« 日輪 | トップページ | だいぶつさま »

2012.05.25

こっくり

121111


霊は肉体がありませんので
ものを動かせるか、と問われれば
いいえ、動かすことはでいません、となります。

以前も書きましたが、ポルターガイスト現象などで
物が動く瞬間をおさめた映像を見る限り
霊が起こしたと言える現象が多々あるのも事実です。

物質で存在していない魂が、びっしつを動かすには
動かす為の条件が必要となります。

つまり、条件がそろえば動かすことは可能という事になります。
この条件はそれこそ様々で、自然に揃うこともあれば
必要に応じてそうなるべく変化したりさせたりする事もあります。

そして、人がそれを提供する事もあるのです

こっくりさんなどはその良い例です

狐狗狸とはあくまで当て字で
なぜ当て字かと言うと、
つまりそれらのような
よく分からない存在や出来事と言う事なのです。
まあそもそも「こくり」は、
テーブルが傾くことの表現ですしね^^)

こっくりさんでは鳥居をかきますよね
これは日本式に変化した結果で
つまりそちらの世界とこちらの世界の境界線とも言えます。
なぜ境界かと言うと丸に含まれる意味がそれだからです。

細かい決まりごとで心を縛り
結果、動くはずのないところで
意思に反し、指が勝手に動き始める。
ここで一つのコインなど共有している多数は
離せない中で心同士が完全に共鳴します。
この波動を途中で破った場合
不安と怒りは後々まで残ります。
強い暗示は全員に共通し
そこから逃れる為の方法があれば
疑いもせずに行うはずです。

自己暗示で自己崩壊してしまう事も
成長過程の心では無きにしも非ず。

さて、本当に怖いのは実は実際に呼び出されていた場合

この場合は、その相手にもよりますが
同じ精神錯乱でも自己暗示と基本的に変わりません
自己暗示の自己も霊そのものですからどちらも同じことなのですが
他意による不調和は、周囲が驚くような行動を起こす事があります。

昭和40~50年代
全国的に流行ったそれらの行いは
メディアでも注意喚起がされたほど
事件や事故が起こったのも事実です。

名前が変わっても、
綺麗な呼び名になっても
様式が変わっても、

結局、何が呼び出されているのか知らないまま行うことの
そのリスクを少しだけ考えてみるのもよいと思います。

こっくりさんなどで霊が動かしていると思うのは
そのほとんどが、不覚筋動と言う肉体の反射運動です^^)
動かしてはダメ、と言う時ほど人は無意識に動いてしまう生き物なのです

つまり、動かして言うのはそのほとんどが自分、または自分達なのです。
不覚ですので無意識なのです、だから自分で動かしているつもりはないのです。
そして、動き出すと興奮状態に入ります
完全に霊の存在を疑わなくなります。

集団心理は、その後の話に尾ひれがついても
そうだとうなずいてしまう傾向にあります。
話が大きくなっても、それはそのまま事実として
広がり続け、その界隈で流行が生まれます。

暗示の蓄積で
日常生活に支障をきたしている子供が
沢山いることを

殆どの方が知らないと思います。

遊びが後の人生を変えてしまう事も
時にはあるという事です。

カウンセリングも
浄霊師の立場からもう何年も行っておりますが
霊の話をせずに
暗示を解くことが大切で
その子その子の波動にあわせて
心の奥の自信を引き出すことが大切と感じます。

合掌  浄霊師 神島千尋

|

« 日輪 | トップページ | だいぶつさま »

コメント

こっくりさん、懐かしいです。

ちょうど小学校高学年の頃に友だちと放課後の遊びでやってましたねsweat01


大人になって冷静に子供の遊びを見ていられる今なら絶対に信じないような事でも、当時は真剣にこっくりさんの導き?を信じてたんですもんねcoldsweats01

久々に当時の事思い出しましたよconfident

投稿: まるみ | 2012.05.25 20時21分

まあ誰もが経験あることと思います^^)
私もやりましたよ、大流行の真ん中におりましたので。
まあそう簡単に呼びだせるものでも
ない・・・と思いつつ
何らかの理由で例えば
その地や建物に地縛されてしまっている
存在がいた場合はそこから抜ける
大きなチャンスとも言えますので
突然気がふれてしまうような行動を
起こす可能性も無くはないかと。
なんて話をしていると
止まらなくなりますので^^。
コメント感謝>まるみさま

投稿: 神島千尋 | 2012.05.26 06時55分

十円玉が勝手に動くというのは、人間は動かしてはいけないと思うと無意識に筋肉が動く事があるらしいです。何でも霊の仕業にするのは善くないと思います。

投稿: プリン | 2012.05.29 13時11分

ぷりんさま、コメント感謝いたします。
仰るとおりで、今回の記事はまさにそれを書いたものです^^)
こっくりさんで動くその多くは自分自身で動かしている不覚筋動ですよ、と言うお話を書いた今回の記事です^^)
中間の“昭和40~50年代・・・から後の記述が本題です。

何でも霊の仕業にする人が多すぎますね。
なぜそうなるかというと、そう吹き込む方がいるからです。
つまりそれは人が作り上げている恐怖なのです。
その暗示を解くことこそ実は最初にするべきことなのです。

プリンさま、今のその感性大切になさってください^^)

合掌  浄霊師 神島千尋

投稿: 神島千尋 | 2012.05.29 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日輪 | トップページ | だいぶつさま »