« 桜雪 | トップページ | パワースポット »

2013.04.18

動物霊

854















アルプスを見ながらの山越えが
気持ちよい季節となっています。
この時期は気持ちも緩みがちで
ちょっと景色に見とれると・・・危ないです^^;

さて、山道でよく遭遇すのが
車にひかれた小動物さんたち。
間もないころは右往左往している魂ですが
動物は転生も早いものです
(だから良いと言っている訳ではありませんよ)

ただ、そのタイミングと
それに惹かれる心が交差すると
憑いてしまいやすいのもまた動物の本能。

特に同調しやすいのが子供
まとわりつくペットでイメージできると思いますが
感情がストレートな分、纏わるとなかなか離れないものです。

本来足をくじけば即命に関わる野生
まして痛みや苦への対処もできません。

やさしさや癒しの波動を持つ心に触れると
「唯一の救い」と、離れなくなるケースがあります。

この状態に、子供は耐えられません。
なぜなら人でありながら、まだ純真な心のままでいる事が多いからです。
治まらない高熱、風邪でもないのに節々の痛みや鈍痛
なんでもないのに急にめそめそ泣き虫になる、など。

そして素直な感性はそのまま痛みを感じます。
首周りにしがみ付かれていれば息苦しさと首の痛み、
腕にしがみ付かれていれば腕が上げられないような鈍痛やだるさ
足に憑かれていれば横になったまま足の痛みを素直に訴えます。

そんな時は何枚かお写真撮ってみると、動物さんは比較的写りやすいです
そんな動物さんたちは、やさしい心で触れてあげ心の供養をしてあげると
すぐに上がっていくものです。


小中のお子様が、それまでそんな事が無かったのに急に
泣きやすくなったり体調を崩すなら
あるいは、受けなくても良い想いを受けている事も無きにしも非ず


合掌  浄霊師 神島千尋

|

« 桜雪 | トップページ | パワースポット »

コメント

いつもこちらのブログで学ばせていただいております。

我が家には時々、猫の霊が現れます。半透明な影であったり、鳴き声がしたり、高い所から飛び降りる足音であったり様々な現象が起こります。不憫な子を見ると放っておけないので猫はたくさん飼っていますが、明らかに家の子とは違います。
路上で亡くなった動物を見ると胸が痛み、火葬をしてあげたこともあります。以前から気になっていたこともありコメントさせていただきました。

投稿: 愛 | 2013.04.21 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜雪 | トップページ | パワースポット »