« ひとのせい | トップページ | 心の鬼 »

2013.06.27

ものつくりの神様

09
















葉の上下で綺麗な球体が二つ。^^)
わずかな風一つで全て一瞬で失われる自然の造形ってすごいですね!




そう言えば
私は浄霊師ですが

悪霊や怨霊の話を
相談者さんにしたことって
殆どないです^^)


だって必要ないんですもの
そもそも殆ど存在しないのですから。



始まりが妬みでであっても
それがほんのささいな妬みであっても
わずかなかけ違いから生じた後の憎悪であっても
いずれにしても悪意と怨念はいつの世でもはびこるが定め

悪意あるご霊さまはいらっしゃるでしょう
怨念に支配されてしまっている魂も存在します

そこにいたる流れを人くくりでこの世界の一言に集約されてしまう側からすると
それほど理不尽はなく、かつあらたな怒りを与えてしまいかねません。


過去何度も何度も、何度も書いておりますが
相談に来られる方の中に
すでに身包みはがされたと言って過言ではない方々が
多々いらっしゃいます。

聞けばすさまじい言葉の暗示でぐるぐるにされており
まず、絡まれた一本一本の糸を
解いていくことから始めるしかない事もすくなくありません。

人が頂く苦は、裏を返せば最大の転換のチャンスである事も多く
その時を逃すと、例えるならリズムと同じで複雑なそれぞれの流れが
次に重なり合うまでそのタイミングは巡ってきません。

ではその苦はどこから生まれたか・・・・
つまりは人が作り上げた苦なのです。


救うとは、どういうことをいうのでしょうね

選択肢はあくまでご本人です
つまり自分の人生を誰かがつくるのではなく
自分で切り開くという事は大前提でなけれならないのです。
その決めた道を応援するということであれば
アドバイスは生きる言霊となると私は考えております。

先日数千万円と言う金額を失った方とお会いしました。
お支払いするのは構いません。
財力があるならその方の基準でお支払いするのは何ら問題もありませんし
必要な支払いと感じます。
ですが、それを支払わなければ祟られる、とか
命にかかわります・・・とか・・・・

それは「人の世の都合」なのです


さて、
物書きの神や曲作りの神と例えられる存在って
知っていますか?

これは明確に何であるかを知ると
例えば作家さんや創作者さんの
「スランプ」といわれる時が
何を意味するのかが
はっきり分かります^^)

受賞などのシーンで感謝の言葉を口にしているシーンは感動的ですよね^^)

ある時を最後に生み出せなくなってしまったり、
または出尽くしてしまったようだ・・・と
感じてしまう方々とお会いする事があります。

その方により全て繋がりが違いますが
その方に流れるアイデアや閃きが何でどこから来るかを明確に
お伝えすると、どなたもその瞬間から心が本来あるべき部分に
気をつなげ始めます
するとそれまでの波動 とまったく違う
本来のその方のバランスを取り戻すように
生き生きしてくるのです^^)

初めて知ったと口にされる方が多いですが
霊の存在について、悪とか怨の方向ではない部分の
実は一番大切な、しかし目の前にある
「当たり前」の本質をしっかり引き上げること。

これを成さずに
何を願おうが何を祓おうが
意味をもたなくなってしまうと感じております。



合掌  浄霊師 神島千尋

|

« ひとのせい | トップページ | 心の鬼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひとのせい | トップページ | 心の鬼 »