« 水子さま | トップページ | お知らせ(緊急) »

2011.08.06

黒い玉

079443

このところよく目にするもの
それは鈍く光る黒い存在・・・・

黒い玉の数が増えてきました。

球体には様々な存在があります
その中でこのところ、黒く光る球体が急激に増えております

この玉は様々な球状に変化しつつ
人につかず離れずの距離を保ちます
タイムラグのような動きをすることもあれば
先回りする事もあります

この玉は特定の部位に触れるほど近い場合は不和や違和感を感じますし
触れている、または内側に入り込む状態になると
だるさやぬぐえない痛重さなどの症状としてあらわれます。

半透明でありながら明確な輪郭を持つこの黒い玉
言葉ではなかなか言い表せないのですが
一番近い感じで言うとフィルムのネガで見ているような球状

しかしある状態の中で時間が経つとこの球状は
光に反転するケースがあり
光に反転する瞬間の輝きはとても強く綺麗なものです。
その瞬間、それまでの黒い影響から一瞬で転化しますので
突然体が軽くなったり視界がはっきりするなど楽になります。

その人により影響は違いますが
実は縁者さまもこのような状態ででる事があり
なかでもこのケースは往々にして体調不良や
肉体にストレートに症状が現れる事が多く
故に守りに転化すると、その分強い守護となることも少なくありません。

そして、ここで間違えるのは
守護を限定しようとする思考の枠。

守護霊が一人であると多くの方が勘違いしております。
それだけ多くの守護霊がいらっしゃるかご存知ですか?

守護霊が誰か知りたい・・・と多くの方がおっしゃいます

・・・・・

そもそも
なぜ守護霊を特定したいのか
その大きな要因が現代の流れののひとつなのです。

すでに、知りたいことは十分知り尽くしたはずです

その後、どこに流れを向けるか模索の世の中なのでしょうね。

その矛先がどこに向けられても
それが穏やかな笑顔になれる道となって欲しいと願います。

物事を限定すると、そこに目が向けられます
つまりそれ以外には意識は向きにくいという事です。

その流れがながきに渡り続くことで
繋がった先、その先と、段々細かく追求されていき
最後にはもう進めないほど細い先端までたどり着きます。

すでにその段階に来てなおまだ先を割ろうとしているなら
身動きできない状態となります。

何度お話しても、面倒だとついつい後回しにし
結局以前と同じになってしまうなら
はじめからしないほうがまだ良いとなります。
なぜなら、知って尚しないなら怒りを生ませます

やると決めたらやる。

毎朝お茶をいっぱい飲むと決めたら飲む

このいっぱいのお茶の時間が
本当にリラックスできる時間として
毎朝ゆっくり飲むことを1年、2年と続けているだけで
治らないと言われていた成人病が改善されてしまった方を
私は知っております。

緑茶や紅茶、時には梅茶やウーロン茶など毎回違う葉ですので
特定の茶の効能という事ではありません。
その方は、その時間に気持ちよさと心で感じる
なんとも言えない豊かな感性を頂いていたのです。

それはつまり瞑想や陀羅尼などと同じで
無の境地もそうですが、理屈を超えた心の世界に
魂で触れている瞬間なのです。

そんな時を1日の中でわずかでも触れることの出来る人は
それ即ち本堂で日々勤行している僧侶とおなじなのです。

たったいっぱいのお茶がもたらす効能は
体と心の両面に、一息つかせる大きな力となります。

例えばお茶で言うなら
そういうことです^^)

継続は力なり、です。

合掌 浄霊師 神島千尋

|

« 水子さま | トップページ | お知らせ(緊急) »

コメント

6日はお世話になりました。

継続は力なりですねsweat02
今回身にしみました。

肝に命じますsweat01

投稿: なおのにゃらん | 2011.08.07 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水子さま | トップページ | お知らせ(緊急) »