« 隙間と隙魔 | トップページ | 部屋の残る思念の強さ »

2012.11.14

金縛り

gho331111111

心と体
それぞれにも流れがあります。

心と体を繋ぐ見える部分と
心と体を繋ぐ視えぬ部分
双方の無限ともいえる繰り返される蓄積の結果が
「今」なら
まさに一瞬一瞬奇跡を体験している今と言えます。

この双方の、どちらにもいえますが
干渉されるとき
繋がりのバランスが崩れます。

内側の精神エネルギーに影響を受けるケース
例えば精神的な傷を負ったり
恐怖やマイナスの暗示となる言霊が心に重くのしかかったり
漠然としながらも、自らの心では理解できない、または解決できない事由が
大きく残ってしまうようなことがある場合・・・

いろいろな症状となって現われますが
その一つに 金縛り があります。

身動き取れない状態
ケースは違えど多くの方が経験していると思います。

金縛り=恐怖 の図式が特に今の日本では完全に出来上がってしまっています。

以前も触れましたが、金縛りのそのほとんどが
いわゆる「霊」とは無関係であることを今一度申しておきます。

私は浄霊師です
浄霊師としてこのブログを書き
浄霊師として何をする為に動いているかを自ら明確に心の基点としています。
心霊の世界では、それぞれの業界の成り立ちの為に
ある程度方便は必要であり、そうでなければ人を救うことが出来ないこともあるのは事実です。
例えばメディア
たとえそうでないものであったとしても、恐怖を感じるように仕向けなければ心霊番組は成り立ちません。
落ちで解決を見出す為には、それまでの恐怖が一つのお話の中では絶対必須だからです。
それはそれ^^)

しかし現実では、そのままが心に強い衝撃となってしまい
例え再現であったりフィクションとする最後のテロップは
意味を成さなくなってしまう事がおおく
事実、作りものであると、ねたバラシしても、ドッキリだと明確に表示されていても
放送後番組をみたら「霊障」を受けたと電話が殺到するケースが多いのも事実なのです。

大切なのは、本質を失わないこと。
人の気持ちは喜怒哀楽も含め常に複雑に揺れ動いています
動じない事はとても大切ですが
動じないとは、感情を失うこととは違います。
基点を中心に、常に臨機応変に動けることでもあるのです。
誰にも個性があります、だからこそひとであり欠点もまた良い面でもあるといえます。

恐怖は心の防衛術ですので、大切にしなければなりません。
その恐怖が笑顔を作るためのものであるなら良いですよね^^)

ですが、恐怖が心を支配し、過剰に防衛を始めると
すべてがそのフィルターを通して見えてしまいます
そんな状態で心霊的な映像や、話しや、行動を受けると
寝ても覚めてもその気に包まれてしまい
バランスを欠いた心身による伝達のズレから動けなくなる事もあるのです。

さて、それらを踏まえた上で霊的な影響での金縛りの話しをしますね
人の心にはかならず前向きな思考とそうでない感情があります。
マイナス側の思念はマイナスの無念と同調しやすいのは誰でも分かると思います。

心の中にある想いの強さや
心のバランスの崩れ
例えば飲酒や、様々な事由による感情の起伏
通常とは違う環境
など様々な流れの中で
あるときふと組み合わさる瞬間
心=魂に完全同調してしまったり
あるいは悪意により押さえつけられるように絡まれる、または掴まれるような状態になると
身動きは一切とれなくなります。
なぜなら人は人である以上、肉体が唯一の動く手段だからです。

ただし、乗っ取る事はできませんので
自らの心を強く信じ、自らの魂が発する波動が全てを払(祓)い除けるイメージを持つことで
金縛りを一瞬で解くことが出来るはずです。
自分を信じること、すなわち神仏さまを信じることと同じなのです。

日々合掌している人は、つまり巡り巡って同じことなのだと理解してきます。

自分の力を信じてみてください^^!

合掌  浄霊師 神島千尋

|

« 隙間と隙魔 | トップページ | 部屋の残る思念の強さ »

コメント

今までに二回金縛りというものを経験しました。
初めてなったのは大学入学した直後(古い話だ)。もう一回は前の家から現在の家に引っ越しする前日でした。 どちらもいまだに覚えています(^。^;)

神島さんのブログから霊的なものではないことが多いと知り、そんな感じはなかった事を記憶しています。

多分、入学直後・引っ越し、といった環境の変わり目に自分自身が何かしら色々考えて緊張状態にあったことが引きがねになっていたんだなって思ってます(^^)

霊的だったなんて考えたら怖いですもん(^o^)

それからは金縛りにあうことも無いですが、ならないようにリラックスした平穏な生活していけたらいいなって望みます(^^)

投稿: まるみ | 2012.11.15 09時23分

過去に1,2度程度ならまず霊的なものでは
無いと思います。
大丈夫、大丈夫^^

たぶん・・・

なんて(笑)

コメント感謝です>まるみさま

投稿: 神島千尋 | 2012.11.15 14時32分

神島様
相談、させていただいてよろしいでしょうか?金縛りとは違うんですが
私が住む某市なんですが
比較的、近代的になって一見すごくおしゃれな観光の街があります。その町を抜けますと
大きな駅に出るんですが、
その大きな駅にたまにですが
オットを迎えに行きます
その町を抜ける際に通る道で2回ほどなんですが、人のような
黒いものが見えて、急ブレーキを踏むと
人がいないという事がございます。
昨日は黒い髪の毛のみでした
またこの道は、片側2車線づつなんですが
車が夜はあまり通らないので、中央分離帯の
垣根を信号が変わるのを待てずに普通の人間も飛び出してきたりしますので、私も人だと思っていたんですが、何回か、つづき場所も同じ場所なので私自身もなんか見えなければ、こういった気持ちにならないで忘れていられるんですが
なんか、見えたことによって
またぁ・・・。とか負のスパイラルにはまってしまいます
小さい頃からは見えたりはあったんですが
もし神島様でしたらどんな風に気持ちを立て直しますか?
ちなみに見えるときはなんだか、ぼぉーっと
何も考えないで無のときが多いです。
で・・あれ???何??って感じになるんです?一番の恐怖は自分が自らの思い込みで
作り出しているものという言葉がありますが
自分の中でそういったものが怖いもの、不快なものという認識が無くならない限りは
難しいのでしょうか?
ちなみにですが、最近は氏神様にちょこちょこ参拝するようにしています。折にふれて
自分では見たとしても
どうすることも出きずなので
でも見えなくなるのが希望なんですが
気が付いたのは都会は人も多い分その土地にはたくさんの方たちがいらしたので
田舎の私がいたとおころに比べたら遭遇する数が半端ではないことがわかりました。
だからもしかしたら、迷える御霊の方たちも多く、見えるのもしょうがないのですかね?

投稿: ゆう | 2012.11.16 21時24分

ゆうさま

右を見ても左を見ても、霊はいます。
確かに人の心の作り出す、それらしく見えるものはあって、
そうではないものを、霊と思い込む事は多いです。
お会いしている訳ではありませんので断言はできませんが、文章からするとその黒い影や髪の毛は霊だろうと思います。
なぜならば、私も頻繁にそれらと遭遇するからです。
影でありがながら人そのままの形が、
信号待ちの車の列や、渋滞中の合間を
駆け抜けていきます。
ドライブレコーダーに写っているのではないかと思えるほどはっきり横切って行きます。
そしてこれがポイントなのですが、その通り道には並走して小さな黒い玉のようなものが
いることが多く、丁度人の頭くらいの大きさですので、髪の毛と言われればそうとも取れます。
駆け抜けるように動くのも特徴です。
この存在の話は簡単な文章では説明しきれませんのでいつか記事として書きますね。
人の形よりも、小さなほうがあまり良くない影響を出すこともあります。
ただ、文章から察するに・・・が前提ですので、ゆうさんの言う髪の毛と私の言うそれとは違うかもしれません^^。
まあいずれにしても、ついて来ている訳ではありませんよね^^)
横断している影ですから、帰りたくて繰り返しているケースとも思われます。
今、日常生活に支障が出るほどの原因不明の出来事などが無いならば、心配する必要はないと思います。
どの土地にも宿るものはあります、
半端ない数の霊がいる地も確かにあります。
霊感は誰にもあり、それをどう解釈するかは
自由ですが、囚われてしまうような一方向に偏り過ぎないように気をつけてください。
怖かったり不運と思われる出来事の半分は
逆の意味で起こっていたりするものなのです。
良かれと想っているのに、逆手に取られてしまい悲しい思いをする事があるように、見えない世界もまた同じことなのです。
参考になれば幸いです。

合掌  浄霊師 神島千尋

投稿: 神島千尋 | 2012.11.17 06時20分

神島さまこんばんわ。
早々に詳しく、教えていただき有難うございました。
そうなのですね。(>人<;)
やはり、同じ場所なので、何かあるのかもですね。
黒い頭程のものでした。真っ黒でした。
私が、みたものは、見間違いではないのですね。
以前は昼間でしたが、マンションの内覧をしたときに
黒い煙をみたことがあり、そちらは、
やめました。
私自身怖がりなので、びっくりしてしまいますが、
この度は、教えて頂き自分でも、恐怖に囚われないように
したいと思います。いつも有難うございます。

投稿: ゆう | 2012.11.18 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 隙間と隙魔 | トップページ | 部屋の残る思念の強さ »