« 霊能者になるには | トップページ | 寝ているときに忍び寄る影 »

2013.10.08

集団による思念の攻撃は、魔と同格

415



















人の念の中に
集団による念の攻撃が時折起こります

そんな集団による念の攻撃を受けているケースを
仕事側、よく見ることがあります・・・

ある意味、起していると言って過言ではないケースもあり
悪意の強い攻撃的な念を集団の総意となっているにも関わらず、
無意識で行うことで罪悪感を無くしていく複数で構成される輪が
結構存在するものです。

どこか中心的になる存在がいて
従う補佐がいて、囲む人、繋ぐ人
空気を変える人、ついていく人
離れられない人、離れたいのに離れられない人、

立場は違えど、人間関係はどこに行っても統計的に似通っていくものです。

人はしたことを認めて欲しいと誰もが感じます。
それは大切な事であり、主張はどんどんして良いと思います

ただ、通らないとき、見返してやる・・・
と言う気持ちになりやすく
それが極端に表に出てくる魂の傾きを現す方向性の持ち主がいます。

「自分のほうが先だから、それより後の人が先は許せない」 


そしてそれをゆるさない意識が、それを出す前から少しずつ少しずつ
様々な出来事や、折々にその感情を一瞬剥き出すことで
押さえ込む抑止力を形勢させていく

その結果

怒らせると怖いので、逆らわないでおこう
これをするとキレるので、しないでおこう


言葉にせずとも、それらの感情は周知のルールとなって行くもので
結果、そこに暗黙の了解と言うその集団独特の輪が出来上がります。
輪は囲いでもあり、一度結ばれた囲いはなかなか崩せるものではありません。

ところが、面白いもので
一つの流れが出来上がると、その流れには一定ごとに
新しい流れが縁を結ぶようになっています。

例えば新人、立場の逆転、反発、派閥、ねじれなどなど

流れがあると言う事は当然そこにもプラスとマイナスが存在し
一つの形勢も、良いときと反復する作用の繰り返しで試されていきます。

誰もが良いことを望みます
しかし片側だけで見据えている習慣に染まると
今の状態からの脱却=特別な出来事や物理的な結果、を望み
何かよい事が起こらないかな~と言う感覚で見てしまい
何もない事そのものが、実は一番ありがたいと感じない人になってしまうのです。

少し角度を変えて考えてみると良く分かります。
楽しそうなグループに運よく入ることができたとします。
始めは憧れの輪だったのでそこに居られるだけで楽しくて笑顔だったのに
なれはじめる頃、外からでは見えなかった、知りたくなかった事もすぐに知ることとなり
それでも自分は良い感覚でいようと決めていたのに・・・
いつしか嫌われないように気を使い、少しストレスも感じつつ
ある時些細な出来事から、不穏な空気が満ち始め・・・

輪に入る前は、よい事もなく見るもの聞くもの
感情もわかず不運や境遇に嫌気がさしていたのに
今の状態からしたら、そのほうが気楽で全然良かった・・・

ケースは違えど、誰もが添う思う瞬間があるはずです

つまり、[今がどう存在しているか]を
「後の自分が気がつく瞬間」を経験していると言う事です。

そして、知ることができても戻ることは出来ない、と言う事実^^)

戻せないその過去の事由をどう動かせば良いのか。

人の傾向とは同じように傾きやすい事を先に示しています
過去の経験として。
そう捉えていくと、長い目で見ていくことで次に転じるチャンスが生まれます

次に同じような流れが来たとき、すでに経験している失敗を繰り返さないように
生かしていけば、結果は反対に転じやすくなります。

それでも人の心はどこか必ず自分本位にうまくすり替わって行きますが
100%自己中心だった感情から、パーセンテージは分かりませんが
対極に繋がる意識がそこに介在するだけで
結果は変わるのです、なぜならばわずかでも対極への意識が存在する以上
その波動 が種としてそこに撒かれるからです。

心の発する気は種その物であり、その気の芽しか芽生えないといえば
なんとなく自分の周囲にどんな種が撒かれているか
視えてくるはずです^^)

どんな種をまくかは、誰もが自由に選択できます
怒り、憎しみ、妬み嫉妬の大安売りで大量の種でも良いですし
少し高くて数の少ない種。

穏やかな波動は、それだけで
例えば部屋の中の気の流れを整えてしまうのです。

整った空間の流れは、そこにいる安心感をもたらし
安心感は心の光に通じます。

心の光はそれだけで、土地や空気、空の縁をいただけます


その縁を持つ人は
必ず、笑顔をいただけます。

その笑顔は、人の心の安心へ導きます。


それは大きな人助けだと
私は思います。



合掌  浄霊師 神島千尋

|

« 霊能者になるには | トップページ | 寝ているときに忍び寄る影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霊能者になるには | トップページ | 寝ているときに忍び寄る影 »