« 小さな世界を撮る | トップページ | 曰くを鎮める »

2012.04.06

生前の習慣のまま動くご霊さま

個展411

]男性に声をかけられました。

おーい^^

と。

某施設の入り口にたたずむ男性
生前そこにいた方のようです。
中に入りたいのに入れない様子で・・・

実はある理由でその施設の浄化を依頼されたのですが
地鎮祭同様に、またその地へのご供養も含め
させていただいたのですが
その最中でのことでした。

まだそれほど経っていないようで
日課のようにしていたその場へ
いつも通りに心が通って来てしまっているのでしょう。

徐霊やお祓いなど必要も無く
しばらくの時が必要ですので
笑顔でそのまま見送りました。

ある意味安心したようで
それでも誰も気が付いてくれないことへの寂しさや
心の折り合いの葛藤は致し方なく
いる間中、近くに現れては派手な^^?動きをなさる

未熟な私は(笑)つい、気にさせられ
視線を向けてしまい

あっしまった^^;  と。

まあ苦しみや困らせる存在ではありませんので
ついフッと笑みを浮かべてしまうのです。

生前お茶目なおじいちゃんだったのでしょうね。
まあ、本人はそのつもりは無かったでしょうけど。

さて、本日はこれより南へ向かいます。


合掌  浄霊師 神島千尋

|

« 小さな世界を撮る | トップページ | 曰くを鎮める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さな世界を撮る | トップページ | 曰くを鎮める »