« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012.06.30

心授かる

141112112

命を授かるといいます
それはつまり
人としての道と言う事です。

時には面倒になり
時には投げたくなり
時には腐り
時には放棄し

それでも今
命があるから
良くなりたいと思う気持ちが生まれます。

その気持ちを打ち壊される感情が
何度も何度も巡るなか
飲まれてしまう事もあれば
何とか踏ん張れる時もあれば
自らどっぷり浸かり
さらに恨み憎しみを増徴させてしまったり
自らの勢いあまる破壊行動で
相手に思い知らせようとしたり・・・・

「そう言うことをしてはいけません!」

などと綺麗ごと言うつもりはさらさらありません。

とことんまで落ちてしまえば
誰もいなくなります。
すると、むなしさだけが残ります。

大切なのはそこからです

放られたあと、その報いを相手に知らしめようとする魂は
その後苦に進みます、もう戻れません。

自分の心の中に、幸せになりたい
良くなりたい、笑顔になりたいと思う気持ちに
自分の奥底に誰にも通じることの出来る無限の光に
当ててあげてください。

通らない思いを通したい為の破壊行為は
通らないだけ済んでいたものを
拒絶と言うさらなる苦を生みかねません。

押してだめなら退いてみることを学ぶ良い経験でもあります。
それを得ることは、
これからが本番の輝く自分の人生の中で
絶対経験しなければならない必須科目なのです^^)

人の心はそのまま神仏さまです
どうしてそう言うのかの説明は端折ります
自分を大切にしない人は
神仏さまにたいして行っていることと同じなのです。

物事は必ず対極が存在します。
今起こっていることは、逆に視ると
そちら側へそのまま通じることがよく分かります。

苦とは
心で思う事が出来なかったり
自分の思い通りにならない
いわば心で思う事が肉体ではままならないという
心と体のギャップから感じるストレスでもあります。

それを解決する方法は二つしかありません
一つは強引にギャップを埋めること
もう一つはそもそも苦を感じる我を変えてしまうこと。

苦しい時、その選択を常に迫られているのです。
先の方法を選ぶ繰り返しが、心病ませる一つの大きな原因なら

一度後者の選択をしてみても損はないと思いませんか?

その選択から
それまでに感じたことのない素直なバランスをたった一つだけでも
自分のものとして会得できたとしたら

次はそう難しくない思考として使うことが出来るようになります。

その繰り返しで次々軽くしていけることを
プラス思考と言うのだと思います。

合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (2)

2012.06.28

限度

907111111

感情は大切です

どうにも出来ない
抑えられない心

どうにかしたいと思う
純粋でまっすぐな想い

そう言う感覚やそんな時代が
だれにもあります

それはとても大切な気持ちです。



誰だって
自分の思いとおりにしたいと思う気持ちがあります

ならないから脅したり壊したりする事もあります

でもそんな感情には意味があって
我慢や静止を鍛えると思うと
ぐっと堪える事も時にはできるかもしれません。

その我慢がストレスになることで
苦を感じ、
その継続でイライラするのではなく

ストレスと言う嫌な感覚をいつまで抱えるの?

と言うことを気がつかせる為の題材と思うと

なるほど^^)

我慢しなければいけないと言う
自分の心の法律を
改定してしまえば良いと思えます。

誰もが経験しているはずです

昔気にしていたけど
今は気にならなくなった出来事。

自らの心のみに存在する、プライドや我と言う

がんじがらめの法律で自らを縛る続けると・・・

人の世はそもそも苦なのですから

さらに自らの決め事で苦を上乗せするのではなく

一つ一つ抜いてあげれば楽になります。

それを誰もが日々口にしているのです。

言われた事ありませんか?

「それは気にしなくて良いと思うよ」

と^^)

そう考えるだけで
先が見えて来るものです。

先が見えると
自分がどうしたいのか
どうなりたいのかと言う展望に
心が動きはじめます。

そんな感覚に浸る時間は
確実にポジティブであり
そんな時のあなたを周りは
無意識に良い印象で感じています

霊感で^^)

合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2012.06.26

行くも戻るも苦

112111111

渡るも戻るも、選ぶのは自分

もし今身近にどうしても救いたいと思う人がいるとしたら
まず先に自分を救うことが大切です。

人のために動ける人は
必ず試されます。
そして常にその試練の繰り返しの中で
傷付き落ちながらも
次に転じて行ける魂が
新しい時代の基点となる。

それを落とそうとするのが魔です。

憎しみ恨みつらみあれこれと
つまらぬくだらない過去のしがらみで
絡めておこうと常に魂に触れ
わずかでも残る小さな粒ほどの心の隙や
古傷を刺激し増徴させ
1日1日の時間の中で、落ち込んでいた頃の波動を
リアルに今再現させ、
その負のオーラに浸かる時間を
少しでも長く思い起こさせておくのです。

その慣性に浸るのはたやすいことです
動くという事は、実は大変なことなのですから^^)

そんな自分の心をまずその魔から救ってあげること。
そして魔に飲まれない自らの行動を習慣にしてしまう。
その習慣に自然の気がまとわりついてきます
その気はとても大きなエネルギーであり
無限の力を秘めているのです。
人の心も気を放っており、互いに良い共鳴をする事で
そこに負は入る隙もなければ、寄る事すら出来ないのです。

呪文やお祓いなど必要もなく
誰もが自ら、自分の心の浄化が簡単に出来るのです^^)

憎しみ、恨み、仕返し、
一番身近な魔の入り口

感情は大切です
怒りも憎しみも大切な心の要素です。
無くす必要はありません。

どう使うか、なのだと感じます。

相談にのる時
疲れる人は、相談する人の受けている負のエネルギーに飲まれている事になります。
つまり肩代りする可能性が大きく
たいてい運気の落ちの始まりとなります。

自らをまず救うことは
人を救うことにつながります^^)

渡ろうか戻ろうか・・・
先が見えないからこそ
心で描く決心が大切。

もし見えていたら
決する心もなくなってしまいます^^)

合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2012.06.24

枠など壊してしまえ!

913591114

浄霊師として伺う先々で
道すがら出会う石碑や石仏

庚申塔はどの土地でもお行き会いさせていただきます。
阿弥陀さまの石碑も少なくありませんが
虚空蔵菩薩、大勢至菩薩、如意輪観音さまなど
地域信仰に縁の石碑も多くございます。
塚や山岳信仰の碑などもたいていどこに行ってもございます。

そんな視野で歩いていると
導かれるように
裏路地の草むらに埋もれる神仏様と出会うものです。

さて
沈みいる瞬間の輝きは格別なものがあります。
同じ場所でありながら
その中に入りたいと思うほど綺麗な深い色合いは
二度と同じ造形を成すことのない一瞬。

やることに追われながら
ほんの数秒で心に焼き付けるものの
忘れ行くも人のさが^^)

ファイルの中に埋もれていた何時ぞやの夕日に
一瞬でフラッシュバックできる

これってある意味
便利と言う名の記憶の退化なのかもしれません

ならばせめて心は常に進化させたいものです^^)

動かそうとしても動かず
いざ動き始めれば止めたいと思える試練ばかりの世の中

固定観念とはまさに枠
次に進みたいなら
壊してしまえそんなもの! 

ぐらいの気持ちで突き進む時も大切ですね^^)

合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2012.06.21

恨み呪い→絶家

1611131


一族の呪いや恨みは末代まで引くとよく申します

男子短命
女系
親戚も含め同じ症状や病
挙げればきりがありませんが
時には偶然やたまたまではない事もあるものです。

若くして母が病で亡くなり
元気だった父も後を追うようにくなり
三姉妹の長女が20代で亡くなり
数年後次女も自ら命を絶ち
土地家屋全て売り払われ、返済にあてられた。
学生だった三女は一人となってしまい
学校をやめ、別の地で働きながら
職場が倒産したりなどにめげず
誠実に一人暮でしっかりこつこつ働きならが暮らしている。
(設定を変えて書いています)

お会いしたのは上記の後であり
一人暮らしの最中で、心の迷路に入り込んでいる時でした。

「避けられないこと」はございます。
受けるべくして、という事は
誰もが人生のなかで多かれ少なかれ経験するはずです。

人を陥れる行動のなかに
相手の先祖さまもいることを意識すると
歯止めをかけやすくなります。

先祖さまはその心に応じて応援くださいますが
強い護りは防壁ではなく、
する側の守りを失わせます
(相手がするのではなく自らの側が静観することで
 返りを受けるもやむなしとなります)

さて、人の土地やお金を少しでも多く詐取しようと
表向きはうまい話をしていても
頂いたら手のひらを返すなどには
強いうらみが生まれます。
憎しみは心を蝕み正常な判断を失わせて
その心が動かす肉体を滅ぼしはじめます。
つまり極論で言えば命を懸けていることになるのです。

その波及は、本人を越えて
その恩恵にあずかる全ての関係者に負の念を広げます。

次の代は早いうちに影響が出ますし
その次の代まで続く頃には絶家に近い事が多いです。

その方向だけを極端に拾い上げて書きましたが
決して大げさではなく、実際に起こっている事例として
(設定変えています)

お仏壇とは
流れを作りやすいありがたい場所です。
そこをゴミや荷物が埋め尽くしていれば
流れ所か、停滞の温床となってしまいます。

正座し手を合わせる時、心清らかになる場にするだけで
気持が晴れ晴れすると思いませんか?

なぜ眼を閉じるのか

心で視る人生で唯一のわずかな時間なのです。

そのありがたいつかの間の時間を終えた瞬間

汚れていたら・・・・いつもの習慣に引き戻されてしまうでしょ^^)

視覚的効果をうまく利用することも大切と感じます。


合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2012.06.19

雑記

12121
小さすぎて立つと見えないほど
今、沢山咲いていますよ^^)

花はいいですね、本当に。

いつも同じ顔で迎えてくださるから。


喜怒哀楽

人は怒る必要があって怒ります
大切な怒りです。

時折楽もあって力を抜きます

哀も楽も。

長いときをかけて築いたものでも
崩れる時は一瞬です。
一つ崩れると次々連鎖するものです^^)

ですが連鎖は心鍛えてくれる大切な後押しと捉えます。
なんでこんなに不運の繰り返しなんだと、誰もが思います

私もそうです

でもそうしなければ次が始まらないのであるなら
一気に崩してしまったほうが早いと言うもの。

そう切り替えることが出来れば
次の動きはすでに始まっているのです。

心クリアにしなければ
過去のマイナスの雑念ばかりが浮かび
進んでいるつもりの表面の裏で
意識ここにあらずの習慣に飲まれます。

成すべき諦めない強さは大切です
そして不運を引き寄せる自らの思考パターンを引っ張らない
諦めの速さも大切という事ですね^^)


合掌  浄霊師 神島千尋


| | コメント (0)

2012.06.17

無邪気 霊性など

511111

寂しく小さな黒い綺麗な核は
その周囲に一回り大きな球に包まれ
突かず離れずいつも纏わる様に訴えています
気持ちを向けて欲しいと言う思いのみで。

スーパーなどのお菓子売り場には
幼子が離れようとせずにいるものです。
欲しいという気持ちのみで
心の中はその色とりどりの世界に
入っているのでしょうね^^)

お友達がお菓子を食べていれば自分も欲しい
おもちゃを持っていれば手にしたい
もしかしたら買ってもらえるかもしれない
そのためにどれだけの智恵を絞り
一生懸命話をするが
簡単にあしらわれてしまうことで
我慢を覚えたり

小さな御霊さまも同じこと

お仏壇でする事は、それはそれで大切です

ただ、小さな御霊さまはちょっと違う感覚で訴えて来る事がございます。

無邪気なのです^^)

これはなぜそうなのか正直私にも分からないのですが
これまでの経験から相談者様ある特定の位置に
その意思や存在を視せに来ます。

まったく関係のない多くの方々でありながら
小さな御霊さんの現れ方って、同じなのです。

なるほど
霊性やその魂の過程において
属すると言うと語弊がありますが
方向性が同じ流れや近い波動などは
同様の形状や音になるのですね。




さて身近な音の中には
自分にしか聞こえていないという音もあります
これは物理的な音もそうですが、例えばキーンとする音などは
周波数による音波が殆どですが
空耳?と思える一瞬が誰にもあると思います。
まあ偶然そう聞こえることは当然ですが
人の構造ってすごいもので
違う次元を一瞬垣間見たりする事があります。
意識してする事は無理ですが
誰もが心の中で常に思考しています。
五感で生きていながらその実全ては
心、魂の求めるままに思考をめぐらせています。
表向きは言い方悪いですが外面をつくり
笑顔で平気を装ったりしながら^^)

いつでも誰でも
常に心の中で本音と建前の葛藤の繰り返し?^^;

ストレスや理不尽などの蓄積の中で
心身のバランスが崩れ
例えばそんな状態の中で落ち込み気力を失い
あるいは発狂したいほどイライラしたり

そんな中で偶然その次元に触れてしまうとしたら

え? ・・・何か言った?

誰もいない部屋でそんな問いが口からでてしまう事も

無きにしも非ず。


合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (3)

2012.06.13

心霊写真の処分方法

6e6b4eea1111

お焚き上げ供養で一番多いのが
古札や縁起物ですが
同様に多いのが

心霊写真

本物であるか否かは関係なく
類するものも含め
お写真はいつも沢山集まってしまいます。

写真についての鑑定や
写ったものについての不安などご質問がきます。
大丈夫であってもなんとなく持っているのに抵抗があるという場合
もちろんこちらでお預かりしてお焚き上げする事もありますが
問題なければご自身で処分なさっても良いのです。

例えばお位牌でも、白木のお位牌などは
どうしたらよいかと聞かれることがあります。
もちろんお寺さまにお願いできれば良いですが
お焚き上げをしていないところでは
お墓で燃してください、
と住職さんがおっしゃるケース多いです。

さて、お写真ですが
特別に不運や不調がないならば
ご自身でお焚き上げなさって良いと思います。

簡単なお焚き上げの方法をお教えいたします

室内で行う場合
大きめのお皿にあら塩を盛ってください
ある程度広げたら、その上でお写真を燃します
燃え尽きたらお塩をかぶせてください(足りなければ新しく上に盛る)
一晩置いた後、川など綺麗な水に流します。

野外で行う場合
まず場所を整えます。
30センチ四方程度でよいので平らにならし、あら塩を軽くまきます。
そこに手ごろな木(なければ未使用の割り箸で代用)で井桁に組みます。
(奇数と偶数がありますが簡易ですので端折ります)
その後四方に軽く塩を一つまみずつ盛ります。
(必ず時計回りで行ってください)
半紙など白い紙にお香と一緒に写真を包み段の中に入れます。
(折りたたんでも良いです)
火をつけて燃え尽きさせます。
組んだ木もしっかり最後まで燃え尽きさせる事が大切です。
何か悪いことが起こるのではないかという不安や恐怖ではなく
煙とともに戻りますようにと言う安定した心を養わせていただく
とても良い時間とするなら、良いお焚き上げになるでしょう^^)

何か顔のようなものが・・・どうしよう、と思い
長い間眠らせているお写真があるなら
野外の方法で大丈夫と思います。

不運や不調の連続、となっているなら話は別です^^)

参考になれば幸いです。

忘れないでください
火を使う以上
心乱してはなりません!

それさえ心得ていれば
良い修行になります^^)

合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2012.06.10

光と影

194611111


光と影
どちらも大切です。

光を見る人もいれば
影を見る人もいます。

光を玉で視ることもあれば人の姿で視る事もあるでしょうし
影を靄で見ることもあれば人の影で見る事もあると思います

どちらも同じ事があり
相反する存在として現れている事もあります。

イメージとすれば影はマイナスの印象が強いと思います。
確かにその通りですが、マイナスにも色々あり
元来そのままの存在なら、その影響はとことんまで受けることになりますが
そもそもマイナス側として影響を出すことを目的にしている事もあるのです。

現代の相談の中で
かなり多い比率で、受けるべくして受けていると言える事由がとても多いです。

受け取り方と言うお話は沢山していますが
それを排除したい気持ちはとてもよく分かります

ある医師がこう話していました
周りが変われば自分も変われるかもしれないのに、と言う視点。
周りも同じ事を自分に言っている
そう感じれる瞬間から
勝ち負けや自我の押し通しに気がつく・・・

なるほどその通りだな、と思いました。

そんなお話を聞きながら
心霊と言う事ではなく
宗教や信仰と言う事でもなく
しかし心の世界を、統計やカウンセリング学ではない方向から
おかしな刷り込みをする事ないように配慮しながら
医学と協力していければよいのにな~と思えてきます。

その方を元気にしたいと言う思いは同じなのに^^、と。

病院で医師の許可のもと、患者さんにお会いする事があります。
なかには無菌室や今亡くなってもおかしくない状態のケースもあります。

人の治癒能力は、それを発揮する条件が整えば
お医者さんも驚く結果が出ることもあり
それはあくまでご本人の治癒能力によるものであることを
意識できることが大切と感じます。

さだめはさだめ
そこに逆らうのではなく
迷うとき、すべき事を日々心に入れなおしてみることで
引っ張られながらも、前に進まなくてはと思う
そんな自分でいたいと思えればそれでよいかな、と^^

合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2012.06.08

木に宿るもの

133100041111


私のブログを読んでくださる皆さま
それぞれがそれぞれの思いの中で
見てくださっています。

おおくのメールもいただきます

全てに感謝です

正直涙な出そうになるほど
心温まる言葉をくださる方もいます
感謝です。

~~~~~~~~~~
さて、
造形物はその素材があって形を成します
土から掘り出されるものは
掘る人、集める人、運ぶ人仲介する人加工する人持ち歩く人
と何かの例えもあるように、それだけ多く介在している事になりますが
鉱石には鉱石に宿るものがあります。
同様に大地の力を頂き大きくなる樹木も同じで
樹木の場合は宿るものが鉱石とは少し違い
人にわからない感覚を持っています。
その木を加工するとき
その木の持つエネルギーをそのまま受けることになります。
木彫りや文字など造詣を刻む時
その木に長く接するほど、その木と同調したり
時には最後まで反発したりするものです。

木に携わるお仕事の中で
体を壊したり、病になる方もいます。
難病や、原因が分からないような症状に長く悩んだり
身内や一族も同様の不運が巡るケースも多く
浄霊師としてそんな事由に多く携わっているのも事実です。

ご神木はもちろん
古民家の古い庭木や
立派な古木など
現代の利便の犠牲になる木など
想いの深いものは
敬意を示し、筋を通すことで
福として巡ることも多いものです。

ある財閥の別荘にあった一枚物の大きなつい立。
このつい立ての所有者は次々亡くなるか病に伏せる繰り返し
結局誰も別荘に行かなくなってしまった・・・などと言うケースもありました。
ご神体ともなるほど神々しい気を宿すものもあり
私も沢山の金剛杵を彫りますが
時には強い気を放つ造形が生まれることもあり
その時々で使い分けをしております。
その中でももう長年使い続けているものが二本あります
どちらも彫りを始めた当初のものですので
まだ彫りも定まっていない頃のものですが
それ以上のものがまだ出てこないので
未だに^^;使い続けています^^。
まあ愛着ありますけど、相性も大切だな~と感じております。

そしてもう一つ
木彫りは無意識にすごい力を使います。
彫る力ではなく、刃を抜く時の方向修正の力
ここを違えるとすべてが無になってしまうので
抜く時に無理がかかります。

首の骨と腰の骨を悪くします^^)
私の知っている木彫り職人さんは
六十ですでに歩くこともままならない状態です。

趣味でやろうと思っている方
気をつけましょう

退き際鮮やかが楽しみとなる秘訣と感じます^^)

合掌  浄霊師 神島千尋


| | コメント (0)

2012.06.05

41111114
操るなどと言うとおこがましいですが
炎を扱う時、その熱に打ち勝つ心も大切です。
同じ繰り返しの中で
その重なりが時となり
その時の中での集中が
深さとなります。

さて、白黒も含め物には色があります
もちろん心にも色はあります

先日相談者さまとのお話の中でそんな話をしましたが
自分が今何色なのか、または何色を欲しているのかも
自分で知る術もあります^^

今の心のステージも色で視る事もできますし
どうあるべきかも色で教えていただくこともあります。

余談ですが、仕事柄お医者さんなぢ医療に携わる方や
整体、整骨などをされている方と多くお会いします。
精神も含め、人の肉体の不調や不和を改善するお仕事の方は
その煽りを受けることが多くあるものです。

その方々の中で、無意識である事も多いですが
気の力を応用している方がいます。

整体を生業とされている方などは特にそうですが
表面を押しながら、届かない内部に対し
内側の患部を直接刺激し揉みほぐすイメージを繰り返していたり。

施術者により強さや性質は様々ですが
その波動を色で見ることもできます。
その色により、即効性なのか、2,3日していから効いてくるのかなど
効果が変わるようです。

ある施術者さんとお会いした時、
その瞬間だけ深緑の気を引き出しておりました。
この流れは長期的な治癒を心得ていると言うことで
人の体の流れなどを、しっかり両面から会得しているとなります。

すごいな~^^と感じつつ

赤などは躍動があります
瞬間的に発する強さは赤に近いものが多く
怒りや憎しみを赤黒い色で表現される意味がよく分かります。

しかし色そのものに深い意味を求め
そこに拘りすぎてもおかしなことになりますので
さらりと流し込み、引っ掛けておく程度が丁度よいかと。
なればそう遠くないなにかの折に
この事か^^! 
と、感じる機会も巡るでしょう。

そうですね、例えば
待ち合わせや、少し一人で静かにすごしているソファで
閉じた眼の中に色が広がりはじめたら
そのまま色の世界に心投じてみましょう


合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (2)

2012.06.02

囲いの中

07271811


実は私は同調が得意なのです
同じ目線で静かに波動をあわせてあげるのです
つまりその人と同じ感覚に心で近寄ってみるのです。
コミュニケーションの中で一番大切なのは、
こちらから引き出そうとするのではなく
投げっぱなしにしてみるのも大切なことなのです。
問うて返事がなければそれで良しとしてしまうこと^^)

動物などはとても分かりやすく
その人の心の波動を敏感に察知する野生の勘=霊感で読みますから
逆にこちらから圧倒的な気を一瞬で叩き込めばシュンと黙ります。
ですが力関係を求めている訳ではありませんので
こちらが一瞬で存在を気にしなくしてしまえば
そちらもさして気にしなくなります^^)、本当に!

つまり次の瞬間別のことに集中してしまえば
そちらも構わなくなると言う、鏡理論そのものを経験する事も多々。

波動をあわせる方は、相手の受けているものをそのまま
受けることにもなりますので自らの浄化を出来る事が
大前提となることは言うまでもありません


   >>>続きはこちら


合掌  浄霊師 神島千尋






浄霊師 神島千尋 MysteryZone

相談ご質問お問い合わせ

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »