« 活 | トップページ | 水と火 »

2011.11.15

区切り

DSC0356911112111

明け方、
日の出とともに
1日を終えることが少なくありません。

依頼先の仕事が深夜に終わる場合
それから初めて明け方終えると言う流れ。

今日も先ほど終えて戻りましたが

多くの無念残る地での特定ポイントの浄化は
加減がとても重要で引き際も大切なのです。

さて、強気と弱気
どちらも気ですが
性格の気の強さと
内から発する気の強さは必ずしも比例しません。
表面で作る見せる人格と
その内側に宿る魂の気は
今の世の中、反することばかりなものです。

心と体のギャップ
想いと行動のずれ
そんなかけ違いだれでも当たり前の中で
気にする必要も無いほどな現代です。

心のストレスは浄化しなければ
重くなります。

心で描く楽しいイメージはとっても大切です
しかし、負に包まれると
常に心の引っかかりが前面を覆ってしまいますので
その負のフィルターを通して日常を見ていることになります。
フィルターを通しているので
常にぬぐえない感が前提となり
思い出すとその引っ掛かりが現実問題として
重く浮き上がり、解決方法も浮かばず
解決できないと言う枠の中で
ゴロンゴロンと自分の動きに合わせ
安定しないままぶつかってきます。

時間とともに人は必ず縁を増やしていきます
常に新しい出会いや新しい出来事として。
増え続ける縁を紐でたとえるなら
必要の無いものは離さなければ持ちきれなくなります。

手放すことを区切りと言います^^)

一区切りつけると
とっても
心が軽くなるものです。

^^)

合掌  浄霊師 神島千尋

|

« 活 | トップページ | 水と火 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 活 | トップページ | 水と火 »