白い布をまとった真っ白な顔に
口から血を吐く霊が
おおおお~っ!  と言いながら
現れたのです。

驚いたのはその霊ではなく
現れた霊の飛び上がって驚いたおじさんは
次の瞬間、霊をぼこぼこに殴ってしまったのです。

いや・・・・
正確には霊のアルバイトをしている人を・・・

見事なフックでノックダウンする霊を見たのは
おそらく世界中でも私だけと思います^^)

いたいな~(半泣っ!)・・・殴ることないじゃないですかっ・・・

消え入りそうな声でそう言う霊に
完全無視しながら次の角を曲がっていくおじさんの後姿と
本当の血を吐きながら、なみだ目の霊と
立ち尽くす僕と・・・

お化け屋敷を見ると
今でも殴られた霊を思い出します^^;

合掌 浄霊師 神島千尋

|

« 再会 | トップページ | 心の浄化 »

コメント

どうも~
久コメですcoldsweats01

先生は子供の頃はお化け屋敷は
怖くなかったんですか?

あたしはあのリアルな表現の
お化け屋敷はダメでしたよ(^^ゞ興味はあったりなかったり....
ちなみに今でも苦手ですがcoldsweats01
ほん怖くらいな話なら
好きですがcatむむむ。

あたしも子供のころ
友達にむりくりお化け屋敷に誘われて
泣くなく入ってって、そこから出たくて
友達置き去りにして
猛ダッシュで出口目指して、まっしぐらでしたよcoldsweats01
なにも見ずに、ただダッシュ(笑)
友達の待って~の声も無視してダッシュしたのに、友達は全然怖がる感じもなく一人で涼しげに出てきましたね~(笑)

でもちょい悪なおじさんでもビビるんですね(笑)

投稿: なおのにゃらん | 2010.06.11 13時54分

怖かったですよ^^もちろん。
でもね・・・・
本当に怖いのは人のほうだと
小学生で学びましたね・・・
だって霊が泣いてるんですもの^^)
目の前で(笑


投稿: 神島千尋 | 2010.06.11 16時21分

想像したら笑ってしまいました。ごめんなさい。そして、私も高校生の時に友だちとお化け屋敷に入った時の事を思い出しました。三人で仲良く笑顔で出口まで来ていたのに、ほっと気を抜いた瞬間に幽霊さんに腕をつかまれて…。ギャー!っと叫ぶなり友だち二人をその場に残して出口を飛び出した事がありました。今でもその友だちにあうと、あの時は…って言われます(^o^;)

投稿: まるみ | 2010.06.11 19時53分

誰でもわが身が一番ですね^^)>まるみさま

投稿: 神島千尋 | 2010.06.12 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再会 | トップページ | 心の浄化 »