« 霊性 | トップページ | 水晶の糸 »

2012.09.13

盛り塩

000521111

浄化と言って最初に浮かぶのは
清めの水か塩と言ったところでしょう。

先祖様お水沢山のんでくださいね、と言って
お墓に水をかける方がいますが
あくまで水で清めているのです。

先祖様飲んでいるわけではありません^^;

塩も基本的に同じです
清めの盛り塩なら良いですが
そもそも盛り塩そのもに魔を祓うと言う効果はありません。

塩で祓う場合はそれなりの作法と塩にお役目を持たせて行って
はじめてそれと同等の説明が成せるようになるのですが
部屋の四隅に盛り塩をしても期待する効果はまず無いと思ってよいと思います。

お祓いに伺う家の殆どで盛り塩があります。
私は「なぜこれをここに?」と必ず聞きます。
その答えは殆ど一緒です
「ネットで調べた」「そうすると良いと聞いた(または言われた)」など。
結界もそうですが、作ると言うことは崩れるが同時に生まれます。

効果が強いものほど、反対に転ずるとマイナスの作用も強くなります。
何もしなければそれほどでもなかったものが
それらをした事で逆に反発作用が強くなってしまったことが多いものです。

事実、魔よけが無数に貼り付けられている家は
それを上回る霊障が渦巻き、それを防ぐ為またグッズを購入。
一つするごとにそれを崩され、の繰り返しで異様な匂いが充満・・・
まるで水中に居るような動くのがつらいほど重く暗い気が満ちている家もあります。

何事にも始まりがあります。
そこを掛け違うと次々ずれたまま構築してしまうことになります

清めは、清める心が伴って初めて効果が現れるものです
清める気持ちがなく、邪心でまく水にはその波動が満ちた水となります。
その繰り返しに類は友を呼び集まります。



そうするとお墓参りから不調・・・の意味も見えてくるものですね




合掌  浄霊師 神島千尋

|

« 霊性 | トップページ | 水晶の糸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霊性 | トップページ | 水晶の糸 »