« 無題 | トップページ | 難しいからこその区切り »

2013.03.29

負の連鎖

04

















年度末で何かと忙しい時ですね

神島千尋も動いておりますが
感じるのは変わらず厳しい場があると言うこと。

時折自ら命を絶つ、と言う前提でコンタクトを頂くことがあります。
命の大切さをお話する段階はすでに越えて
通常ではない状態で、生まれ変わりを聞いてくるとき
こちらも意識を繋げてお話しなければならない事も少なくなく

意識を繋げると言う事は、理屈や理論でどうにかなるものではなく
言霊と同時に発する気を同調させて塗り替えるように引き戻しをはかる、と言うと
なんとなくご理解いただけると思いますが
いうなればそう言うつながり方をする時があります。
その時、気をつけるのは、同調=共鳴
察しの良い人ならこの後、「引き込まれていく」と思うと思いますが
それも心に基点がなければ言えることでもありますが
何より気をつけなければならない事があります。

その心の状態になるまでに要した期間、引き込んでいる負の波動
そしてその状態に引き込む浄化されていない霊(心)
さらに言うなら、魔と化している強力な集合体など。

同調共鳴のケースで怖いのが、それらを引き寄せてしまうこと。
これを負の連鎖と言います!

あの場所に行ってから
あの人と会ってから
あの時依頼 etc

などなど。


護身

この言葉は検索キーワードでも多いように
身を護る術は誰もが知りたいところと思います。

自ら自身を護るのが基本です
自ら守れないのに、人を守りたいは成り立ちません。

真言や護身法を探している方も少なくないとおもいますが
法は、あくまで修行の中で会得するものと感じます

自らその心になり、はじめて言葉に気がこもります
その気に宿る波動を言霊と言い、
言霊は印と想念が連携しているから成り立つのです。
つまり3つ全てが一つをなしていることで初めて生きるものとなり
その波動に宇宙に満ちる見えない振動が共鳴するのです。
その共鳴はマイナスの共鳴を打ち破るに余りあるものとなります。

一度に全てを会得しようと思っても難しいです
まず一つを揺るぎない物にする、そこに次をあわせていくとよいかも知れません。
すると三つ目は何もしなくてもなんとなく整ってしまうものです。

今を生きる私たちが最初に出来る事といえば
まず自分を大切にする事。
それなくして何を求めてもそもそも始まらない、と言えます。

分かっているけど止められない・・・
そんな自分によくないと思える沢山ある日常習慣の中の
何か一つをまず心から抜いて捨ててしまう!

生きていくのに必要ですか?

違う違う^^、 生きていくと言うのは、命を継続するのに必要かどうかです。
それが無ければ人間が命を継続するに必要かという事です。
我慢できるか否か、口寂しいなどの自分の気持ちなどどうでも良いです。
心に作り上げた自分だけの悪しき法律なら
ポンと抜いて捨ててしまえばよいだけです^^!

一つ捨てると、その軽さが次のやりやすさに変わります。
そうして生まれる連鎖が心に指す一つの光となりますように!

合掌  浄霊師 神島千尋

|

« 無題 | トップページ | 難しいからこその区切り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無題 | トップページ | 難しいからこその区切り »