« 霊が人に入るとき | トップページ | 念が満ちて雰囲気となる »

2012.07.10

肉体と霊体

701111

人は心で生きています

心とは魂であり
人はそれを総称して霊と表現しています
(もちろんエーテル云々も踏まえてのことですが
 そこに焦点をあてていません^^、あしからず)

想念だけでは定着できませんので
霊体が肉体とのバランスをとり
離れないように繋がっています。

思う事
実際にできること

この格差が大きいほど
心の開放が妨げられます。
通らぬ思いがさらに通したいと満ちていきます

いずれいっぱいになり
それを抱えて凌ぐか
耐え切れずに噴出すか
許容が壊れるか・・・

いずれにしても
そのままでは負しか残りません。

肉体とは何でしょう

楽をして贅沢な生き方をしたいと思っても
よほどの資産家でもないかぎり無理です

若気の至りで先買いして生活苦になってしまったり
自己中で孤立してしまったり
相手の為と錯覚し押し付けての繰り返しをしている事に気がつかなかったり

心で思う事は体にそのまま現れます
どんなに隠しても、その結果が現れます。

思う事は誰もできますが
それをどう行動で示せるかが大切と感じます。

「ありがたいと思ってはいますよ、いつも」

でも口に出せない・・・

これを相手はこう捕らえます

「感謝なんてされた事ない」

私は過去この過ちを当たり前のようにしていました。
その結果も身をもって経験し、なるほど大きな勉強だったな、と感じました。

言わなくても分かるだろ普通、の普通は自分の解釈で
相手が必ずしも同じではない^^と思うと
ごめんね今まで言わなくて^^)となってきます。

自分は変わらない、自分を変えたくない。
かっこいいです。
そこは変えなくて良いと思います。
それまでの自分はそのままで良いから
そこに一つ新しい行動を足してみればよいだけなのです。
それだけで、新しい心の種が一つ増え
その芽が、次の結果のなかに
小さいけれど、確実に顔を出すはずです。

じゃあそれで何かが変わるのかと言えば
いいえ^^何も変わりません、それまでのままです。

「意味ないじゃん」

そこだけ見ればそのとおりです。
でも確実に一つそこに生まれています。
それを次も次も、また次も
継続して行く事で
1つが3に増え、いずれ5になり10になり

1年、3年、5年

すでにその頃にはそれが「普通」として心に定着しているはずです。

そして、自然に穏やかな心が日常の半分以上を支配するようになり
その頃起こる不運は、そのまま不運として飲まれず
良い緊張感の時間として、心引き締まる大切な時であったと
自然に感じられることでしょう。

同じ一つの出来事
そこから繋がるいくつもの結果と言う道の
どれを選択するもその時の心であり

それを体験できるのが肉体なら迷わず進め、ですね^^)

だって、動かずにいたら結果は頂けませんもの。

つまりね^^)
良いものだけ欲しいから迷うのです


合掌  浄霊師 神島千尋






浄霊師 神島千尋 MysteryZone

相談ご質問お問い合わせ

|

« 霊が人に入るとき | トップページ | 念が満ちて雰囲気となる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霊が人に入るとき | トップページ | 念が満ちて雰囲気となる »