« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014.05.20

縁の善悪

417













縁は必要があっていただくと感じます

その縁により

良くなるか悪くなるかを心配し始めても答えはでるはずもなく
しかし、人の傾向はどうしても悪いほうに考え始める事が多いものです

それが不安や迷いの源の一つとなるなら、
そもそもどんなに考えても悩んでも

結局物事の流れは成る様になると言う結果をこれまで常に示しています。

ならそれを先に見越してしまい、
落ち込みそうなとき、不安が襲うときに応用してしまうのも一つの手

だって成るようになるしかならないんだから^^と。

さてここで実は凄く大切な要素が必要となります
この要素を持つ人と持たぬ人では、成るように成るその結果が違ってくるのです。

何事にも悩み苦しむ心の重石をいつも繰り返す思考の場合
その心の波動による、その人の今の心の世界観から縁をもつ流れが引き寄せられ
その繰り返しが「その人の今」として繰り返されている今現在もあれば

良い意味で開き直ってしまい、えーい成るようになれ!と、
やりたかったこと
動きたかったこと
本当は分かっていながら後回しにしていた事
実はうらやましかったこと
素直になって初めてみたかったこと・・・

etc・・・

初めてみたらよいと思います。

極端な書き方をしましたが、そのくらいの気持ちで切り替えないと
惰性を変える事は難しく。

心一つで結果が変わるって凄いと思いませんか?


誰にもあるその人の心乱れるその時

相手があってのことなら
関係している人同士の構図が頭の中で複雑に絡み巡り悶々となったり^^;

もしそれぞれの行いのなかで、理の通らないものがあるなら
例えばされている事に道理が通らず、負を頂いているなら

今晴らすために動いたとて、その行動が次の結果になるなら
求めている答えは今出るものではありません。

大切なのは、今すべき事を見失わない心の光を常に安定させておくこと。

目を閉じ、必ず道は繋がる と良き流れに繋がるイメージを
忘れず思い描けるがいつもの習慣、となっていれば
思うことが、思うように流れていくとはこう言うことかと知るときが来ます。

力で制するは力で崩されます
脅しで得るものは、結局それ以上の放出が巡ります。


繋がるも縁、切れるも縁、いずれも必要があっての今なら、
次にこれまでの流れをどう生かしてみるかが
過去の出来事の意味になると感じます。


合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (2)

2014.05.13

無題

550ab945




















目をさますと毎朝こんな風景がひろがっています



今ね、
事情により外で待機中ですが
押されて動くほどの強風に耐えている東京某所


毎週東京にいるこのごろ
東京に住まいを借りたほうがよいかもと
本気で考えているこの頃(^-^;



季節の変わり目は、生き物の体質もかわります。
適応力とはすごいものですね、今更ながら。

しかし、この切り替えは言うほど簡単ではなく
物理的いも精神的にも寝かせていた部分を
動かさなければならないので、
時に不調や痛みを伴うことも少なくありません。

肉体的なものはよいとして、同調している心の変化のなかで
年々その同調にズレが生じて来る方もいます。
このズレは気力で補えることもあり、
しかし強引な擦り合わせは結局どこかでしわよせを起こすもの。

ぬぐえない脱力感に支配されてしまったり
無気力になってしまったり
常に眠くて眠くてしかたなかったり。

そんな中でもしなければならないことは日々正確に確実に巡るので
やらねば、と義務で走る繰り返し(^-^;

休む事も大切ですね

心の浄化は魂の波動により異なりますのでひとそれぞれ違います。
見える世界での発散は誰もが常にしています。
リラクゼーションも含め全て肉体面でのことなのです。
心の浄化に通じているひとは本当の意味で
今の心の状態を、はっきり認識できるようになります。
繋がりを大切にし、いつも意識できている心は
その時々で明確に心に頂いている色彩が描かれます。
なるほど、今自分はそう言うじょうたいなのか、と。


自分の色を、大切にしてくださいね


合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (2)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »