« 下からではなく上から・・・ | トップページ | さあさあさあ^^) »

2012.12.27

身代わり

72000

ある方との話しの最中突然飛んでくる強い妬み
これは強い念ですが、ある意味呪いと同じ一つの流れ。

それまで元気だったのに、突然の激痛に見舞われ
体が固まったように、痛みと痙攣で身動き一つ出来ない
体を動かすと痛みが全身に走る感・・・
視ていてよく分かります。

お背中のある部分の一点の激痛

こう言うとき私の特性は少しつらいものがあります
無意識につい同調させてしまうので、その痛みの位置と強さを知ります

すごく分かりやすい同性からの念でした・・・

ご本人さんは何とか緩和しようと、少しずつ伸ばしたり試みるも
痛みは増すばかり
同じ姿勢で固まったまま・・・かわいそうなほど。
これはまあ受ける必要の無いものですし・・・
ここにいて知らん顔も出来ないし、抜いてあげなければいけないかな・・・
と思ったその時です^^)

隣にいた身内の方が痛気をきかせて
動けないので変わりに遠くにあるコップを
取ってあげようとしたのです。

左手を伸ばしコップを掴み、
受け渡しやすいように右手に持ち替えようとしたのですが
なんと両手が完全に交差してしまったのです。
自分の左手から自分の右手に持ち替えようとして!

普通ならば考えられない事ですが
その方曰く、左手が右手の上を通り越してしまい
完全にすれ違ってしまう形となり受け渡しが出来なかったと言うのです。

しかし左手は右手に渡る瞬間の位置で手を離しているので
そのままコップは投げられた形となり1、2メートル放られ床に落ち割れました。
その割れ方も見事なほど綺麗に粉々になりました。

痛みが出てからコップが割れるまでほんの1、2分の出来事でした。

割れ方があまりにも見事に均等に粉々となり、その瞬間空間の気が
一瞬で晴れたのです。
切り替わりとはまさに、と言う感じ。

「助けてもらいましたね、身代わりです、
 もう痛くないでしょ?」と言うと、

「えっうそ!ほんと痛くない! なんで???」と
 悲鳴のような声を上げておりました。

痙攣するほどの突然の激痛で身動きできなくなり
愛用品の粉砕と共に完全に治まる

これは利が通じていないと起こらない事ですが
世の中にはこう言う出来事が沢山起こっております。
しかしそれを、そうと感じない心となっている事も多く
また、知らないまま気付かないまま流してしまうばかりですと・・・
犠牲が浮かばれないな~と、思えてきます。

さて大切なお話を一つ、
人は誰でもさまざまなところから守りをいただいています。
守護がない、といわれる方もいますが、そんな事はありません
自分の都合の良い守りを求めることと、本来の護りとは違うものです。
誰もが守っていただいています。

ただ時折、通常とは違う特別な護りといいますか見方といいますか
ある深い縁をいただき今を生きる方がいます。
生まれ持っていただいてくる方もいますし後天的に得る方もいます。
そこは端折りますね、
その方は波動そのものが、言うなれば湧き水のような状態を作り出しており
ゆえに物や自然の波動の利を得やすい人となります。

こう言う方を、そうとは知らずにいじめたりすると・・・
(物理的であれ、精神的であれ同じことです)
行いに対しての返りが早く、且つ明確な結果が出るものです。
まあそれは因果ですから良いとして^^;

何が言いたいかといえば
物に好かれる・・・と言うとちょっと語弊があるかもしれませんが
冒頭のコップの出来事のように助けられやすいのです、自然界に。

これ、捉えかたを間違うと、
コップが割れる=不吉  と思う人が多い現代です

逆です、その本質を知ると感謝しかなくなります。

こう言う時どうすればよいかといいますと

心素直に笑顔で綺麗に拾い集め袋に入れ、
香にくぐらせ、両手ではさむように合掌し

心を込めて

「ありがとう」を念ずる

お役目を終えたことに、感謝と終わりをしっかり区切りとしてつけてあげることをで
供養となります。

そこに心が通じるとね
形で見えるのです
宿っていたものが^^。

そうですね、色や形はあえて言いません

はじめての時は驚きますよ^^

でも、それを感じるようになると
大切にしなければと思えてきます。

そして学びます
自分も物もこの世界の全ても
同じなんだな~^^、と。
その犠牲が次の流れを生み
その繰り返しが時となり、

どれだけの犠牲の繰り返しが今なのか

なのに生かしているか?自分は。

時間は大切です
楽を得るための今か
苦を越える今か

どちらも選択は自由です

一ついえるのは
楽には必ず苦が付き添い
苦の先には楽はありません。

どちらも良いことが無いではないか?

いいえ^^

楽は無くとも、苦を苦と感じない強さをいただけるのです。

苦と感じない心に波は影響しません。

揺れない動かないことを不動といいます。

そこにいることって
一番大変ですが
一番安心できるのです

新しい年が目の前です。
これほど良いタイミングはないとないと思いませんか?

元旦の護摩焚きにて
皆様の良き流れ
ご祈願させていただきます。


合掌  浄霊師 神島千尋

|

« 下からではなく上から・・・ | トップページ | さあさあさあ^^) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下からではなく上から・・・ | トップページ | さあさあさあ^^) »