« 天罰 | トップページ | にちりん »

2013.05.16

壁に浮かび上がる手形


0012















手形と聞くとどんなイメージを思い浮かべますか?

どっかで一度は聞いた事があると思います

廃墟の壁にはっきりと浮かびあがる手形
火葬場に現われた無数の手形、
しかも届くはずの無いとても高い天井一面に・・・
2階の窓ガラスの外側に両手のあと

などなど・・・。


私は幼い頃から不思議なことや怖い経験など
過去様々な体験をしてきました

その中で、もちろん手形も何度も見ております
霊的な現象で起こる事ももちろんありますが

そうですね、世に言われる手形現象の中で
明確に説明できてしまうことも、実はとっても多いのです^^)

本当は、霊現象として起こる顔や手の現われ方の話を
書こうと思っていたのですが
ちょっと方向を変えて、物理的な現象として説明をしますね^^;

神島千尋の相談室に来た方は知っていると思いますが
壁は全て木目です。
実はある決まった方向から見ると光が反射し
普通は見えずらいので気がつきにくいある模様が浮かんで見えるのです

そう、実はある方角に明確に手形が浮かび上がっているのです・・・


さて、それも含めて
火葬場に浮かび上がる無数の手形や
廃墟に浮かぶ手の跡など

これまで見てきたそれらには
ある“共通点”があるのです。

さあなんでしょう^^!


そう、  【 火 】  です。


火葬場はもちろん火を使います
廃墟には火を焚いた跡がありました
そして私の所では護摩を焚きます

つまり煙やススでいぶされる、という事です。

壁や天井など平らなところに手を当てるとそこには手の油がつきます。
すると触れた部分と触れていないところでは表面環境が変わります。
よく刑事ドラマの中で鑑識の方がする、指紋検出シーン
それと同じような現象が起こることで^^)手形が現われるケースがあるのです。

壁紙をはるのりをしっかりふき取らなかった場合、
経年と共に変色やカビとなって出てしまう事もあります

すべてが必ずそうなる訳ではありません
そうなるにはそうなる条件があってのことではありますが

天井の手は、施工者さんが天板を打つときに材料を抑えていたと考えれば
無数の手の跡も分かる気がしますよね^^

「普通作業するときは手袋しているだろう」と言う方もいると思いますが
案外素手でしているものです。
特に高いところで落としてはいけないとなると
不思議に人はしっかり肌で加減をはかりたくなるものです。


怪談としてお話するなら、こんな事普通は絶対書きませんが
以前のオーブの話しもそうですが、
全てを霊の仕業としすぎた日本の心霊の通例を
心霊の世界に身を置く側から、お話する事で
必要以上に恐怖を生まないように出来ればと感じております。

とは言え、浄霊師ですので、霊的障害の怖さは
それはそれでしっかり伝えて参ろうと思っております。


信号待ちで停車した時、気温の変化で曇ったフロントガラスに
ピタッと張り付くように顔が浮かんだ時などは
さすがに私でもぞくっとしましたよ^^;

霊に挟まれたり、囲まれたりもしますが・・・

まあそんな日々でございます^^)


合掌  浄霊師 神島千尋



|

« 天罰 | トップページ | にちりん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天罰 | トップページ | にちりん »