« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012.01.31

祓いとは

0091112

浄霊師や霊能者になりたいという方
とっても沢山いらっしゃいます。

そんな問い合わせも沢山頂きます
弟子、アルバイト、お手伝い、受付などの就活的な。

お祓い的なことをされる方は
内容や結果を問わなければ
大抵誰でもしているものです。

塩を盛るなどもそのつもりでしている事でしょう。
基本的に塩は祓いではなく清めなのですが・・・^^;
なんでしょう、悪霊退散的なイメージで塩を悪霊に当てれば
効果がある・・・と勘違いされている方も多いようです。
祓いと清め(浄化)は違います。
同時に行いますから同じように感じるかもしれませんが
一つ一つの動作や、行いそれぞれが組みあがり
浄霊への流れを作り上げる事になります。

さて、お仕事ではなく、あくまで友人(知人あたりまで含めておきます)相手に
除霊をする方って、身近にいらっしゃいますか?
私も、そうですね・・・2、30年前からお祓い行為はやっておりました。
そもそもオカルト君でしたので、日夜心霊の世界に
心馳せる日々、当然心霊話や相談もありました。
心霊写真など当時はメディアで話題となっておりました
結局だれに相談しようとなれば、私のところにとりあえず持って来られ^^;
持ち帰る人はいませんから処分と言うと聞こえは悪いですが
素人ながら今で言うお焚き上げのような事をしていました。

今思えば、あながちやり方も遠からずでしたが
しかし、私の霊性が器ではなかったのでしょうね
器とは日常の行いと、引き受けているつながりとの
かけ離れたギャップ。
言う事とやっている事のバランスのズレは
そのまま返ってくるものを散々学びました。

相手や対象を抑えることが出来たり
影響を無くすことは出来ても
自らの身の守り方を知らずに
病院をたらい回しにされるほど
原因不明の病で何度も入院させられえたものです。
組織検査でも分からない半身のみのリンパの腫れあがりなど。

で、何を話したいと申しますと
経験上からいえる事として
中途半端な祓いはなさらいほうが良いということです。

そして一番危ないのは、頼んでいないのに祓おうとする行為。
これは本人の意思ではなく、祓いたい側の押し付けとなります。

断れない、本当はしてほしくないのに・・・・
これを察せないこと自体そもそも・・・かもしれません。
半端ないほど強い憎しみや恨みに囚われた心にでも遭遇したら
ひとたまりも無い・・・なんてことも。
やっぱり無理ではすまない縁を結ばれるものです。
それも行いに応じた結果として訪れます。

お祓いをなさりたいなら、しっかり行うべきことを修するが先。
供養できずに祓いは成り立たない、というのが大切な部分と感じます^^)


合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2012.01.29

不動尊

111311


~~~~頂いたメールです~~~~~
無事にお不動様をお迎えさせて頂きました。
本当にお忙しい中、早速の対応に感謝で一杯です。
封を開けて、お不動様の表情を見た瞬間
顔つきが特に目の鋭さが全く違っている事に驚きました。
まさに命が吹き込まれたような感覚でした。
大きさもピッタリで見つめていると意識が吸い込まれていくようでした。
手を合わせ目を閉じ、感謝の気持ちを伝え、
ご先祖様の供養になって欲しいと感じた時、
涙がとめどなく流れていました。
頭の意識の部分は落ち着いているのに、
魂が嬉しさで満たされて流した涙のようでした。
多分、ご先祖様の喜びの涙でもあったかもしれないです。
お迎えしたからには、これからしっかり精進していきたいと思います。
本当にありがとうございました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私は宗教や信仰はどうでもよいと思っております
と言うと問題発言になりますが、それが正直な気持ちです。
どうでも良いというのは悪い意味ではなく
誰が何を信仰しようと、その人の自由と思っている意です。

こちらから宗教などをすすめることも、
勧誘することにも興味がありませんし
したことなども一度もございません^^)

しかしその中でその方自らがそれを求める事がございます。
どうしても個人的にお祀りしたいと・・・
それがどういう事かをまずしっかりとお話をします
迎えしたいと思う前に、本来神仏様はどちらの家にも
すでに来てくださっていること、
そしてまずそこを通すが先であることを十分にお話し
そこに心が向くことを最優先にしております。

それでもなお、心に決めた事であるなら
自らの縁で目に頂くその造形に
こちらの流れをお繋ぎさせていただく事がございます。

こちらの本尊様との縁を結ぶ以上流れは非常に強いものとなります。
ひびお試しとなるでしょうし
ひび感謝の縁となるでしょう。

その方の意思の強さが結果の大きさとなります。
自らの都合は関係なくなりますが
自らの想いはそのまま流れとなります。

通常基本的にはお断りしております
どんな言い訳も許されないからです。
しかし、必然とでも申しましょうか
それを引き受けるざるを得ないケースがあるものです。
2,3年に一度くらいですが・・・
数年前にお引き受けして以来でした。
メールをくださったその方は
様々な経験をすることになります、
そしてそれが次のステージへの大きな足場となります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、うまく振り分けられていますが
変わらず飛び回っております。
更新遅くなり申し訳ありません、ひらにひらに。

基本新幹線ですが、地場はもちろん車移動。
ところが今^^;訳あって代車なのです
クラウンアスリートと言う車。
これなかなか^^)です。
パワーは物足りないですが
乗り心地は良くて、移動に疲れが出ません。

で、車といえば最近はコンピュータ制御が当たり前。
アナログ動作は皆無なつくりになりつつありますが
アナログであれデジタルであれ
霊的な作用に変わりは無く
車が故障を繰り返す場合があります。
買い換えた新しい車も・・・なんて繰り返しもあるものです。
ちなみに私は故障ではありませんのであしからず^^)

車に限らず家電も含め、それらの誤作動や
不調が立て続く現象が非常に多くございます。
地場や電磁波の影響ももちろんありますが
並んで原因不明の不動作や故障などが
繰り返し起こることは珍しくないです。

で、一番分かりやすい例をあげると
影響を受けている人のその影響が悪意に満ちているとき
その方の周囲に壊れやすい繰り返しや故障などが起きるケース

家で電気が切れやすいのはあるが
行く先でもよく切れたり
家電のトラブルや調子が悪くなるが
他人の家に行っても同じような故障や
おかしな動きが起こる・・・など。

意思の宿る人魂などは電線などにまとわり付く事があるように
霊的な流れは電気の流れに沿うケースがあります

音楽プレイヤーや携帯

時々おかしな動作していませんか?

もしかしたらそれ・・・・

なんてね^^)


合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2012.01.23

霊が怪我をさせるとき

5312411113111

遠征や重い相談が続いておりました。
そんな中で頂いたスイートピー
お水はほんの少しだけ^^)だそうです。
でなければすぐに枯れてしまうとか。
繊細な優美とはまさに。

~~~~~~~~~~~~~~~

さて

階段から転がり落ちてしまったり
すべって転んで怪我をしてしまう・・・
誰もが経験あると思いますが、この時もし
摩擦を感じないような感覚で
どうしてそうなったのか理解できないような転び方をしたなら
あるいはそれは霊的な現象だったのかもしれません。

まるで空をすべるように、
何の抵抗も摩擦もないように
スルリと抜けるような感覚で転んだり怪我をしたなら
それは本来なら受けるべき出来事ではなかったともいえます

続きはこちら>>>

合掌  浄霊師 神島千尋



浄霊師 神島千尋 MysteryZone

相談ご質問お問い合わせ


| | コメント (0)

2012.01.20

肩こり→気→呪い→肩こり

339111

昨夜から吹雪きはじめ
今朝は大雪でございます
本日予定の東京が明日に変更となり
ある意味助かりました。
お車のお迎えはありがたいですが
雪の高速怖いですからね^^;

雪かきは根気のみ^^)

朝のお勤めを終える頃
やっと明るくなり始めます。
お写真は昨日の朝なのですが
面白い雲の構図となっておりました
気持ちよいほど太陽にまっすぐ届いております。

良いロケーションを求めると
確実に外れていきますので
そのままの一瞬を収めましたが・・・

ゆえに人の生活を支える横線が沢山ございますが
それも愛嬌という事で^^)

さて
強く見せていて
心折れそうなほど耐えていらっしゃる方・・・
少なくないと思います。

強気は弱気の裏返しとどこかで耳にするように
強がることで自分の折れそうな弱みを
支えることがあります
それが必要な場合も少なくありません
もちろん私だってそうです。
ですがその強さも
一~十までそのまま表面に生きていると

必ず折れる時が来ます。

無理を続けるその時間に応じて
重くのしかかる心の負担

肩の力を抜くという言葉は知っていても
そのまま肩の力を抜こうとだらりとさせてみても
実際心境はほとんど変わらないものです。

物事の両面はどちらも大切であることの証
それをそのままシンプルに見せているのです。

肩の力は肉体ではなく
心の負担を減らすこと

ストレスや負の念が積もると姿勢が悪くなります
その状態を肉体で表すと我慢したり耐えていると言うことであり
つまり意識していない力が入っているのです。
心の苦が大きいままの状態を日常としてしまっている場合
肉体を緩めても無意識の力は抜くことが出来ないのです。

根源を和らげなければ肉体的なマッサージやお薬では
一時しのぎとなってしまいます。

病は気から
本当にそうだな~と感じます。

理屈ではなく体感、体験が
深い納得となり、自然に心に入る
そんな流れを
多くの人に感じていただきたいと

ただそれだけを思って今日の縁に感謝しています。

現在多くの方が呪縛を受けております
霊ではなく「人」の放つ呪です。

霊の存在しないところに霊がいると話題になります。
霊の影響を受けているわけではないのに
霊に憑かれていると言う人がいます

どうしてそう感じるのですか?と聞くと
そう言われた・・・・と。

はっきり言います
それを言った方は
それが負の暗示である事を知らなすぎます。
人に見えない世界の話をする場合
その解決法を導かない限り
どんなに相手のためを思い言ったとしても
聞く側がそれによりどれほど不安と恐怖が心に渦巻くか知るべきです。

その方を見守るご霊さま方々
お話なさるご自身のご霊さま方々
双方の流れを先に感じると良いのに・・・と
つくずく思うのです。

恐怖を感じさせられた心は
肉体の苦の根源となることが多く
つまり今回の話の気へとスパイラルします、。

大切なのは伏せがちな心を一度解き
青い空を見上げる
そんな時間が大切だということです。

合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (2)

2012.01.17

義務意識と目的意識の違い

DSC038701111111

ある年配の女性が訪れたときの話

一生懸命やっているのに
現状のつらさを切々と訴えはじめました。
お話を聞くとそれはそれは本当ですか?と
誰もが思うであろう内容でした。

離婚再婚を繰り返すその方の一人娘
再婚の度に生まれる子供
しかし次の男性へ心が向くと
幼子の育児放棄
もうすぐ定年退職になる頃であるその相談者は
母として、つまりは孫を預かり育てているのです。
預かると言うより、この母である娘さんは
育てる気が無いのです。
現在何度目かの再婚中でありながら
すでに離婚騒ぎの最中であり・・・云々
これだけならよくあるとも言える話ですが
それぞれの内部抗争が半端ではないのです。
両家はもちろん、過去のご主人やその家族との
裁判含め・・・
もう人の欲の深さと、
開き直りの見事さの縮図。

さて、何をお話したいかと申しますと

すべきことは必ず巡ると言うことです。

今、なぜそうなのか
私はそれを自然に捉えることを学ぶ人生の中にいます
嫌な事から逃げていた過去
都合のよい事ばかりを求めていた過去
それを無駄にしないことも大切だと感じます。

定年間近で、幼い孫を育てながらの日々
保育園や小学校の行事をこなしながら
争いや離婚騒ぎの離れて暮らしている身内の面倒も
昼夜となく飛んでいき金銭含めて面倒を見ている
どうしてこんな事に・・・

そんなお話を切々と、とめどなくあふれる女性の心に溜め込んでいた
想いが全て吐き出されたました

そして、言葉が途切れ
つかの間の沈黙の後
まるで悟ったように出てきた最後の言葉が
そのまますべての答えでした。

「考えてみたら私も同じでした・・・
 私も子育てをしっかりしなかったのがいけなかったのですね」

自らの幸せが常に最優先の生き方の中で
親としてすべきことをせずに
心の中では正当化することで罪の意識を消失しきたが故に
今一度頂いたチャンスを
不幸の根源と捉えていたことで
娘への憎しみしか残らない今を積み重ね
その満ちたマイナスの波動で
孫を育てていたのです。
幼い孫はおばあちゃんとの暮らしの中で
寂しさなど一言も言わず
笑顔で大丈夫?と気を使う心優しい孫に

どれだけ自らが救われているか
一人で心の整理をつけて帰られました^^)

何を優先すべきか
その選択は常に問われます
優先順位を変えることで
苦と感じなくなる事も少なくありません。

嫌なら先になってしまえ!
それが習慣になれば
それまで後回しにしにしたいと思っていた嫌を
早くやってしまいたいと感じるようになるものです^^)



合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2012.01.14

お焚き上げ供養

20120114_0825041111111

1月14日AM8時
長野県佐久市某所にて
お焚き上げ供養を執り行いました

綺麗な日の出のなか
現地にて護摩壇を組みながら
沢山の紙札木札、各種祈願のお札や縁起のもの
仏様にちなんだ様々な想いがございました。

そして今回人の形で宿るものを
複数ご供養いたしました。
詳細はお話できませんが
いわゆる曰くのあるもので何代かに渡り
負の連鎖を起こしてきたものでした。

お焚き上げ供養は基本的に一般公開いたしませんが
今回新しくスタッフ入りした男性の初仕事という事と
立ち会いたいと言うご夫婦がいらっしゃいましたので
その方々立会いのもとご供養いたしました。

想いの強さと同時に
私も気合が入っていたこともあり
規模の小さな護摩壇のわりに
その炎の勢いに皆さん驚かれたようでした。

今回は供養に専念しておりましたので
撮影が終了間近の2枚だけです。

想いの強さは弾く強さ
その攻撃は半端無いほどのもので
結界をはっていなければ、相当受けていたと思いますが
初仕事の彼は、押されました^^;と苦笑いでした。
全身に火の粉をかぶりながら^^)


短時間で見事に燃え尽き
穏やかな川原に光が反射しながら
その地と天と
そして流れに感謝を転じ
しっかりご供養させていただきました。

ご依頼くださった皆様には
この場をもってご報告とさせていただきます。


余りの寒さに、手がかじかみ
顔も全身も感覚がなくなるような
凛と張り詰めた朝の護摩供養
良い修行させていただきました。

^^)

合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2012.01.12

火と氷  (雑記です

_092112111

氷はどうでも良いのですが
察しの良い方ならもうお分かりの通り

そう・・・
やってしまいましました。

氷の膨張ですでに瓶
割れています。
あ~・・・ 泣。

まあ自らの不注意ですので致し方ないです^^;

しかしさすがに厚すぎて
割ることももちろんとけることもありません。
このまま春まで凍ったままでしょうから
春待ちという事で^^;

さて、氷の話から火の話になりますが
週末にお焚き上げ供養いたします。
ご依頼者皆様には後日
webサイトにてご報告といたします。

という事でちょっと実務的な裏話をひとつ。

お焚き上げ供養や護摩を焚くといいますが
近年野外でそれらを行う事が難しくなってきています。
各県や市町村により規制があると思いますが
環境破壊やダイオキシン対策などにより
例外を除き焼却ができにくい現在
護摩やお焚き上げ、またドン土焼きなど
禁止されていない項目であっても
時には規制されることがあります。

近隣の苦情があった場合
例えそれが神社であっても
境内で行われるお焚き上げなどでも
規制されることがあるのです、あくまで例としての話です。

お焚き上げや護摩などは
大火となります
当然のことながら、地域や所轄の許可をいただくのは当然のこと。
万が一にも野火や近隣への迷惑はあってはならない事を前提に
出来る限りのご供養をさせていただいております。

まあ個人の所有地の場合は
軽量の材木の焼却なら
田畑での焚き火と同様ですの
許可は必要ないと思いますが^^)

ちょっと余談でした。

合掌  浄霊師 神島千尋



浄霊師 神島千尋 MysteryZone

相談ご質問お問い合わせ

| | コメント (0)

2012.01.10

九死に一生

1021-511

これまで話は避けてきましたが
少しだけ触れておきます。
いずれそうなるでしょうから・・・・

高い次元と触れるとき
そのつながりでの心は深い部分に入り込みます
そしてある次元に光の世界にはいります

無限の粒子がある規則性で流れを作っておりますが
その中を通過するだけでもすごい浄化になります
その流れは時間や距離の概念のなかにおりません。
どこにでも通じており
つまり私たちの目の前にも
あちこちに存在しております。

日常の中で私はその粒子を頻繁に見ておりますが
この光は直接何かに干渉は一切しません。
しかしあるエネルギーや思考に導かれるように
現れることがあります。

この応援をいただけるようになると・・・

         続きはこちら>>>



合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (2)

2012.01.08

仲違いはテレパシーから?

150958111111

自分が欲すれば
その流れは自然に訪れるものです
その中にあってすべきは当たり前のこと

しかしそう感じない心は
その中でさらに求め続け
いずれその欲に飲まれ苦におぼれるが
必要の無いもがきであることを傍は冷静に見ています。

言わないだけで・・・

日常の中でその繰り返しが
当たり前となり、その積み重ねが
今と言う時代をも作り上げるなら
時代そのものを変えていかねば
次の時代にはその重なりの結果となってしまいます。

出来る事をする今と
できるが後にする今とでは
まったく違います。

同じ時間を同じ場所で過ごすとき
何を考えていても一緒であるかは
一見わかりません。

楽しい妄想の1時間
嫌味のオンパレードな被害妄想の1時間
これから行う事への精神集中の1時間
過去の憎しみを限りなく膨らませる1時間
どう思っていても誰も知りませんから自由です^^)

ですが一つだけ知ってほしいのは
その思考がそのまま気として発していると言うこと。
どちらにしてもその気は周囲に満ちます
生きている限り常に。

憎しみの消えない心で過ごす囲いの中は
邪気に満ちます、表面の笑顔と関係なく
そしてその気は、常に誰もが感じています

例えば誰もが経験する別れや離れる仲
どんなに仲良しでもいずれ必ず距離は生まれます
何もないのに・・・話しにくくなる空気

それは互いに腹の内を潜在意識で感じているとき・・・・とも言えます。
霊感として^^)

そうすると見えてくる身近な関係ってありませんか?
仲違いしてしまった過去の出来事のときの心持も含めて・・・

悪い意味で言っている訳ではありません。
探るのではなく
そうならない心を養う大切さのお話
と捉えるセンスを大切に^^)

合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (2)

2012.01.06

解釈

71111111

改宗されるケースは多々ございますが
それが原因で何かが起こるのではないかと
心配されている方って結構いらっしゃると思います。

むしろ起こるとすれば
人の都合によるもののほうが
確実に多いと思います。

トラブルとはそう言うもので
お墓や法要での存続のいざこざは
後にまで尾を引きますし
時には後世にまでその余波を
継続させてしまう事もあります。

お寺さまとの確執もその一つ

元々は仏教でしたが・・・
今は神道に変えています。
と言うケースは実はとても多いのです。

それが良い悪いと言う事はありません。
どちらを信仰しようと自由です^^)
誰が何を心に持つもその人の生き方ですから
それを他人様がどうの言う必要がありません。

問題は、それが供養に影響をするのではないか?
と心の中で常にその事が引っかかりながら
今に至ると言う流れになります。

そしてね、往々にしてこういう流れのには
人間関係のトラブルが付いてくるものです。
先に言った流れがそのまま違う方面にも
同じようなつながりで波及していくものです。

あれとこれ
まったく違う事案や、関係の無い出来事も
心の中では同じ自分の現実の問題に変わりありません。
別々の問題でも心にのしかかる重圧や苦しみは
互いに影響しあいます。
ゆえに晴れない心で望むダウンした気は
その強さの分しか働きかけません。
それを受ける側は、それが人であっても物であっても
中途半端な気を感じます。
それに対して100%で返そうとは思わないのが
互いの関係です。

コノやろうと言えば何だよと返したくなる法則。
何だよと返されると何だよとはなんだ!と言う鏡のような循環
この場合は悪循環となりますが・・・。

この例えはそのまま日常の流れの中に常に生まれては飛び交います。
その繰り返しの中で習慣が生まれ、そのグループや集団の雰囲気が決まります。

さて、どう祀ったらよいのか
日々そう供養したらよいのか
ケースに応じてお話しております。

同じ場所、同じ配置でも
まったく意味をなしていない事が多く
例えばお仏壇が家具になってしまっている家が少なくありません。
そちらと繋がる場でなければ
どんなに供養をしていると言っても
「つもり」になってしまう事も無きにしも非ず。

こちらの良かれがそちらの求めと一緒とは限らないのです。
改宗をどうの先祖様が言うわけではありませんが
縁に心が繋がるのは誰も同じこと。
そう言う意味ではこうあってほしいと言う心を感じられる
今を頂いている者として、今の自分ではなく
今につなげてくださった事を心の中心にできる時間と場所に・・・

そうなっていますか?
合掌の瞬間。

解釈を変えるだけでも
結果は違って来るものです。



合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2012.01.05

護摩祈願

400911112

遅ればせながら^^;
おめでとうございます。
のんびりこたつに入りながら
ゆっくりお休みをしたいと思いつつ・・・
気忙しく動いております。

元旦の護摩の様子を少しだけ^^)
youtubeですが、出せる部分だけ
ざっくりと切り貼りの編集で
飛び飛びの動画ですがお許しを。

元旦護摩祈願



さて毎年2月頃に
その年最初のお焚き上げ供養をしていましたが
託されたものが多く、今年は今月半ばに
古札等のお焚きあげ供養をしようと思っております
今年最初のお焚き上げとなります。
きっと雪の中でのお焚き上げとなるでしょう^^)
ご依頼された皆様には、終了後
webサイト含めご報告いたします。

みなさま
本年も宜しくお願い申し上げます


合掌  

浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »