« 食べ物の宿る気 | トップページ | 金縛り »

2012.11.10

隙間と隙魔

3111111
もうこんな季節に・・・  早いものですね^^;
この画像は上田で撮ったものですが
佐久市には観光名所になっているイルミネーションがありますが
観光バスがルートにしていると言う事もあるほどの見事なものです。
いつか撮ったら載せますね^^)




~~~~~~~~~~

ある時の出来事を境に
心に傷を持つことになってしまった人がいました。

その傷自体はそれほど大きなものではなく
少し落ち込む・・・程度のことだったのですが
それがきっかけとして、その後人生が大きく揺らいでしまう結果に。

日常の生活は何とかしているものの
外に出れないというより光そのものを避けている状態。

夜になると、特に深夜になると安心するとの事で
昼間隠れて夜ごそごそと動き出す。
といっても外出はせず、6畳の自室内が生活の全てとなっているのです。
本当はしっかり仕事もしたい、
自分で生活を出来るようになりたいと言う気持ちはあるのですが
一回に10粒の処方薬を日に何度も飲みながら
もう長い間、その状態なのです。

ここまでの文章だけで、ある程度想像はつく方が多いと思いますが
それぞ皆さんの心で思うことはその通りです。

さて、問題はそこではなく
そのきっかけと、その流れに便乗するようにと言うと語弊がありますが
ある意味助長するものがあるという事が大きな要素であることを知ってほしいと感じます。

 同じ境遇にある人なら分かってくれる
 今なら聞いてくれるかもしれない
 今がチャンス
 ここは押すべき時

そういう場面ありますよね
それを逃したくない強い想いは
その時を求め探しあるいは待っている存在がいたとして

そんな折、心に大きな隙ができてしまう人が現れれば
そこを逃すはずも無く。

家の中で他誰もそう言う人はいないのに・・・
ではないのです。
誰が受けてもおかしくない中で、たまたま
その時そのタイミングだったと言う事も少なくないのです。

まず最初に通すべき事を始めなければ
繋がるはずもなく
しかし先に楽をくれなければそれを始めることが出来ない
この矛盾を解決せずにバランスは取れない・・・
と言うのが長い苦のそもそもの部分かもしれません。

そんなケースが増える中
若い方のいわゆる霊障のその深さが増しているのも
当たり前なのかもしれません。

家は建ってからまだ誰も亡くなってないからお仏壇は必要ない

お仏壇はあっても無くてもどちらでも良いです。
ですが無い場合にもすべき事があるのです。

神棚が無いから悪いわけでもありません。
ですがそこに身を置く以上しなければならない事があるのです。

それを始めるだけで受ける必要のないものは
なくなるのです。
それだけで平穏のありがたさをいただけるものです。


合掌  浄霊師 神島千尋

|

« 食べ物の宿る気 | トップページ | 金縛り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食べ物の宿る気 | トップページ | 金縛り »