« はじまりの一歩 | トップページ | 削ぐもと »

2013.11.12

今生一度!自分の意志で今を行きましょう^^)

yuki







正直、
願いを
都合よく使いすぎている人が多すぎます

宗教や信仰に深い縁を持たれている方と
とても多くお会いします。

始まりが皆違いますのでそれは良いと思います。

どこでも同じ言葉が必ず出てまいります

人の為
先祖供養をする為
友人知人皆さんの為


ではどうして苦から逃れられないのでしょう


~~~~~~~~~~

「神社仏閣でお願いしたことのはありません」
と言われる方が時折いらっしゃいます。

では手を合わせるとき何を思っていますか?

「家族の幸せと皆が病気や怪我をしないようにとだけ祈ります」

それ以外は?

「ないです」

~~~~~~~~~~


ここに大きな流れの違いが生まれているのです


勘の良い人は、それも願いだよね、とすぐに察します

でも、
それも違います

そもそも、なぜ手をあわせるのでしょう
なぜ鳥居や灯篭があるのでしょう

なぜ欄干は丸いのでしょう


人のための願いは大切です

ですがそれも含めて現世利益で〆ていませんか?

先祖供養と言う名目の現世利益・・・・

それを、そちら側は供養とは思わないことを
気がつかせないような教えは
もはや現世に必要はないと、

私は思います。


また一人
億の借金を背負い
正常な判断すら出来ない状態の方とお会いしました。
安定ではなく錯乱を植え付けられ・・・

なぜここまで人を追い込む事が出来るのか?


お祓いに数千万とか・・・


ため息ばかりです。




合掌  浄霊師 神島千尋


|

« はじまりの一歩 | トップページ | 削ぐもと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はじまりの一歩 | トップページ | 削ぐもと »