« 神の気の経路 | トップページ | 浅間神社 »

2013.03.05

魔を引き寄せる人

934













多くの方が様々なシーンで魔と言う言葉を使いますが
その存在に関しての定義は広く
何を指しているかによりよりまったく違うイメージとして浸透していきます。

例えや説明の中で、意識せずに使うキーワードとしての魔と
心霊の世界に携わる方の言う魔
同じ霊能者さんの中でも見え方の違いから意識している魔自体も変化してしまいます
そもそも風土によってもまったく解釈が変わるものです。
アイデンティティ、信心、信仰、
心の奥底に持つその人それぞれの本質でも変わっていきま。

悪魔と魔は同じであり、まったく違う、と言うのがおそらく一番明確な答えとなると思います。
人の世界で説明されているその世界観と、本質はまったく違います。
どこまで行っても人は人の感性で量るしかないからです。
そこで人でありながら仏さまになるとお約束をし、
手を合わせてながら苦を越える為の唯一頂いた今という時間を
苦に飲まれるどころか、楽を求める習慣に浸ってしまうと
ついには願いのポーズとしてしまう事になり
さらに言うなら、自分の為に願っている事が供養していることと錯覚するまでに至ります。

どこにでも生まれ
どこにでも入り込み
どこにでも寄り添い
どこにでも現われます


つまりすべてに縁を結ぶことができるある意味完璧な存在なのです

だから表裏なのです。

常に全てにそれがある


いつなんどきでも、選択をしながら人は生きています
起きなきゃ・・・もう少しだけ・・・・
朝の始まりからすでに選択です^^)


さて、魔を呼ぶという題に添いましょう
誰もが常に触れているとも言える負の領域の中で
無意識に引き寄せているシーンが多いものです

人を憎んだり、怒りに満ちている時などがそれ。
リアルタイムの出来事に関し、理不尽から怒りが爆発する事は誰にもあります
説明は端折りますが
怒ることに関しては人ですから「それは善し」とします^^)、必然として。

問題は強い遺恨の残る心が呼び寄せる時
思い出しては苦々しく、憎しみや恨みを繰り返すケース

これは誰もがそうなるようになっているのですが
その中にあって、一つ一つ無くすのではなく
許していける心を養う為の、長い長い何度も何度も繰り返し頂く
準備期間でもあるはずなのですが
許せなくなる心を養う為の、長い長い何度も何度も繰り返す蓄積期間に転じてしまうと
がっつり心にくさびを打ち込んで根付かせてしまう事になります。
本当は無いほうが良いと分かっているし、それが苦の元凶である事も知っていますが
長い時間をかけてそちらが勝る思考を構築していますので
打ち破るのは並大抵のことでは無理となります。
人生をかけて築いたものですから、
同じく人生をかけて構築しなおす覚悟で「始める」事が出来るかどうかが鍵となります。

陶酔という言葉で良いか分かりませんが
同じような心の酩酊に憎しみや恨みと言うマイナスイメージで浸り
その繰り返しの波動の蓄積は、繰り返すうちに
一つの力を生み出します。

ある程度まで来ると、思い出した瞬間から
その心の周囲に邪気が覆いはじめます。
霊感のある方なら視えるはずです。
この世には良い流れが満ちています、宇宙も含めて。
ですが、人の世には負も満ちています。
この負の波動を引き寄せることに慣れている心を作ってはダメです。

相談に来られる方の多くが、この負の黒い霧に包まれている方が
非常に多いのは言うまでもありません。
だから負にマイナス要素が寄ってきてしまうのです。
それを不運といいます。

その心のレベルに応じ、時には黒い霧が人の形を成して現われる事があります

これは非常に危険であり、厄介な相手となります。
恨みや憎しみ、妬み、怒りなど様々な人の感情の寄り集まりも含め
それらがその人の波動に応じて必要な造形をなし引き寄せあいます。
行き場なくさまよう負と、それに同調する波動を心に持つ生み側の人
つまりお互い様なのです。

どのようにどのくらいの時間で?

人は思い出した瞬間に、肉眼から心の視野に入り込みます。
その瞬間、すでにそちらの側に繋がっているのです。
目の前にはまず現われません、必ず肉眼の視界から外れるように集まり始め
その心に従い造形されていきます。
ある程度霊的な波動の強い人なら大きな黒い人型になっていくでしょう。
足まで完成されると離れなくなると思いますが
まあある程度で意識が別に向いていく事が多いですので
上半身くらいの形成までのケースが殆どですけど・・・・

意識が別に向いたり、思考が変化すると一瞬で散り消えます。
消えますが、無くなった訳ではありません。
いつでも呼び出され、形成再開の繰り返しとなります。

これは生霊とも違い、悪魔とも違いますが
非常に面倒な存在となって行きます。

なぜなら、本体が無いからです


そして故意に生み出そうとするならば
この世の都合をそちらの側で使うなら
その縁はすでに切れない事を知るべきです。
自分だけならまだしも、末代まで切れない罪を作るべきではない。
あくまで「故意によるなら」のことですよ。


無限といって過言ではない人の心が吐き出す負のエネルギーの満ちる世界で

見えないからこそ、大切に感じなければいけない事を少しだけ意識すると
そこにやどる光がみえてきます

ただ素直にうけいれてみると

風の流れが視えてくるものです。



合掌  浄霊師 神島千尋



|

« 神の気の経路 | トップページ | 浅間神社 »

コメント

魔を引き寄せる人

内容がとても心に響きました。
最近ストレスがあるのかイライラして、
嫌いな人の悪い部分しか見えてきません。
気がつくと悪口ばかり。。。

嫌いって思っているのに、相手の行動が気になって仕方ないのです。嫌なら見なければいいのに・・・。

相手にも私が嫌っているのが解るみたいで
避けられてます。それがまたイライラしてします。自覚があるのに抜け出せませんでした。

自らの負に飲み込まれ、
負を増幅させ、
身動きがとれなくなり、
後に後悔してしまう。

先生にお会いすると、私の周りには黒い影がたくさん見えるのかもしれません。

ブログを読ませて頂いて、今の瞬間から変わろうと思います。

ありがとうございます。

投稿: ポチ | 2013.03.08 16時15分

はい^^!
こちらこそ。
応援しておりますよ。
コメント感謝です>ポチさま

投稿: 神島千尋 | 2013.03.08 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神の気の経路 | トップページ | 浅間神社 »