« 簡単なイメージによる自己浄化方法 | トップページ | 肉体と霊体 »

2012.07.08

霊が人に入るとき

000981112111
霊が人に入り込むとき
必ずいくつかの要素が必要となります。
その一つが心の隙

誰の心にもマイナス面が存在します
このマイナス面は向上の為に必ず必要な要素であり
無い人はいません。

このマイナス面の対極にプラスが存在し
プラスの思いを確固たるものにするのがマイナスでもあり
そのまま飲まれていくのもマイナスです。
マイナスをそのまま受け入れてしまうと
心囚われていきます。

ながきに渡り苦の中に身を置いてしまう思考の習慣を
一度で改善する事は至難の業です。
どうしてもすぐに良くなりたいと思うものですが
10年かけて苦しい極地までたどり着いたといして
一度の徐霊で全てを変えられればそれほど簡単な話はありません。

長い道のりを経て山頂にたどり着いたとして
一瞬で家に戻れる人はいません。
道は違えど戻り道を通るのは必須

この道のりを無いことにはできません。

何をするにも、何を改善するにも
やはり通らねばならない道はしっかりと歩むことが大切

道なきところに目的地も見えず
目的地が分からない所に道がわかるはずもなく。

まず、どこに向かうのかを
今月とか今年よりも先の
少し長いスパンで捉えてみると
今のこれ、と言う全てから
それを通過点とする事も出来るはずです。

合掌  浄霊師 神島千尋

|

« 簡単なイメージによる自己浄化方法 | トップページ | 肉体と霊体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 簡単なイメージによる自己浄化方法 | トップページ | 肉体と霊体 »