« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014.07.02

まずはじめる

779b19de.JPG






物事の流れとは
流れる先を見越しどう流すかを先に決めておくことが大切。

道に迷うことは多かれど
人生の中での迷路は
本当に厳しい事はよく分かります。

良かれと思い犠牲をいとわず
人の為にという想いでそれなりに犠牲をはらい
一生懸命動いてみたものの
縁など言葉だけの世界だと思い知らされ
行き着いたのが某公園のグランド外野席・・・
と言っても野芝が群生しているだけ。

そんなところで浮浪者をしていた頃
そんな生活で初めて見えてくる事も多々ありました。

話をしなくとも同じ境遇の方々が
とても多いこと。
気がつくとあちこちでいつも同じ人が同じ時間同じ流れで行動している
もちろん私もその一人でしたが・・・

あれから数十年
私はすべき事と
これから成すべきことを明確に心に持ち
今を動いています。

心で描くことは
一つ
一つ
形になる事を知り

描いた物は、流れとし次に転じ
そして、後の本道へ持ち上げていく

その為の縁は
心の基点をベースとして成り立ち
その基点を中心に広がるその人の波動み見合った導きが
運となります。

そこが始まりであり、終わりでもあり

運気を導くのは巡り巡って、結局自分の心なのです。


まずどうなりたいのかを心に決めてください
そして、それを常に思い出せるように繰り返し大切に思い出す
それを基点とし、今すべき事を、
「そのための通過点」としてしまう心根に変えて行く事が必須です。

これを繰り返すことで、いつか・・・いつかですよ!
一瞬でも本当にそうなったような感覚になる瞬間が必ず訪れます。
想像の世界の話です、が、想像の中でその空想の中に入り込む瞬間があるのです。
本当にそうなっている感、として。

そのすぐ後、現実に戻りますが・・・

いいですか^^) 
大切なのはその一瞬でも入り込めた「心の変化!」なのです。

それまで投げてしまっていた心の中に
一瞬でも光が灯った瞬間と言えます。

所詮空想 ?

いやいやされど空想!

プラス思考の人はこの空想を日々大切にして生きている人なのです

そしてその思考の人は、人の悩みを悩みと捉えない感性で見ているだけなのです。

同じ出来事を憎しみで見る人がいます
それを気にしない人もいます。

恨みや憎しみとして見るのも一つの捉え方ですのでそれはそれで良いと思います。
喜怒哀楽は人の心の大切な要素して頂いている感覚だから。

では何が問題かと言うと

気にしないふりをしてしまうこと。

これはどこにも逃げ道が無いのです。

憎しみを持つ人はその感情を出せます。
本当に気にしない人は、誰もが凄いな~と自然に感じます。

しかし「フリ」の人は、表向きへ気を装いながら
心では納得できないままなので、自分にも他人にも嘘を続けなければなりません。

いつかどこかで必ず苦が限界を超えます。


そうですね、人の持つ心の波動を願いとして飛ばす時
期間で言えば10年~十数年はかかります、普通ね^^)
なぜなのかも明確にお話できますが
それを言ってしまうと色々と不都合がありますのでここでは言いません^^;

願いがどうして叶うのか、
どうすればその通りになるのか
お会いする方にお話しする事がありますが
それだけを教えてほしいとメールを下さる方がいます。

その時点で無理と言うことまず知ってほしいのです

なぜ想いが伝わるのかをまず知ること
そして、先にすべきことを知り、始めること。
始めたら継続し、貫くこと。

何も難しいことなどありません^^!

叶えるためではありませんが
人の持つ心の力を知らず
それを実現せず送る人生はもったいないな~と
私は思うのです。


今ではなく、いつどうなりたいか

まず先に自分の行き方について一つの流れを決めてみるのも大切と思います。

~~~~~~~~~~


この夏
一つ大きな事にチャレンジしてみようと思っています

この挑戦は楽しんでみたいと思います。

お話しできる時が来ましたら、皆さんに公開いたします。


合掌  浄霊師 神島千尋


| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »