« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010.07.28

以心伝心

1022-201111121
誰のこころも
みな、繋がっています。

家族も
友人も
知人も
ご近所も
子供も
大人も
すれ違っただけの人も

心のつながりは目には見えませんが
いつも思う人に思いは飛び
思われる人もまた別の人を思い
別の人はこちらを、こちらはあちらを
そんな複雑なこころのネットワークの中で
体を動かして、目に写るこの世界で生きております。

目に写るものは見えますからよく分かります
ですが見えないものは分からないとは言え
なんとなく見えない流れを感じているはずです、誰でも。
西に黄色や東に赤を置いてみたりするのもそれですね^^)

運気を引き込みたいと感じるなら
まず自分が身を置かせていただいている
その土地の流れを知ることです。
土地の流れに逆らう状態になっていないかを
心で見渡してみると思い当たる事があるはずです。
わかっていながらそのままにしていることが^^。

次に建物には囲いを作ったときから流れが生まれています。
その流れを同様に心で見渡してみると
やっぱり引っかかるところが見えてきますね^^

そこに住む家族にも流れがあり
底から繋がる全てに流れがあるのです^^)

これを通す事に意識を向けるとね
それまで部分的だった運気を総合的に
あげる事も可能となってきます。
ですが、このとき同時に落とし穴が生まれます。
少し良くなると安心して気を緩めたり、継続が面倒になる心。
毎日しているから今日だけはいいか^^; と。
それが今週は・・・になり、いずれそれが習慣となり
放っておく期間が長くなります。
流れは閉ざされ、次にそれを繋げるのは至難の業です。
やろうとする時、心は嫌々になっていますから。

さて、心のつながりの話でした。
親子の心はとっても強く繋がっています。
親の感情は子供に以心伝心していますし
子供の気持ちもストレートに親の心にとどいています。
五感では顔色からでしか図れません、
心で感じてあげてください。

親が感じる必要の無い恐怖を感じていると
子供は寝つきがわるくなったり
夜中うなされる事もあります。

穏やかで、安定した基点を心の中心にしっかり持つ事で
時にはイライラしたり怒ったり泣いたり落ち込んだりしても
中心の光を持つ心の波動は周りに安心を与えます。
子供はその光をいつも感じていたいと思うのです
そして自分もそうなるように真似をして
大きくなっていくのでしょうね^^

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (2)

2010.07.25

ひらめきはどこから来る?

急な出来事による
予約の日程変更が
時々ございます。

そんな時は私のとって
休息のひと時となります^^)

inari11


と言ってもゴロゴロする訳ではなく
そう、土をいじる事。

草って本当に根性があって
一週間もすると元気に復活してくるのです。

そこでまだよいと見過ごすと
次に気がつくときは手のつけようが無いほど多勢に(笑
そしてそれを見るとあきらめの境地に入るのです、はい^^;

なので、気がついたときがやりどきと
朝のお勤めの後、まだ日が昇る前に小さな芽を摘むのです。
小さいうちですと、それほど大変ではなく
気がついたとき、ちょこちょこやっておく積み重ねが
わりと平均して綺麗になっている流れとなります。

作務ですね^^)
梅雨明けからの猛暑が続きます
朝と言ってもすでにじわじわ暑く
黙々と作業していると、汗がぽたぽたとね。

さて、思った時がやり時といいますが
なぜだと思います?

物事は両面があって一つと以前お話しました
「思う」と言うキーワードを
自分の感じ方ではない面から考えてみてください。

思うは自分を基点にしていますよね、普通。
「だって自分がそう思ったのだから」
そう、その通りです^^。

ではそうしてそう思ったのか

自分が思いついた
自分が感じた

それを違う角度見ると
思いつく原因が生まれたから
感じる要素が生まれたから、とも言えます。

その原因、要素とは何か、となります。

自分のひらめき?
自分の運?
自分の力?

確かにそうです
でも違います。

本当に運の強い方は、その時こう思います。
ありがたいな~^^、と。

何に対してありがたいと感じているかが
実はすご~く大きな流れに繋がるのです。

五感以外の伝達を頂いた時
人は、ひらめきや運の良さを感じるのです。

そう、頂いているのです。
常に答えを。

頂いた瞬間が、思った時であり
その時がやり時なのです^^。

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (4)

2010.07.23

命の光

h12
純粋な心を持つ人がいます。
芯はとても強く
でも本当は弱くて

はじめてお会いしたのは
もうかなり昔のこと。

夢に出てきました

変わらぬ笑顔のままで。

命の光は
いつも
いつでも強く
輝いています。


一瞬一瞬を
一生懸命
強く
穏やかに
笑顔で

今を生きています。

その強さをね
少しだけ意識できる心が

根本の光を
見えるほど強くできるのに・・・

今を生きる人がいます。
今生きることをやめようとする人がいます。

今行きたくても生きられない人がいます

今あなたは洋服を着ていますか?

毎日食事をとっていますか?

家に住んでいますか?

水を飲んでいますか?

空気吸っていますか?

それらをね
今まで意識した事ありますか?

私は一切意識した事なくすごしていました。
そして、あって当たり前の繰り返しの日々の中で
すでに存在すら忘れて、無いものへの欲や嫉妬ばかりが
心を支配していき、ついには自分の思い通りにならない事の
苛立ちでストレスを感じる毎日となっていた事があります。

一人の人間の死から
全ての考えを改めました。

そこから一つの道を歩む決意と
そして同時に「導き」を頂きました。
全てが縁です。

どうにも出来ない事を悔やむのではなく
どう受け止めるかを学ばせていただく事で
一歩、進むのです。
たった一歩が、確実に大きな次の一歩に繋がるのです。

私はそれを実践で経験していくのが人生と感じます。
言い方やたとえ方は人それぞれ^^)

結局ね、どこからはじめようと
必ず通らねばならない事はいずれ巡るのですね^^)

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2010.07.20

浅間さまとねこ

N111
あるご家族さまのお一人が
不調になり、病院にも行ったが
これと言って原因もなく
痛み止めや睡眠在を処方されてはいるが
改善するきざしがなかったという。

そんな折、親戚の法事で親族が集まった

親戚のお一人が霊感のある方だそうで
会うや否や

大丈夫?・・・霊がついているけど・・・・

と言われ、さすがに心配になり
お祓いのご依頼となった次第。

お会いすると、顔色も青白くふらふら状態。
どうにもならないオーラを
出していると言っても過言ではないほど

大大丈夫じゃないですね・・^^;
としか言葉出ませんでした

霊の影響もさることながら
やはり念、しかも呪といえるほどのつよいもの。

受けているものが大きい場合で
ポイントを絞らない・・・
つまり確実な狙いとしてではない
念は性質がよくないのですが
その中でさらにある特定の霊感を持つ方が
念として気を放つと、それはとっても強いのです。

私が嫌だと思う人は必ず怪我するの・・・
と自負する方がいます。
思う事を通す力は、良き使い方をして
はじめて心のバランスを頂くのです。

つまりそうでない、自分本位の通し方をすると
バランスを欠いている状態となりますので
今、自分の身の周り、環境、起こること、流れ、
リズム、感じ方、全てにおいて負に傾きやすくなります。
そんな感情の時は、誰が何を言っても
悪く解釈してしまったり、意図しない逆の捉え方を
してしまったり・・・。

さて、先の方ですが
舞台で活躍する方だとのこと
なるほど受ける念も強いわけですね。

しっかり浄化させていただきました。

ごろごろ雷雲が広がる浄霊先から帰る駅の横に
大きな石碑が座しておりまして
ご挨拶・・・と思ったら

その足元に、猫がね^^

縁  ですかね、どこにいっても。

その石碑がね、浅間さまだからこれまた。

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2010.07.16

水晶の浄化

sa8an10~1
水晶のブレスですが
梵字刻印玉や親玉などがを入れるとき
両側に水晶の6ミリなどで
アクセントをつけていました。

私は自分のブレスには
アクセントとしてアメジストを入れていましたが
同様にしてほしいと言われる事があり
今後、主玉や梵字を入れる場合、アメジストを
入れる事にしました。
アメジストを入れても
ブレス価格に一切の変更はありません。

お写真のブレスは、お数珠としても
使えるようにとのご依頼のもので
お数珠の形式の組み方となっています。
グレードSAの8mm水晶で2連。
(2連とはブレス2つ分の長さ)
4ミリのアメジスト4玉配しています。

水晶ですが、にごってしまったと言う方。
次の方法をお試し下さい。

できれば天然水をご用意ください。
渓流の上部から汲んでこれれば一番良いですが
なければ水道水でも可とします。

白または透明な容器に水をはり
あら塩を軽くひとすくい溶かします。
そこに30~1時間ほど静かに浸してください。

簡単な浄化方法となります。

さて、大切なのはここからとなります。
まず身を清めてください。
まあ一般の方はお風呂に入れば
良いとしておきます^^)
無理であれば、しっかり手を洗ってください。
しずめておいた水晶を取り出し
水道水で構いませんのでゆっくり水を流し
水晶をさらしてください。

水分を取り綺麗な白い布、または紙の上にあら塩を
かるくまき、その上で一晩休ませてください。

これである程度の浄化は出来ます。
この水晶を自分の石とする
また自分の波動を覚えさせる
水晶の波動を自分の内なる力を
表に通しやすくするやり方など
様々な使い方(と言うと石に失礼ですね)がございます。
私はこの方法で、100%思う事をそのまま実現してきました。
驚くほどです。
誰にも持っている力があります、それは人それぞれまったく違うものです。
それぞれの特性や力を、発揮する事で無理と思っていた事の
壁を崩す事ができます。

また、人は誰もが波動を持ち
誰もが気を放っています。
目に見えませんから分からないのが普通ですが
それを見える形、感じること、体感できる方法ががございます。

それらをどこかで皆様に伝授したいと考えておりました。
10月に長野県長野市にて一つの集まりを予定しております。
その時皆様に、体験しながら、自分でも出来るように
お教えしながらできれば良いな~と考えております^^)
飲み物の味変えなどは自分で体感してもらうのが一番です!

夏が終わる頃に、そっと^^告知します

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2010.07.14

霊とデジタルの関係

デジタル化が進む現代の便利ツール
携帯もパソコンも常に次世代と言う
キーワードの中で進化しています。

私もそれほど疎くは無いつもりですが
それでも完全において行かれてつつあります。

g1444112111

ブログまでは何とか追いついている自負がありましたが
つぶやきさん(twitter)あたりからもうなんだか
分からなくなりつつあり、今年から来年当たりにでるであろう
新しいツールなどはもうパラレルワールドでしょうね。

さて、そんなデジタルで
よく起こる現象の一つがデータの消滅
アナログで言うなら紛失となるでしょう。

心霊に携わる方にはよく起こる現象です。

データが無くなったり、突然戻ったり
心霊相談のメール送受信が出来なくなったり
これは電話でも同じ事、お話中に雑音や異音や
時には霊による会話への介入も珍しくありません。

相談者さんから、同じメールが
何通も繰り返し送られて来る事もあります。
送信は深夜であり当然電源も落としている時間です。
伺う予定日の前夜である事がわりと多く
それだけ訴えの強い存在が居ると言う事が分かります。
良くも悪くも・・・。

変な言い方ですが、霊も現代ツールを
使いこなしているのかもしれません^^)

その昔、自然の流れで伝えていた多くの思念は
今では身近な電気信号やデジタル信号を
一つの手段としてきているのはよく分かります。

ただ一つだけ気をつけて欲しいのは
信号の誤作動はそれだけで起こることでは無いという事。

オーブもそう
ラップ現象もそう
霊障もそう
全てにおいて必ず原因があります。

要はその原因の一つに
目に見えない何らかも要因の一つとして存在すると言うこと。
逆に言えばそうでない原因も沢山あるという事です。

気にしすぎると、気にしなくて良いことも
恐怖を感じるほど気になってしまう結果となります。

そんな時、今のじぶんを取り巻く全体を
ひろ~い映像で見てください。
それが生活に支障が出るほど大きなウエイトを占めていますか?
生きていけない状態にありますか?
それはないけど・・・と思うなら、はっきり言います^^

気にしなさんな^^!

そんな気持ち一つで飛んでしまうことが

じつはとっても多いものです。

笑う門には福来る
福がこないならと言うなら
笑ってみたらどうでしょう

なんとなく心が明るくなるものです
心の明るさ、それを福と言います。
そこから繋がる良き流れを福運と言うのでしょうね^^。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ps-今週~週明けまで、東京を中心に移動しており
   時折長野に戻りますが、ブログ更新遅いです、お許しを。






合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (4)

2010.07.11

現代の闇

あれから4、5ケ月
やっと形になりました。

tuboniwa11











まだ構想は残っていますが
一人でのんびりやっておりましたので
まあ、まあ^^)

~~~~~~~~~~
さて今日はちょっと怖いお話
(なんて全然怖くないです)

お付き合いしている方
ご家族
仲の良い友人

人は人とのふれあい(心)の中で
互いにたすけあい
支え合いながら生きています。

共有する時間が長ければ長いほど
相手の発する波動を受けていますので
違和感を感じる相手であっても
その殆どは時間に比例し
違和感を感じなくなります。
つまり簡単に言うと慣れですね^^)

その状態を別の角度から視ると
互いの持つリズムは違うのに
似た波動になっている事があります。
生活の中で協調する時間が長くなると
似てきますので発しているものも
同じになるのです。

夫婦、家族、友人もそうですが
そんな関係の中で、
同調している関係になる場合・・・
たとえば、感情の繋がりが深かったりする時
相手の状態も共有する事があります。

家族の一人が不調になったとして
同じような症状に
見舞われる事があるという事です。
風邪がうつったと言う話ではありませんよ^^)

同じ箇所が痛くなる、同じ症状が現れる

そんなケースで一人が霊的な影響を受けたとき
同じ影響を受け始める、
つまり共有している状態になる事があります。

まったく同じ状態になる方が多くいらっしゃいます。
その中で達が悪いのは・・・念。

現代の大きな負の要素 、 念。

もうね、なんでしょう極端なほど強い念が存在します。
生霊も同様ですが、
強い念を長い間、
本当に長年出し続ける。

それを解すだけで
本当に大変な時間と
それこそ「霊的な力」を要します。
浄化ははっきり認識できる事がほとんどですので
それだけ受けているものが
はっきり明確に飛ばされていると言うことです。

禅や瞑想と違い、
負から入る事が多いイライラやストレス社会。
現代の病といって
過言ではありませんね、ここまで来ると。

とは言え、
霊はそもそも会話を必要としていませんので
当たり前と言えば当たり前な話なのですが。

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2010.07.09

オーラ

花のオーラを
感じたことありますか?

ha71

私は時々下を見て
足元を意識をしてみる事があります。

世の中には
沢山のものが共存しています。
土も石も
虫も鳥も
水も草も
人も木も

現象も同じです。
風も火も
気配や雰囲気もそう^^)

何が言いたいかと申しますと・・・

見ているようで見ていない物が沢山あるという事。
それを知ると知らないとでは
尺度が変わるほど大きな差となる可能性があると言うこと。

押して駄目なら引いてみる
それも同じことです。
押すものと決め付けて、つまり習慣にしていると
引くと言うことに気がつかなくなる

あ^^、私の話ねこれ(笑

両面から物事を捉えるという事は
柔軟な考え方を日常の中の一つ一つを図る
尺度にできるという事と感じます。

コメントの中に
「何でも知っているのですね^^」と言う言葉がありました。
ですが、その言葉に大きな意味を感じました。
何でも知っているの反対の意味を感じてみる事の大切さ。

「そうである」
と言う書き方と
「そう感じる」では大きな違いがあります。
これを別の方向で捉えると
感じるは個人的な感覚の表現となるが
ある、は決定、決め付けになります。
そうは感じていない人からすると
それはどうなのだろう・・・
と言う感情を生ませてしまう事になります。

などと話し始めると3時間ほど
話続けることになりますので戻します(笑

で、花のオーラですが
感じると言う人もいれば
な~んも感じない・・・と言う人もいます。

目で肌で、何か感じるかと言う概念をすててください。
物質化している物を見るのは肉眼です。
エネルギーや気や波動、オーラなどの見えない流れは
五感で判断できません。
だからそれ以外の霊的感覚で感じる事が大切なのです。

自分には自分の霊的な感覚が誰にもあります。
右に同じ人はいません、感覚はその人の感性です。
自分で自分の感性を知らずに、
他の方法を取り入れても開きません。
だって、他人はあなたではないのですから。

自分には自分の波動があります。
その波動を自分がしらなければ
どう生かせば良いかいずれ
分からなくなってしまいます。
それがこの世界でどう現れるかと言うと
どうしても似たような繰り返しとなる出来事や環境
仕事・近所付き合い・人間関係・目標や挫折などもそう

花のオーラなどと感じて花を見ている人って
そうはいないと思います。
そもそも花がそこに咲いていることに気がつかないことばかりです。

そこに気がつく心
意識する心
足元に咲く花があることを

そこに目が行くこと

それも一つの霊感なのです。

そこから何を感じるか問われていると思えば
その花のオーラは
心の力になります。


さてお写真ですが
放射状(半円形)のラインを描きながら
電球のような波動を発している
と感じたなら、なかなか繊細な霊感の
持ち主さんですね、あなた^^

さらに言うなら
この波動は受身ではなく
主張(届ける)タイプです^^。

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2010.07.07

マイナスへ転換上手

sisi1121でも、だってを
永遠に繰り返す
心があります。

誰がどんなお話をしても
負のきり返しでしか
返答しない方がいます。

傾向でいうなら
囚われやすい方や
うつ病などでのケース
でも少なくありません。

凄いな~と思うほど、起こる事見えるもの
会話やアドバイスにいたるまで
全て見事にマイナスへ一瞬で転換して返答してくるのです。

それはつまり
それこそ反対に転ずれば
貫く強さになります、それだけのパワーを持っているという事です^^)

どちらに使うかは自分次第です、ただそれだけなのです。

誰が何を言っても聞かんぼうは
意地の強さを持っているという事ですから
自分の為に意固地を貫くも
他の為に貫く力にするも、自由です^^。

どちらが心地よいか。

自分のプライドが許さない
貫く事で自分のイメージを崩さずに済む
また自己顕示欲としては満足するかもしれません。

自分から見た自分は、あくまで自分のイメージで
人が同じように感じているかどうかは分かりませんよね。
自分はこんな事を我慢しているのになぜ相手は気がつかないのか・・・
相手も同じようにこちらを見ている事が、実は多いものです。

私も日々反省する事ばかりです^^;。

さて、私は浄霊をする前に必ず
流れを繋げるその地、家、その方の縁ある
大切な伝言をお伝えします。
一発で全てを逆転できる事ばかりではありません。
しなければならない事を継続する事でしか
改善できない事は、続けなければ動きはじめません^^)
それによる動きはじめた流れは心の奥底で繋がります。

ある女性歌手さんが言っていました
泣いても目がはれるだけで意味がない
そんな時こそわらえる自分でいたい
その方がひとつ、強くなれた気がする、と。

心の基点とは、経験による確固たる心の確信。

肉体による実践から学んだ心の繋がり、その光は

揺らがないのです!

その光を持って言葉を発すると

その一言に宿る波動は

すっとね、

人の心に届きます。

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (4)

2010.07.06

気を使うと言うこと

1211意図しない捉え方を
誰もが

したり
されたり

するものです。




それを気にかける人は
自分の言葉に気を使います。

気を使うという事を
口にはしても、
ではその「気」とは何であるか
考えたことって少ないと思います。

精神的な意味合いであると言う事は
言葉で理解しても
その気を、日常で意識できたシーンが
殆ど無いために、言葉やイメージの
枠を出ることがないと思います。

言葉は目に見えません

ですが
言葉には色があり
形があります。

それを心で写してみています。

心の絵を
言葉にして表すことの大変さを
誰もが知っています。

どう表現すれば伝わるか
一生懸命話て意志を伝えようとします。
自分の心の絵をそのまま相手に伝えるのが難しいのは
その方の感受性でその言葉を心に写しているからです。
違う心でる事を忘れずにいれば
自分の感性の押し付けをしていないか
気を使う事になります。
気は心のエネルギーであるなら
気を使えば使うほど、心が疲れます。
肉体的なエネルギーを使えば疲れますし補給も必要となります。
心も同じなのに、それを忘れてしまう現代社会は
ストレス抜き下手な人が多いという事になります。

そこに一つの大きな鍵が生まれます。
その鍵は全てに通じます。
その鍵をしっかり持つとね

笑顔が多くなるのです^^)

ただそれだけなのです。

ただそれだけのことなはずなのに
そこから通じてくる流れの大きさは

無限なのです。

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2010.07.02

お数珠

zyuzu11121お数珠をお持ちですか?
もし自分のお数珠がなければ
一つご用意されると良いと思います。
お数珠・念珠どちらも同じですが
葬儀や法要などはもちろんですが
お寺さま、本尊さまに手を合わせるときは
やっぱり手にお数珠はあるべきです。

人は手を合わせるとき
様々な想いが満ちます。
想いはせる波動を常に受けているのがお数珠です。
貸し借りは駄目です。
また切れると縁起が悪いと思われる方いらっしゃいますが
決してそうではありません。
必要があって切れたのです
心でつながる合掌を守るお数珠が切れたという事は
成就したと捉えます。

すると、ありがたいな~となるわけです^^。

水晶のブレスをご依頼でお作りしておりますが
これは数珠ではありませんが同じ事です。
時折何度も切れてしまう方がおります。
不安な面持ちで
「何かあるんじゃないの?と言われました」と^^;

言われたその言葉に不安が生まれているのですが
現に何かありました?
別に無いですけど・・・^^;

何も無いのに何かあるのでは?と言う
言葉が心に絡まってしまうのです。
気になりますよね、だって
絡んでいるのですから。

確かに身代わりと言う事はあります。
文字通りの流れもあれば、
当てはめればそうなると言う事まで
含めての広義での話。

眼をとじて手を合わせるとき手にしているお数珠は
紐と自分の気で結ばれた輪になっています。
その方の波動で結ばれているという事です。
一度結ばれた繋がりは解かない限り解かれません。
結びが離れても宿った念は
浄化しなければ残ります、
あるいはぬりかえるか・・・。

材質や石が何であるかはあまりこだわる必要はないと思います。
お数珠をひとつ持つ事で、落ち着く方が多いのは
心で感じる事を意識できる時間を頂けるからと思います。

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2010.07.01

DSC014041111121念を意識して使っている人がいます。
すごいですね、
自分の武器として使っているのです。

こうなるこうなるこうなる・・・と
念を込めて自分の想いを
通そうと意識を集中さえてみる

思う通りになる事は少ない
が、時に思い通りの結果に
なる事があります。


そういう時の感覚って
すでにそうなっている結果を分かっているかのように
感じている事があります。
なんとなく分かる方、多いと思います。

つまりそれが心に触れている瞬間なのです。
触れていると言う説明はちょぅっと違和感ありますが
イメージで捉えてください。

潜在意識もそうですが、深層心理や深い部分の本髄で感じている事は
真理に繋がっている部分でもあるのです。
それに対して表面的な、実は上辺の擬似真理で物事の判断をしている事が
多く、それを自分の心と思って日々生活しているのです。

感謝している・・・つもり
やっている・・・はず。
手も日々合わせている

何を思って?
先祖様や神仏さまがいるから自分がいる、その感謝。

そんな聞き心地の良い言葉で自分がしているつもりになっていること

ありませんか?^^)

毎日手を合わせる事って、それを自分に問う事のできる
唯一の瞬間なのです^^)

そんな時間を大切にすると
1日の流れって簡単に変わります。

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »