« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011.07.31

ラップ音

911111

怒り憎しみ自体を
形で表す事は出来ません
それを分かる形で表せるとしたら
一番近く早い方法が音となります。

お祓いの時、その流れに合わせて
音が付いて来る事がございます。

一番身近なところでは建物の中での音
家鳴りは、その殆どが家屋建材のきしみです

木も鉄も温度や環境により伸縮を繰り返しておりますので
当然きしみます。
隙間もできるでしょうし、張りの引っ張りに伸縮が音となるのは当然です。

その中で、伸縮とは関係なく出る音が少なからずございます。
それがラップ音です

建物内で、家鳴りとラップ音の聞き分けは難しいいです。
ラップ音も家鳴りと変わらない状態で起こりますから。

唯一分かるのは、返事として応えるケース
または、明らかに意図を持った強烈な音、
例えば爆竹に似たような音であったり電子ライターのような
連続してでる音など。

そして一番間違いないのは、野外で建造物も何も無い目の前で
はじけるようなラップ音。

そんな現象に私はちょくちょく出会います。

お祓いの最中、例えば抜けていく物が上がる時など
まず音は出ます、通過する際と言えば分かりやすいでしょうか^^)
余りに多く抜けだすものが多いときは
そのまま周囲の壁などはパキパキ音を出し続けますし
大きな塊で出るときは、ドンと響きながら通過します。

ある家に伺った時、その方に影響を出している想いが
あまりに強く、相談室に入れない苛立ちから
外壁を四方八方からぐるぐる回るように
パンパン叩いて音を出した事もあります。
離れたくないが故の最後の行動だったのですが
相談者さんの恐怖は計り知れませんね。

敏感になる必要はございません
だって、殆どが家鳴りですもの。
つまり建材のきしみです。
エアコンなどを消して寝る時などは
急に温度変化が起こりますので
冷暖房による音は明確に起こります。
いつも同じような場所、同じ音は気にしない事です^^)

それ以外の場所での音でもまず気にする必要は無いと思います。
それぞれの場所により周期がありますので
半年に一度のペースで大きく音がする場だってあるはずですから^^)

驚くような音
目の前ではじけるような音
パチパチと電子のような音
鳴れといったら鳴るような応える音
低く響くような音
繰り返し継続する生木を折るような音
それらに関してはもしかしたらラップ音かもしれません。

室内・・・ 淀んでいませんか?
綺麗にする季節です、お掃除しましょう^^)

あれ・・・
掃除の話しになってしまった・・・笑

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2011.07.28

霊も人が怖い

8111111
霊を怖いと感じるように
霊も怖さを感じているのです
行く先々でそんなご霊さまに出会います

・・・なんて書くと、想像の中では
テレビ映像で見たことのある
いくつかのシーンが思い出される事でしょう。

実際は少し違います
そのご霊さまの状況により変化しますが
往々にして押し引きを繰り返すております。

その周期が長いか短いかで
起こる現象が頻繁か否かとなります。

例えば階段の踊り場付近で嫌な気配を感じており
ある時、ふと影が横切った気がした・・・
と言うケースがあったとします(実際にあったのですが)

そのご霊さまは居たいのですが
人の動きにあわせ居たりいなくなったを繰り返しているだけ。
つまり逃げているのと同じなのです。
たまたまタイミングがあってしまった瞬間に
影のように見えてしまったと言う事もあるのです。
いつでも見えるわけではありません。
恐怖を感じている心の眼で視えてしまったという事なのですが
これも霊感に変わりはありません。
しかしこの霊感はバランスで言うならマイナス側に向いており
同情の流れに飲まれていくことになります。
それを良しとし、心の基点がありながら
同調し流されてあげるならそれも一つの救いになります。
これをしている方々も知っております。
自己犠牲とするならこれ以上無い行いとして尊敬できます
しかし、方向性を持たずに、信念が無い状態では引きずり込まれるだけで
救うのではなく新たな恨みすら生まれかねないのです。

さて、人は遠慮と言う気持ちを持っています
元々人であったご霊さまもそれは同様なのです。
ただそれを上回る無念やつらさ、憎悪などが
その地から離れられない唯一の存在理由となっている事が殆どで
(もちろん愉快犯のような存在もいれば
故意に留まるケースもあります)
その念が強ければ強いほど、
人の感覚とすれば、嫌な気配として感じるものです。
ただし、人の思念にも負の想いがあり
それも同様に嫌な気配で感じることもあります。

誰もが生きている限り人としてのエネルギーを発しております。
波動や気がそうであるように
生き物の発する全ての波動には力があります。
誰もが知っている無意識に行う痛い部分への「手当て」が一番良い例ですね^^

痛みが和らぐ手の力
不調の人を心配し、背中をさする
苦しい人の手を握ってあげる
痛い子供のおなかに手をあてながら寝てあげる
理屈ではなく自然に受け入れている見えない世界に
通じる流れや波動を、人は常に恩恵として頂いているのです。

そう感じる事が少ないだけで・・・

すると、本当はすでに頂いていることばかりなのです。

そんな感覚を心に広げ、その視野で見はじめると
ご霊さまにたいしての感覚が変わります。

その感覚で、ここはあなたの居場所ではありません、と
穏やかにゆるぎない心の波動を伝えれば
自然に明るい場に変わって行きます。

これも浄化であり、その波動を囲いの中に満たせば
それがその家の雰囲気と言う気になるのです^^)

さて、8月を中心とする前後1ケ月の間は
毎年どこに行ってもにぎやかな時期です。
見えない流れも活発ですし
訴えも当然比にならない程強くなります。
毎年少しずつ少しずつ引っ張られていく人も多く
どこで限界を超えるか分かりません。

まず自分の安定、そして場の流れの通り
そこから繋がる全ての関係
仕事・人間関係・地区・ご近所・親族・家族・夢も含めて
まずベースが無ければ繋げようがありません。

それぞれの地、それぞれの身を置かしていただいている
その根本をしっかり大切にしてください。

ここ2,3年はとくに正念場となります
裏切り、穢れはそのまま戻ってくるでしょう
本来大きなプラスの流れに反復してくるリズムが大きくずれています
思いや行為はそのまま戻ってきます。

どうにもならない流れを見せつけられてはじめてその気になるのと
その前から動き始めるでは、つながりに大きな差が生まれます。

動き始めるその一歩
そのきっかけが大切と感じます。

しずく一つの輝きに
大きな宇宙が見えてくるものです

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2011.07.27

墓地

511111

ご質問いただきましたので
ちょっとお墓のお話

お墓って怖いですか? ^^)

時折そんなお話を聞く事があります
お墓に行って何かに憑かれると怖い・・・など。

あるか無いかと言われればこう答えるしかありません
「確かに無くはない」 と。

そこだけ強調されるから
なぜそうなのかと言う前後がかき消されてしまい
それ=恐怖と言う図式が作り上げられてしまいまった現代です。

さて、お墓参りのマナーなどはネットで調べていただいたほうが
早いと感じますので検索してみてください。

私はここでお話するのは
お墓にいる方々

お墓には誰がいるでしょう^^
ご先祖様?
確かにそうです、その通りです。

でもそこに住んでいるわけではありません。

この世にその時代に人として生きていた証が
そこに安置されているか、刻まれている場となります

思いの繋がる場であり宿木や拠り代ともなるでしょう

時に悲しみの深い思いも繋がるでしょうし
懐かしく思い出す事もあります。
今を生きる人の心も亡き方の心も
同じ心でありそれが魂です。

中にはお墓に集まってしまう心だってありますし
時には厳格な心の存在が、荒れ果てた状態を悲しみ
集まる親族に悲しみを寒気や痛みなどで表す事も無きにしも非ず

その結果、お墓参りに行ってから不調になり
以後怖くて行っていない・・・と言う話もよく聞きます。

逆なのです
そもそもすべき事を先にすると言うことを
痛みや不調から学ばせていただいていると感じる心を養うのが
「合掌」なのです^^)

そんな気持ちでお墓参りに行かれると
穏やかな気持ちで香を焚くことができるはずです。

手を合わせる人の心(想い)は
そのまま届いております。
自分の事を中心に手を合わせる心と
先祖さまの為だけに手を合わせる心では
繋がり方がまったく違います。

どんなに先祖様の供養となりますように、と言葉で発しても
自分中心の志向を基点とする心の波動は
その言葉にそのまま宿って目の前に広がるその地に広がり
そこから繋がる対極の世界にいうなればシンメトリーのように
同時に響いて行きます。

願いとして表される自己の願望は
供養とは違います。

させていただく^^)

この意識が中心にあると
まず礼に始まるようになります
人ではなく場や地に対して。

そしてそこで行動する間、常にその場の気や
繋がる先と意識で会話している状態になります。

この感覚になると、後回しができなくなります
今できることは今しておこう、と。
なぜならば誰も見ていないから適当にと言う
肉眼だけの感覚、つまりこの世だけの方々の意識から
視えない側に意識が大きく繋がることで
おろそかに出来ないと言う内側の自分の感覚が大きく広がってくるからです

これを、この世で分かるように説明しているのが
「誰も見ていなくとも、お天道様は見ているよ」です。

作法などは先に書いたとおり検索で幾らでも出ます。
それは人の世の行いとして、とても大切なこと出ることは言うまでもありません。
ですが、それらは作法そのものが大切なのではなく
心穏やかに、清らかに、何の為にそれをしているのかと
いつも忘れず、また気持ち新たにするべく作法、と感じると
必要以上に囚われる事もないと感じます。

宗派によっても違いはあるでしょうし
地域によって同じ事柄なのにまったく違う作法もございます。
中には、吉凶のように
正反対の意味になってしまう行いさえあるのですから^^)

この時期多くの方がお墓の掃除をすると思います。
もし毎年同じ墓石(特定)だけ、いつも土が繋ぎや重なり部分から
盛り上がるように体積しているのに気がついたら・・・
それも訴えの一つかもしれません。
ねんごろにていねいに掃除をし、清らかに水をかけて浄化し
お香をお供えさせていただくと良いと思います。

次の年、また次の年と、不思議に土が墓石の重なりから
染み出さなくなるものです^^)

その頃には長年の悩みの一つも解決していることでしょう^^)

実は土が染み出てきたり、いつでも同じ側に泥が体積している家系には
ある傾向があるのですが、ここでは控えてきます。

水は清めです^^)
場を清めるはまず最初にすべきこと。
お滝にうたれるも同じこと。
墓石に水をかけ清めるは
心を繋げ届ける為には必須。

仏様の世界にいらっしゃる先祖様へ心を届けるわけですから
自分本位の合掌は心の世界から
孤立してしまうと思いませんか?^^)

両面で一つなのです・・・
表裏一体とはまさに。




合掌 浄霊師 神島千尋


浄霊師 神島千尋 MysteryZone

相談ご質問お問い合わせ

| | コメント (0)

2011.07.25

KARA と AKB

さて、
ちょっと浄霊師のブログとは思えない記事を一つ^^)

気分転換を一つ^^

~~~~~~~~~~

ご縁あるダンススクールの
お子さん達のダンスを拝見いたしました。

人前で踊ると言う事はある意味
プロ意識に近いものがあります。
一度音楽が始まると
真剣な表情と、
何度もストップされる音源に
その厳しさを感じつつ
終わると近くの公園で子供に戻る

切り替えにすばらしさは
たいしたものです^^)ね。

さて、せっかくなのでご紹介

近く、本番があるようですが
事前のステージリハーサル風景

ここから、すでにデビューした子も多くいるそうです。

・・・・
やばいです、
全然知らない歌ばかり・・・^^;

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2011.07.24

無題

211111

ある女性の浄化をしているとき
その方の背中にしがみつく
幼子さんがおりました。

伝えると、ご本人には
忘れられない過去があり
もうかなりの年月が過ぎていましたが
納骨されていないとのこと。

浄化後、
その方の縁ある皆様との繋がりを通した上で
未成の御霊さまのご供養となりました。

心壊れ
体も動かず
筋肉も衰え
笑顔も忘れ

そんな中で小さな
本当に小さな一つの縁が
お会いさせていただいた流れとなりました。

不和
裏切り
争い
絶縁

苦しかったであろうその不安定な心で
唯一最後まで繋いだかすがいを

大切にして欲しいと感じます。

願わくば
心穏やかに
ただ穏やかに

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2011.07.21

猫ついでにもうひとつ 時事

go00111

動物の本能は本当に凄いものです。

しかし元々動物は生存する為の
あらゆる術を持ち合わせているのでしょうね。
必要としているか否かだけで。

野生の感性は
目で見えないものを感じるくらい
生きる為には当たり前ともいえます。

先日ブログをみてくださっている方から
連絡をいただきました
その方の家の猫がいなくなったというのです。
最近引越しをしたそうですが
家の前の山に入る姿を最後に数日たっても戻らず・・・

犬は人につきますが
猫は家につきます。

つまり土地です
住み慣れた場に安心感があるため
一度決めた地を離れる事はまずありません。
しかし、オスとメスでは習性が違い
オスはある程度の年齢になると
旅に出ることがあります。
でたままの場合もあれば戻ってくる事もありますが
それはその猫の性格によります。

「前に住んでいた家に戻っているかもしれません」と伝えると
「だって山二つも離れたところですよ、
 16歳のおばあちゃん猫ですし・・・」と。

~~~~~~~~~~~~~
猫って凄いです^^)
私が少年だった頃・・・

・・・はるか遠い昔・・・  ほっとけ^^;

家の猫がもらわれて行きました。
しばらくの後行方不明になったと聞きました

それから3ケ月ほど後のある日
その猫が家に帰ってきたのです、ぼろぼろの姿で。

足は三弾の流れ玉に当たり、全身傷だらけながら帰ってきた姿に
家族で看病し、その後元気になりましたが
その距離70キロ以上を旅して戻ってきたのです。
帰省本能とは凄いものだなと幼いながら感じました。

本気になれば壁も天井も走る猫です^^)
どんなに大きな犬と喧嘩しても
勝つのはたいてい猫です。

~~~~~~~~~~~~~

さて、先ほどのおばあちゃん猫さんですが
連絡がありました。
やはり以前住んでいた家で見つかったそうです。
8日かけて山を二つ超え、住んでいた地に戻ったのです。
凄いですね^^。

_______________

家猫も野性味を失うと、流れは人と同じになります。
つまり、人の受ける影響を猫も受けるという事です。
これは犬も同じですが、霊的な影響をペットも受けるという事です。
霊障が家族や近しい方に波及する時
ふれあう身近なペットにもその余波は届きます。

家の流れをしっかり通しておく事が
ペットさんにとっても良い環境という事になります。

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2011.07.20

雑記

2011-06-291

くぐる修羅場の数だけ堂に入る

子供なのか大人なのか
分からぬ性格・・・

クールで動じず
頭は気持ちよさそうなのに
わずかに体に触れようものなら
ギャっと一瞬で憤怒の相

人が外にいると妙にはしゃいで見せて
ぴょんぴょん飛び跳ねる・・・


すでに十数年
結構な年のはずだが。

一度死線を越えたことで
悟りの境地のようなオーラすら漂うこの頃^^)

スフィンクスのように
風にたたずむ風格に

神々しささえ感じる・・・は、言いすぎですね、はい^^)

チョッパーではないが
感情は隠せない性格のようで^^;
構わなければ怒るし
構えば怒るし 

もう・・・(苦笑)




ちょっと雑記でした。



合掌 浄霊師 神島千尋


| | コメント (2)

2011.07.16

返り

g0044212

もうそろそろ本当の心に戻る時期がきました
尽くすところまで尽くした今
頂いたままではどうなるか誰もが知っているはずなのに
視えないから返さない・・・
その結果が負であるとこれほどまで見せられている現代

私一人ではどうにも動かせないからこそ
深い底に沈み見えなくなった心の光を少しでも感じることで
それだけで繋がる良き流れを多くの方に
体感して欲しいと動いております。

信仰とか宗教とか正直どうでも良いです
もともと人にそれらは必要もありません。
もし、それにより忘れそうな大切な事を
しっかり心に刻めるなら
信仰はその人にとって大切な信心となりますし
それぞれがそれぞれの環境の中で
出来る精一杯に光を視る事ができるなら
宗教も集団も大きなつながりとして
本当に大切な流れとなるでしょう。

否定も肯定もするつもりはありません
ただ一つ言えるのは
それら団体に所属している方々の相談者もまた多いと言う事実。
幸せですと話しながら
不満やストレスが話しの中で止らず出てくるとき
そこに方向性も感謝も存在していないとなってしまいます。

どうしてそこに入信したのですか?と聞くと
幸せになりたいしご利益が大きいと言われた、
と言う返答に・・・なにか悲しさすら感じます。

さて、時折相談室に来られる
おばあちゃんがいます
階段の上り下りも本当にやっとなのですが
それでも来るその訳は・・・
恐怖を植えつける現代の困ったお話


続きはこちらから>>>




合掌 浄霊師 神島千尋


浄霊師 神島千尋 MysteryZone

相談ご質問お問い合わせ

| | コメント (0)

2011.07.14

念、その症状

111221
大勢行きかう公園で浄霊しました^^;
通り際皆さん驚いておりました。
そりゃ~びっくりするでしょうね・・・
どこかのおじさんが木に隠れながら
半分だけ木陰から覗くように恐々
しかし食い入るように最後まで見ておりました^^)
コンビニ駐車場、カラオケボックス、病院、
廃墟、デパート、学校や各施設など
さまざまなところでお祓いをしておりますが
一番大変だったお祓いはやっぱり病院ですかね^^)
それは後半で・・・

~~~~~~~~~~~~~~~
さて、
急な吐き気
突然ズ~ンと感じる片側だけの肩の痛重さ
ふと感じる異様な片腕のけだるい疲労感
突然来るクラクラするめまい
あげればキリがありませんが
これらはもちろんすべてに物理的な理由がありますが
念によって起こる症状でもあります。

その中で強い影響を出すのが顔面
とくに目やその周囲はそのまま影響を表します。

つまり今どう言う状態であるかは
目をみればそのままその方の今を表します。

顔が変わるのは目が変わると言うことで
邪気祓いや浄化、
また浄霊後顔がまったく変わる方が多いのは
受けている影響から解放された事による
今の心の状態が表情となっているのです。

同行なさる家族さんや友人が
一番身近で見ている分
その変化に驚くことが多いです。

~~~~~~~~~~~~~~~

神島千尋は浄霊師として
頂くご縁に日々飛び回っております。

ご依頼者さまのご都合を大切に感じながら
できる限り意に沿うよう勤めておりますが・・・

時折、通常ではあまり経験するとこの無い
体験をさせていただく事があります。

その中でも病院での浄化は難儀です
病院に呼ばれる事は珍しくありません。
過去何度も病院に出向いております。
患者さんからの場合もありますし
中には病院からの依頼という事もあります。
まあ病院からのケースは
部署からの極秘ケースが殆どで
その場合は人ではなく、現象となりますがまあこれは
あまり詳しく書けませんので想像してください。

何年も前の話しです^^)

入院されている方からの依頼で向かったのですが

「大部屋ですのでお見舞いのふりで来てください」との事

他の入院患者さんに気を使いながら
お話も慎重に言葉を選びに選びながら
それでも視えない世界の流れを伝えなければなりませんので
それはそれは^^; 

とは言え場所が場所だけにお祓いはおろか
浄化すら出来ないのは言うまでもないのですが・・・
誰にも知られたくないけど、
でもどうしてもやって欲しい・・・と言う事で
思案した結果
病室を出て階段までの直線十数メートル・・・
その移動中に、見送りのような流れの中で
浄化をした事がございます^^)

すれ違う患者さん看護士さんお見舞いの方々
なんとなく不思議な感覚でこちらを振り返るなか
ゆっくり歩いても1分が限界
それでもできる精一杯をしました。

ふしぎなもので
過酷であればあるほどというと大げさですが
ちゃんと結果もでるもので^^)

時間をかけて丁寧にするだけがすべてでもなく
ときには一瞬であっても
通常以上の効果や結果もあるわけで

そこには介在する大きな力が働き
その縁をいつも、どこでも一瞬で流れとして取り入れることができる
そんな器である事ができているかその時々に試されているのだと
ことあるごとにおおきく心の深い部分で痛感させられます。

そのたびに「しているつもり」にすりかわっている無意識な惰性
気がつかないうちに鈍く曇った心のまどを
さっと拭いさる機会をいただけることに感謝です。

ある方がいいました
「生きる意味も、それを考える気もない
 どうでも良くて、毎日ただ過ぎている・・・」

また別の方は
「意味がないといけないのですか?」

そう感じる事が次のステージへの鍵となるなら
今、それで良いのだと思います。
負もまた大切な要素となるものです。

落ちなければ上がれない
つまり嫌も大切な感覚なのですね。





合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2011.07.10

金縛りの解き方

01111111

~金縛り~

誰もが怖さを感じる現象と思いますが
怖がる必要はありません。
解き方は簡単です

解く鍵を心に作っておくだけ。
この鍵は習慣です

あなたの願いは何ですか?
と聞かれ考えるとあれこれ頭に浮かぶ人は
金縛りから逃れる術が無い方です。

それを言える言えないは問題ではなく
通すと言う流れを持っていないことで
確信を持てない心の不安定に繋がりやすいという事です。

霊的な原因で起こる金縛りは殆どありません。
八割は肉体と心のタイムラグ
残りの1,2割が暗示によるものか霊的な原因となります。
霊的な原因も、幽霊の仕業と言うだけではなく
土地やその環境、場の気や流れによって受けたバランスのズレにより
心と体の繋がりが一瞬うまくかみ合わず動けない状態だったりする事が多いです。
そして人は受けた出来事を忘れにくいと言う特性を持っているため
それが嫌な出来事であればあるほど二度と繰り返したくないと刻まれます。

するとね^^

そんな事が起こりそうな原因が無いかどうか
探し始めるのです、無意識に。

新しく車を買って乗り出したら、急に自分と同じ車が
街中に増えた気がしませんか?
虫が嫌いと言う方は、逆に言えば虫探しの名人ともいえます。
怖い虫がいないか、常に周囲を警戒しているから^^)

金縛りを繰り返すケースの中で
一度記憶した恐怖を警戒するあまり
逆にそれを繰り返す状態を自ら作り上げてしまっている事も
無きにしも非ず。

どんな事があってもこれさえあれば大丈夫^^)
と言う心の基点、確信をを一つだけで良いのです。
心の中に一つ置いておくと良いのです。

好きな神様でも仏さまでも良いです
今は無き方の素敵だった笑顔でも良いです
好きなお守りでも、ラッキーアイテムでも良いです
イメージの中で作り上げた天界でも
綺麗な光り輝く大海原でも良いのです。

ただ好きなことやふと思った事ではどうにもなりません。
それが心の中で絶対的な確信として持てていいる事が大切です。

どうすればそれを心の中の確信と言うキーワードに出来るか
それは、継続です!

嫌なことも不安も、恐怖も
心に刻まれ、それを嫌だと思う繰り返しの継続から
嫌・恐怖が心に確信として根付いているならば
それを逆に応用することで
良き確信を核心として根付かせる事で
克服して見せろと問われていると思ってください。

この克服を繰り返していくことで
それまでの自分とはまったく違う自分に
いきながら生まれ変わる事ができます。

これを経験している人は
そもそもポジティブであり
ポジティブな人は
それを難なく自らの術として応用しているという事なのです。

マイナス思考を心の基点とするのか
起こった不運をプラスに転じるか

常に心の中にイメージを置いておくこと
そのイメージは心地よい時間にすること
そのイメージ中は安定した心であること
何があっても崩れないイメージであること
日々、わずかな時間で良いのです
しかし、必ず毎日継続することが大切。

その繰り返しの中で、様々なイメージが膨らみ
多くの頂き物をするでしょう。
それらが一つ一つ確信となり
目で見えない分、心で頂く結果が
今の出来事として反映されてきます。
すると疑うこともなくなります。
自然に心でただただ

なるほど

と納得しか残らなくなるはずです。

その流れに入ると金縛りに動じることもありません。
そのイメージを思い浮かべようと思っただけで
すでに金縛りを解いているはずです。

そのときも、なるほど^^)
こんなものにどうして今まで恐怖を
感じていたんだろうとすら感じる方もいます。

~~~~~~~~~~

日常の中でいただく不和やトラブルと言う
克服できる唯一のチャンスである「題材」を

今、どう使っていますか?


合掌 浄霊師 神島千尋


読み返しません^^;、誤字脱字ご了承を。

| | コメント (0)

2011.07.09

ゆめざくら

08~

ちょっとお知らせです。

福島県いわき市で
自身も被災しながら
地元の為にと
多くのご協力を経て
イベントホールを
立ち上げた方々がおります。

少しでも笑顔になっていただけるようにと願い
「夢ざくら」として始動
すでにコンサートやイベントも行われています。
8月には復興チャリティー舞台講演として
三味線・演舞“高橋竹童・恋川純弥特別公演[絆]”
が行われます。

いわき市常磐湯元、懐かしいな~^^)
とてもよい所です。

縁ある方々が起こしたイベントホールです
「夢さくら」(湯本駅かた徒歩3分)
大きな飛躍をお祈りしております。

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2011.07.08

塩の効果

go032271111

塩にどれだけの効果があるか
多くの人が知りたいところと思います。

塩は海水の結晶
海は命の源

塩には物を長持ちさせる効果がありますね
変わらずに質を保つと言うことは
殺菌も含め大きな意味を持ちます。

その昔禊には必ず塩を用いました
その役割は清めです。
穢れを祓うこと、すなわち清まる

本来穢れた身で神仏さまの前に身を置くことはありえないことから
清めとして水や塩(海水)で清めたりしたのです。

さて
祓いの効果と言うと
魔を祓う・滅する・退散などの
イメージがあると思いますが
場の清めを基本としております。

場を清めるという事を基点として塩を使う場合と
祓いや退散を基点として塩を使う場合では
まったく流れが違ってきます。

先のケースでは、感謝が基点となり
その気の流れが繋がります。
塩本来の意味を感じながら大切にまいたり
置かせていただく事でその地や場本来の流れに戻ろうとします。
しかし、後者の場合一時の覇気が大きく物を言います
叩きつけるような使い方が多いですので
瞬間の効果はありますが、継続は無理でしょう。
しかし、時にはそれも必要なケースもあるので
良い悪いの話しではありません。

後者のケースでも、そのままでは結果的に
元に戻ってしまい意味がなかったと言うことになります。
ですので、必ずその後、しっかり本来の流れを引き戻す
大切なバランスを取ることが必須となります。

このバランスは常に求められておりますし
欠いたままの場では常に突きつけられているものです
トラブルや不和と言う明確な形で。

で、塩の効果ですが
何を目的にしているかにより効果は大きく変わります
結界を張るなら、その意味と方法を知らずにはできませんよね。
方角や立ち位置により、まったく違う意味をなすこともあります。
これ、どうしてここに?と聞くと
言われたからやっている・・・と答える方が多いのです。
例えば、日常生活に置き換えて考えてみてください。
室内や玄関周りに縄を張って、そのまま放置した場合・・・
生活しずらくありません?
あくまで例え話しですのでそのままと言うことではありませんが^^;
見えないから良いのでゃなく、見えない流れが
今の目の前の結果に繋がるものです^^)

塩はその効果を強くするも無にするも
使い方一つです。
そしてなによりその塩に力が宿ることで
ものすごい効果を発揮することを、
浄霊師として経験からお伝えできます^^)

~~~~~
ちなみに飲食店など玄関先の盛り塩は
意味が違いますのであしからず^^)

それと“あじ塩”でも良いですか?
と言われたかがいますが

それはダメです! ^^)

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2011.07.06

蝶にやどるもの

111111

信仰と戦いが
ある意味で互いを必要としながら
平行して流れていた長い時代

その流れをそのまま残す地に
時折引き込まれる事があります

どうしても避けては通れない部分。

身を潜めるように
眠りについているように
静かに
静かに時を待つ

そんな気が宿る地は
一見普通に山であり
普通に森であり
普通に昔からある風景なものです。

その入り口も
普通にたたずんでいます

しかし
来る者を選びながら
一旦目が覚めると
一瞬で地の気は塗り変わります。
本来のその土地の流れが境内に
よみがえるものです。

それまで子供が遊んでいた懐かしい風景とは
同じ場所でありながら異界といって過言ではないほどに。

殆ど何も感じる事が出来なくなった
多くの神社仏閣の境内の中で
忘れられない場所がいくつかございます。
霊感の強い方はが、どうしても入りたくない
と言う場所がおそらくそれらとおもいます。

先日、約束の場所に向かって車を走らせていると
鳥居が見えました。
まあ日常いつでも鳥居は目に入りますが
「寄りなさい」という明確な意志に
従い寄る事が少なからずあります。

この神社を含めて鳥肌がたつ経験は3度目でした

そこに残る霊的な格の高さと言うと
ちょっと語弊があるのですが
残留思念からも残る品格ががとても感じられるのです。
凛としているというのもそうですが
成仏されていないご霊さまも
その地のその気に触れているので
どこか不思議な静けさに染まっているのです。
だから人様に訴えをのしかける事もなく・・・。

そして、広大な境内と
立ち並ぶ木々の薄暗さの中
蚊も大量におり耳元でぶんぶん聞こえていましたが
不思議にどこも腫れておらず・・・
つまり刺されていないのです^^)

筋を通し礼を尽くし立ち入ってからすぐに
白い蝶がどこからともなく現われ
寄り添うように広大な境内をずっと付かず離れず。

ゆっくり散策しながら奥の本社にて参拝
その後出口に向かいながら階段を下りると
あいも変わらず同行している蝶が
少し前に出始めました。
まるで遊ぶように^^)

そして、出口まで案内すると
私の前をぐるりと回り
さーっと引き返し
境内に消えていきました。

出口手前からデジカメの動画で撮ってあり出したいところなのですが・・・
これまでとてもお世話になった某共有ビデオが終了してしまい
ブログに動画掲示できなくなってしまいました(泣^^;

~~~~~~~

私はどこかに立ち入る時必ずする事があります。
自らが何者でなぜここに来たのか
そしてこれからこの地で何をするのか
しっかりお伝えし、自分ではなく
これからお会いする方の幸せを
お祈りします^^)
それ以外一切しません^^)

自分の願い事?
しません。
必要が無いからです。

自分の欲を願う前に
すべき事をするのが筋。

その筋を通さずにどんなに願っても
道はできないのです。
それを筋道と言います。

供養をしているつもりでも
筋が通っていなければ届く事はありません。
なぜならば

道が無いからです。

願いが通る道も
供養としての流れも
すべて繋がってはじめて通るのです。

さて
案内のお役目
しっかりお勤めくださった蝶々さんに
感謝です^^)

蝶やトンボには
霊が宿りやすいもので

お墓などに行くと
トンボだらけになることも(苦笑

合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2011.07.01

生霊のおはなし

511111
車でいくつも山を越えるたび
そこで頂く地の縁に感謝です。
そこでお仕事するには
その地の流れに沿わねばありませんから。

そちらの宗派にあわせる事も
当然大切であり
その家のしきたりは尊重してしかるべき^^)

お祓いに行ってお祓いしない事もあります。
それが救いになるならばそのままも
時には大切^^)なのです。

~~~~
思っている事がそのまま訪れたり
思うとおりに進んだりすることは珍しくありません。
人は心で思う事を実現できるように、
道筋を作る動きをしているものです。

その道筋には、
物理的な作用と精神的な作用の二つが同時に動く事で
その道筋に縁が結ばれる要素が生まれます。

そしてそこに流れが生じるかどうかは、
それが理に通じているかどうか^^)
この3つが揃って実現できるか否かが決まります。

物理的な行いは、
肉体を持つ私達はまず先に率先して動かなければなりません
縁は、その行動に心が伴っているかによります。
根本的な命の成り立ちや、神仏さまとはいったいなんであるかを
常に意識できるゆるぎない心が理に触れると感じております。

さて、
実はこの3つを得ずとも
物事を実現できるケースがあります
それは、負の力です。

ケース1 生霊

生霊は存在意義が明確です。
生霊となるほどの心の負があり
そこに向ける心の無念や憎しみ辛みを
忘れる事無く抱いている状態から
無意識に繋がるマイナスの実現。

そしてこれを意識的に・・・

続きはこちら>>>

合掌 浄霊師 神島千尋


浄霊師 神島千尋 MysteryZone

相談ご質問お問い合わせ

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »