« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013.06.30

心の鬼

92

















うめがたわわに^^) 枝が重そうですねw

妙に疲労を感じるこのごろ
潮干狩りのアサリやはまぐりを頂いたり
喉に良いと貴重なプリポリスを頂いたり


ありがたいな~とおもいつつ
もうしわけないな~とも思いつつ。


さて、今朝メール確認をしていると
その中に一通の添付メール。

開きましたら、見覚えのある言葉・・・

     ^^! え?   お!

e















かなり前だと思いますが、私のブログの一説を
こうして文字にして、玄関にかけてくださっているのだそうです。

こうして形になると
おもしろいものだな~と感じますね。


この方にお願いして
いくつか作ってもらおうかなとさえ思えてきました。

なんだかうれしいですね


感謝です。


それと、日々沢山贈り物をいただきます。
すみません、対応しきれませんので
不義理となってしまう事多々ございます。
深くお詫びするとともに
この場をお借りして、

深く 感謝申し上げます。


合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (2)

2013.06.27

ものつくりの神様

09
















葉の上下で綺麗な球体が二つ。^^)
わずかな風一つで全て一瞬で失われる自然の造形ってすごいですね!




そう言えば
私は浄霊師ですが

悪霊や怨霊の話を
相談者さんにしたことって
殆どないです^^)


だって必要ないんですもの
そもそも殆ど存在しないのですから。



始まりが妬みでであっても
それがほんのささいな妬みであっても
わずかなかけ違いから生じた後の憎悪であっても
いずれにしても悪意と怨念はいつの世でもはびこるが定め

悪意あるご霊さまはいらっしゃるでしょう
怨念に支配されてしまっている魂も存在します

そこにいたる流れを人くくりでこの世界の一言に集約されてしまう側からすると
それほど理不尽はなく、かつあらたな怒りを与えてしまいかねません。


過去何度も何度も、何度も書いておりますが
相談に来られる方の中に
すでに身包みはがされたと言って過言ではない方々が
多々いらっしゃいます。

聞けばすさまじい言葉の暗示でぐるぐるにされており
まず、絡まれた一本一本の糸を
解いていくことから始めるしかない事もすくなくありません。

人が頂く苦は、裏を返せば最大の転換のチャンスである事も多く
その時を逃すと、例えるならリズムと同じで複雑なそれぞれの流れが
次に重なり合うまでそのタイミングは巡ってきません。

ではその苦はどこから生まれたか・・・・
つまりは人が作り上げた苦なのです。


救うとは、どういうことをいうのでしょうね

選択肢はあくまでご本人です
つまり自分の人生を誰かがつくるのではなく
自分で切り開くという事は大前提でなけれならないのです。
その決めた道を応援するということであれば
アドバイスは生きる言霊となると私は考えております。

先日数千万円と言う金額を失った方とお会いしました。
お支払いするのは構いません。
財力があるならその方の基準でお支払いするのは何ら問題もありませんし
必要な支払いと感じます。
ですが、それを支払わなければ祟られる、とか
命にかかわります・・・とか・・・・

それは「人の世の都合」なのです


さて、
物書きの神や曲作りの神と例えられる存在って
知っていますか?

これは明確に何であるかを知ると
例えば作家さんや創作者さんの
「スランプ」といわれる時が
何を意味するのかが
はっきり分かります^^)

受賞などのシーンで感謝の言葉を口にしているシーンは感動的ですよね^^)

ある時を最後に生み出せなくなってしまったり、
または出尽くしてしまったようだ・・・と
感じてしまう方々とお会いする事があります。

その方により全て繋がりが違いますが
その方に流れるアイデアや閃きが何でどこから来るかを明確に
お伝えすると、どなたもその瞬間から心が本来あるべき部分に
気をつなげ始めます
するとそれまでの波動 とまったく違う
本来のその方のバランスを取り戻すように
生き生きしてくるのです^^)

初めて知ったと口にされる方が多いですが
霊の存在について、悪とか怨の方向ではない部分の
実は一番大切な、しかし目の前にある
「当たり前」の本質をしっかり引き上げること。

これを成さずに
何を願おうが何を祓おうが
意味をもたなくなってしまうと感じております。



合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2013.06.22

ひとのせい

10














08















やっと少しだけ梅雨っぽさが見えた数日
それでもおしめりは足らず
「少し蹴れば数センチも滲みてないよ・・・」と畑の声。

それでも信じて手をかけながら
次の機会を逃すまいと今できる事をしている

だれもそう・・・タイミングが分かれば苦労は無い

でももしタイミングがわかっていたら
世の中はそもそも成り立たない
なぜって・・・失敗が無くなるから。

確かにわかっていたら苦労は無いが
ではなぜ苦労は存在する?

「必要があるから」

何のために?


こうして答えを求めるうちに
心は自らを救おうと、自利の思考が心を支配し始め
そうでないことを、「そうだ」と思い込む不思議な回路がある日突然芽生えることがあります。

認めない他人が悪い
教えてくれない人が悪い

誰がどう解釈しても
誰が1000歩譲ってもそれは違うと思う理屈でも・・・なのです。


誰でも知っているはずなのですが
、でも自分は苦労したくないのです


人の世に生きるわたしたちですから
自分本位は良いと思います
それがこの世ですから^^)

その中にあって、少しだけ
そうですね1日24時間の中でわずか朝の3分だけ
自分を捨て去り
他のために心を満たし行動してみる

そんなわずかな時間の繰り返しを
休むことなく継続する事ができる人は
誰が見ても強いです。

この強さは理屈では説明できないのがこの世の不思議
なぜ強く見えるのかは話せば簡単ですが・・・
実践で経験したほうが良いと思いますのであえて端折ります^^)



さて、1ミリに満たない草花たちです。
立っている限りはまず見えない小さな主張を
少しだけ聞いてみると
なんとなく宇宙が分かる気がします^^;

それにしてもコケの表面の雫が弾いたような画像・・・
花なのでしょうか?
私は植物に詳しくないので分かりませんが
肉眼では見えないのでレンズを通して初めて
見ました^^; 
これは面白い!

なんては~るか屈んでいたら・・・
腰がのばせない・・・

年だなこのごろ(笑



合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2013.06.15

貫く気を生まれ持つ人

26















人それぞれに生まれ持つ心の波動 が違うことは
何度も触れています。

その中で、鋭い気を放つ魂の持ち主とあう機械も多々あるもので。

この気を持つ方々は本当に独特の生き方をなさいます

鋭い気ですので、貫く強さは他に類をみない志向を波動として宿しています。
思うことを思うとおりに導くことをいとも簡単に実現できる方になれてしまいます。

その分言い方悪いですが、どの分野であったとしても
敵に回すと怖い存在ともいえます。
一度据えると、貫き度が半端ありませんので
方向を変えることはまず無いと言って過言ではないからです。
しかしバランスとはよく出来ているもので
強さは戻りや返りにも比例し、
人に負として向けるとストレートの自らにも結果は出る素直さも授かっているものです^^)

さて、

この波動を持つ方が、心の思うとおりに運気を導ける一つの条件が
先に結果を求めない自己犠牲。

自己犠牲の中であって、それを少しでも楽しく、少しでも苦と感じなくするための
実践を少しでも多く経験していること。

今すべきことが山のようにある場合
それをどのように処理し、何と何を同時進行する事ができるか
どれとどれが流れをスムーズに出来るか、
その店舗とタイミングを常に求め、早く流れを作り上げるセンス。
そして実は成功できる人と飲まれていく流れの違いは次にあります
それらをしていながら、終わった後どれだけその場をどれだけ綺麗に戻し
さらにそこから繋がるその空間全体まで整える為にはどこから動かしたらよいのか、

そんな「欲」が思考を支配してしまうことで
今していることを明確にてきぱきこなしつつ
次のべ場面を楽しみに出来るほどイメージしているので
作業にストレスが生まれにくくなるのです。

この思考を、持って生まれた波動が成しやすくしてくれているので
映像で次のシーンをシュミレーションしていくことになります。
このタイプの方は、一つの信念を確立すると
願いをストレートに引き寄せます。

しかしその分精神的なエネルギーを爆発的に使い続けるので
常に疲れやすく、気を抜くと一気に気力を失ってしまう燃え尽きを
起しやすい事もあり、だからこそ心に絶対的な信念を確立できるかを問われます。
それがその方の生まれてきた意味の大きな意味の一つとなります。

プライドは大切です
ですが、自己中心の我は、いずれ必ず崩される事で気がつけるか問われます

私もどれほど打ち砕かれたことか^^;


今がんばっていることはいつか必ず次の自分の為になります
いつまでがんばれば?といいたい気持ちは分かります

でもね、今求める事を今頂戴は通用しないのです。
頂戴したいものは、そうなる為の土壌と土台を作らねば。
その後、その築いた枠の大きさが上にのるのです。


誰もがその人らしい波動を持って生まれています。
それを生かす為にどうしたら良いか、と感じてみたら
少し違う感覚で、今を始めることが出来ると思います。



合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (2)

2013.06.11

時事

ちょっと一休みしましょう^^)

まだまくらの高さも怖い年頃です。





合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2013.06.02

水晶

990




















おそらく限界と思われる^^;16mmで組んだブレスです。

14㎜までは、わりとご依頼もあるのですが
16mmはなかなか組むことはありません。
もちろん18mmも20mmも、それ以上でも
組もうと思えば組めるのですが^^;
重さと大きさによる貫通部のむき出しがかなり気になるということです。

私の場合、水晶を基本にできる限りシンプルに組みます。

その透明感と通る波動のバランスをできる限り
水晶のみで組みあげる事で通る流れを
もつ方に感じてほしいからです。

水晶は他の石と違い
その純粋で正確なリズムはもちろん
ずば抜けた波動と浄化力は
他に類を見ないと言って過言ではありません。

天然であることはもちろん
その中で最高グレードの水晶のみを
厳選して仕入れております。
ですので、通常最高クラスと言われるAAAクラスですら
並べると曇って見えるほどなのです。

しかし近年掘りつくされつつある現状に加え
天然と称し、人工水晶(溶錬)が横行しております
ゆえに世界流通の中で価格が変動しているのも事実です。
すでに入荷できなくなっているものが増えております。

さて画像の中で、比較として中央に置いてあるのは
12mmのルチルです。
12mmルチルですので決して小さくなく
どちらかというとブレスに組めば大きな玉として見えるはが
小玉に見えてしまうほど・・・^^;
16mmブレスの迫力度がわかります。

時には20ミリ玉で組んで欲しいというお話も頂きますが
先ほども書いたとおりいくらでも組むことはできます。
ただ大きさにより貫通穴同士の距離が比例して離れますので
ゴム自体が露出する事になります。
まあそれを隠す為に小さなアクセントを噛ませたりするのですが・・・
私は基本水晶のみで組むものですから
できる限り挟みたくないのです、個人的に^^;
こちらで組む時使うトルマリンとアメジストは理由があって、
規則性を持たせて組んでいます。


その深い透明感は
持つからにゆるぎない波動で
その方の持つ本来の気を浄化し整え
常にバランスと調和の基点として
正確にリズムとして働き続けてくれます。

気を通しバランスが整うと
人は思考がプラスに向きやすくなり
同時にその流れが肉体の活性化に繋がり
免疫や治癒能力を発揮しやすくなります。

つまり視えない世界からの防御も
この世界の様々な予防双方の良き流れが生まれるのです。

その感性は、そうでない時の気にしすぎを改善させ
同じ出来事でも、それほど重きを置かずに捉えるようになり
結果、事前に悪い予測や予想をしすぎ、起きてもいない事に対する
不安や落ち込みもしないで済む事が増えてきます。

心軽くなるってうれしいと思いませんか?
ただそれだけで、景色すら違って見るのです。
捉え方が変わるだけで。


人は心で生きています

心が本質なら
肉体は心の思いを実現するもの

心は無限ですので何でも想像で創造できます
肉体は限りがありますので出来ない事も沢山でてきます。

それが苦の元です。

実現できない事が苦なら
そもそも肉体の側を全てとしているその感覚を代え無い限り
苦から離れることは出来ません。

心で生きているなら、
心を許し
心を穏やかにし
心を大切にし
心で思いはせる時間を
肉体と同じように大切にしてみたら・・・

そこに忘れていた心の奥底に光を
まるで肉眼で見ているように
取り戻すことが

誰にも出来るはずです。


そこには、理屈など通用しない


まぶしい静けさが
暖かく広がっています。




合掌  浄霊師 神島千尋


| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »