« 荒れ墓地 | トップページ | 結界のはられた地 »

2010.09.02

ゼロ地場

1111
関東から九州へ繋がる
日本で最大の断層
中央構造線。
その断層上にある
伊那市の分杭峠は
内と外の断層の
ぶつかり合う気(エネルギー)が
ちょうど打ち消しあい
プラスマイナス0と言うバランスが成り立った
ゼロ地場地帯として
パワースポットブームとなっています。


という事で
立ち寄ってみました。


入れるところは二箇所あるようですが、
私が行ったのは湧き水のある滝方面です。

話では
山全体がゼロ地場と言われる地帯のような
イメージを持っておりました。
しかし、実際にポイントの滝まで向かう山中は
まったく気は感じませんでしたが、
滝ポイントの手前30メートルほどの所でしょうか
(砂利道のカーブ)
突然場の気が一瞬で変わりました。

匂いも変わるほどにはっきり気が切り替わりました。
同行された方も説明すると
「ほんとうだ^^」とそれを感じていました。

滝周辺には沢山の人がそれぞれ癒しの時間を
すごしておりました。

滝横に湧き水を汲む場があり
そこに向かうと、滝の数メートル手前で
また気の切り替わる場がありました。
そこを通過すると突然体が軽くなります^^。

なるほどこれは確かに面白い^^

その後あちこち探ってみましたが
滝周辺ではその2箇所が
大きな気の発生源となっていました。

もちろんマイナスイオンは
全体をつつんでおります(山や水場はどおでもそうですが)ので
ゼロと言われる地場の気と合わさり
通常の受けている地場や気のなかでそれを普通としていた体が
例えるならある意味解放される感がありますので
重荷を下ろした時にような安堵感のような
体の軽さのような感覚になります。

逆に言うなら、帰りはその気の切り替わりを通過した瞬間
現実に戻りますので、感性の強い方は特にそうと思いますが
重くなるように感じる事もあると思います。
私はそうでしたし、同行された複数の方も同じでした。

面白い体験でした。

気の切り替わるポイントは何度繰り返しても
分かります^^
こんなにはっきり波動の切り替わりを
体感できるところはそうないですね^^)
(あくまで部分的な場)

合掌 浄霊師 神島千尋

|

« 荒れ墓地 | トップページ | 結界のはられた地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 荒れ墓地 | トップページ | 結界のはられた地 »